« ガリガリ君が売れるわけだ… | トップページ | 神聖かまってちゃんが雑誌に出てた! »

2010年8月 8日 (日)

嫌韓流を読んだ

嫌韓流は大変良い本だと思います。

私は韓国の悪い面だけ捉えた悲しい本と誤解していたのですが、

作者は日本と韓国の正常な友好関係望んで

正しい歴史事実を知ってもらいたいだけだったのです。

この本が世界中で読まれる事を望みます

しかし、残念なのはセリフが多い事です。特に理解を求める個所を大きくするとか、くするなどの工夫が欲しいところです。

又、キャラクターが"えらの張った、目が線で出来ている”韓国人の描写は

”やはり日本人は韓国人を侮蔑している”と言われても仕方ないかな…と思います。

それと煽るような題名と、色彩がせっかくの内容を品の無い俗物に見せている気がします。

売れなければ日の目を見ない事を考えると、仕方のない事かも知れませんが、誤解を生みやすいと思います。

更に数字は何を基にしているのか、良く分かりません。まあ私には理解できないので関係ないのですが。

数字の正確さの問題では無いですからね。怒られるでしょうが…

私なりの感想として”韓国との友好関係を作る事”より”中国とアメリカを説得する”方が早いと思います。

特にアメリカは二枚舌で”原爆を落としたのは日本が、アジア諸国で虐殺等の蛮行を繰り広げていたから、仕方ない”といういい訳に利用してると思います。

アメリカの資質(リーダーとして)を問われる事で、アメリカにとって決して良い事ではない。

アメリカの利益にならない事を知ってもらうべきです。

次に中国が”誤った反日教育は、中国人にとって利益が無いばかりか不利になる”事を知るべきです。

世界中の国で”日本人と中国人のどちらが嘘をつくのか”中国人が一番自国の民度の低さに歯ぎしりしているので分かると思います。

日本人を悪く言う教育は国内では有効でも海外では逆効果と思われます。

アメリカは原爆を落とした言い訳と、恩を着せられるだけではありません。

中国や韓国の民度の低さを、いつでも引き合いに出し、バッシング出来る様待っているのです

アメリカは、その時は”自分たちは決して反日教育等行ってはいない”事を訴えるでしょう。

むしろ逆に”世界一グローバルな国”であることを強調すると思います。

早く中国と韓国がその事に気付き、反日教育の過ちを正すべきです。

まあ、そんな簡単な事ではないのでしょうが。

それよりか娘ですよ。こっちの愚かさの方が痛くて痛くて…

« ガリガリ君が売れるわけだ… | トップページ | 神聖かまってちゃんが雑誌に出てた! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359802/36075906

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌韓流を読んだ:

« ガリガリ君が売れるわけだ… | トップページ | 神聖かまってちゃんが雑誌に出てた! »