« 親とは | トップページ | japan expo »

2010年7月23日 (金)

住まいについて思うこと

昔はともかく今は家は小さい方がいいと思える。

部屋も小さく区切った方が熱効率とか掃除も楽。

寝室は蒲団だけで良く2畳ほどで良く、でも布団収納は欲しい。

良くリビングに床暖が入っているけど私は寝室に無いと冬死ぬ。

クローゼットは防音を兼ね隣部屋との仕切りにするか1部屋欲しい。

台所は独立型がいい。油を使わないようにしても油汚れはベッタリ付く。のだ。

廊下は無い方が掃除が減る。

窓が多いほど防犯に気を使う。掃除も大変だ。

と云う訳で良くある日本家屋、マンションの間取は最悪と言える。

最悪なのが玄関から丸見えのトイレっ、て、

バルコニーは寝室に欲しい。なぜなら布団を干すのは力仕事だから。

洗濯物は北の日の当らない方でいい。日焼けしない。

風が通り、雨水が吹き込まなければ安心して外出出来る。

太陽光に当てたいのは蒲団だけ。

LDKも明るすぎるとまぶしく使えない。

台所は北のが食品が痛みづらく食品保存に向いている。

それと大切なのがゴミ置き場。

捨てやすく放火等の危険の無い分別置き場をきちんと確保しないと困るから。

本当に住む人の事を考えて作られてるのかと毎度広告を見ながらゴミ箱に捨てる私です。

« 親とは | トップページ | japan expo »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359802/35810458

この記事へのトラックバック一覧です: 住まいについて思うこと:

« 親とは | トップページ | japan expo »