« 糸が取れてしまいました | トップページ | 糸を食べてしまったようです(✪ฺД✪ฺ) »

2010年12月11日 (土)

私に無いもの*゚♫⁺*゚¨゚゚・*:..憧れるもの*゚¨゚・*:..。♫⁺*

私はバッハが好きなのですが、SWEETBOXによるG線上のアリアを聴いた時は驚きました。

私が今聴いてるのはオケバージョンです。これまでのG線とは違いました。何が違うのか素人だから分かりません。

とても高貴で清らかな風が吹き抜けていくようでした。

私の好きな曲はどれも女性的で柔らかい。ブランデンブルグの6番とか主よ望みの喜びよとか。

G線はそれほど興味がありませんでした。どちらかというと退屈でした。

なぜ高貴に感じるのか?吹奏楽だから?より高い音だから?リズムを刻んでメリハリを持たせたから?ベースラインがしっかりしてるから?

ともかく私好みなのです。

クラッシックのROCK化って昔から在りました。

ロックミーアマデウスやベートーベンのやつとかマルカムマクラーレンのマダムバタフライとか、とか

でも私の中で原曲より高貴に感じたのはSWEETBOXだけです。

夏の朝ユリの花が斜面にすっくり立つ姿は本当にきれいです。

夏に限らず空ける朝に広がる眼下は場所を選ばず美しと思います。

私が目にした美しい花は皆ひっそり独り立ってました。朽ちた壁と壁の間にでさえ薄く咲いてました。

そこに暴力では無い強さを感じるのです。

生命というのはこんなところにまで花を咲かす。その強さに打たれるのです。

スクラッチまで入ったクラブサウンド風ですが、何度聴いても良いです。

岩から生える草のように柔らかく弱いものが岩をも砕く。

美しいって本当に破壊力があると思います。

« 糸が取れてしまいました | トップページ | 糸を食べてしまったようです(✪ฺД✪ฺ) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359802/38031238

この記事へのトラックバック一覧です: 私に無いもの*゚♫⁺*゚¨゚゚・*:..憧れるもの*゚¨゚・*:..。♫⁺*:

« 糸が取れてしまいました | トップページ | 糸を食べてしまったようです(✪ฺД✪ฺ) »