« 羽毛布団を選ぶとき素人が一番こだわるべきところ!(*´口`*σ)σ | トップページ | ≠≠[。□□□。][。□□□ 。]≠≠ 線路は続くよここまでも(´Д`)羽毛布団の続き »

2012年12月 8日 (土)

(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ ;) 羽毛布団の続き、まだ続く…

ララポ横にある建物の中にルームデコがあるのでチラッと覗いたんですよ

|∀・).。oO(誰も居ないからチェックしよう・・・)

店員に捕まってしまいました (;´Д`A ```

逃げようとしたのですがC= C= C= ┌(;・_・)┘

色々教えて貰っちゃいましたm(__)m

東京西川の生地がまず綿100%じゃなかったことを突っ込んでみましたm(__)m

「このポリは安い側生地に使われるポリとは違います、いいポリなんです」

良く分からないけどテンセルだと思います。

テンセルは柔らかく吸湿・発散・耐久性に優れた合繊だとか。

だから高級な羽毛布団は殆ど綿とポリの合繊です

絹っぽい柔らかな無地の合繊です。

本当に知りませんでした。

また一つ学びましたm(__)m

「東京西川はプリントをしません、プリントは通気性が悪くなるんですよ、それに中の詰め物が見えないでしょ?誤魔化せますから、無地は見えますから」

じゃ、京都西川のプリントは…

京都西川はすべてプリントしてますがな…(´Д`|||)

ローズはいいと店員さんは言ってましたが…

「東京西川は栃木に工場があり、そこで日本人の職人が作っているので安心です」

京都西川は大丈夫なのだろうか?不安になった私ですが、

ふとんに付いているラベルを家に帰ってから確認したら4つとも日本人のハンコが押してありました。

日本人が作っていると言う事だと思いました。(;-_-) =3 フゥ

東京西川は栃木の工場

京都西川はローズが京都の職人

「実は日本で一番初めに羽毛布団を売り出したのはフランスベットなんですよ、国内に最大の工場があります、うちで扱う一番高い商品はフランスベットの羽毛布団なんです」

「洗えるタイプなんですけどね、95%はほぼ100%です」知ってます(。-_-。 )ノハイ

「見比べて下さい、95%のグースと中国産のダウンの嵩の違い」

「あのぉ、中国産はフェザーが混じった75%(だったか?)の混合率なのでフェアじゃないと思います」それにシルバーのダウンなのでなんか薄汚れた感じで比較として適切じゃないような(-ノ-)/Ωチーン

ま、それはいいとして…

フランスベットは10年保証なんですよ、羽毛が出てきたり匂えば交換してもらえます、あ、その端の縫製も見て下さい、3重でしょ?普通は2重なんですよ。袖口が擦れて切れたりするでしょ?そういう心配はありません。静岡の工場で日本人が縫製しているんです!」

「あのコマ数が少なくないですか?これ12コマで真ん中がやけに広いです」

逆です!コマが少なくてもいい羽毛なんです。コマが多いのを売りにしているのもありますけど、温かさはコマの部屋が大きい方がいいんですよ」( ´д`)ぇ~ 又も否定入りました(;´∀`)…うわぁ…

でも上部12コマの私の羽毛は悪くないと言う事だと思います。安心した。

「立体キルトの仕切りの幅が実はフランスベットは高いのです、羽毛がぎゅうぎゅうに詰められていないのですよ、、そのイオンの安い羽毛の縫製はどうでしたか?」つまり高さがないとその分詰まって押し競饅頭状態でフカフカしていると言う事かね?(〟-_・)ン?復元力は素人には分かりませんわ(?_?)

「羽毛布団は体温で膨らむので今は膨らんでいないけど1分も手を入れれば暖かくなります」あー低体温の私にはポカポカじゃないのはそれだ、体温に合わせた温度だ、きっと。

「東京西川とフランスベットは間違いない商品です、野生の様に放牧された羽毛の手摘みと中国で北京ダック用に飼育され機械で刈取られた羽毛では実は違います。ボールが傷ついてます。放牧手摘みの羽毛をさらに綺麗な日本の水で洗浄しているんです。中国の水は硬水なのでミネラル分が多く(写真を指して)これだけの汚れが残るんです。7回(?6回?)も洗浄を繰り返すのでどうしても10万円台になってしまうんです」

あー(-ω-;)やっぱり私の購入した羽毛はフォアグラ用機械刈りのグースと北京ダック用スティッキーをかき集めたものですわ…知ってた(艸□`*)

多分羽毛は産地や種類よりプロが見て判断して値段を付けているので信用できるメーカーを信じるしかないのです。

そして偽装が多いので、おそらく東京西川、フランスベット、京都西川ローズといったメーカーの羽毛を信用するしかないと思います。

より良い羽毛を東京西川が所有しているので、東京西川の羽毛を選べば失敗がないと思いました。

ルームデコの東京西川の布団にはポーランド産である証の刺繍がしてありました。高級感満載。ウットリ♪・:*:・ ( ̄* )

因みに1年1万の目安だそうです。私のは3年か?

「あの洗えるって?洗えない羽毛布団って?」

「洗えないタイプは側生地が乾燥しづらいんですよ、黴るかもしれません。羽毛は洗えるんですけどね」

羽毛布団のお手入れ講座'`ィ(´∀`∩

①羽毛布団は一日一回押しつぶして空気を出してください、干す必要はありません。

②叩いたりしないで下さい。ボールがばらばらになります。

空気出しが大切なようです。( ´д`)ぇ~押しつぶしたら ボールが壊れないか?叩くとどう違うんじゃ?そこまで聞けるほどの知能がなくて突っ込めませんでした∥|Ф(|゚|∀|゚|)Ф|∥

③なるべく洗わないで下さい。

( ´д`)ぇ~ でも洗えるんだよね?

「コインランドリーは利用しないで下さい、雑菌だらけですから、羽毛布団を洗える専門のクリーニング屋さんに出して下さい」

やはり他人任せにしたくない場合は洗える羽毛布団が良いようです。

なぜ他人任せが不安か?は次回に続く

( ´д`)ぇ~ 長くね?しかも毎回振り出しに戻って、あれは間違いでした繰り返してね? (;´Д`A ```

本当に素人なんで毎日調べてはΣ・ ・( ω ノ)ノなんです

_| ̄|○

« 羽毛布団を選ぶとき素人が一番こだわるべきところ!(*´口`*σ)σ | トップページ | ≠≠[。□□□。][。□□□ 。]≠≠ 線路は続くよここまでも(´Д`)羽毛布団の続き »

羽毛布団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359802/48134266

この記事へのトラックバック一覧です: (; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ ;) 羽毛布団の続き、まだ続く…:

« 羽毛布団を選ぶとき素人が一番こだわるべきところ!(*´口`*σ)σ | トップページ | ≠≠[。□□□。][。□□□ 。]≠≠ 線路は続くよここまでも(´Д`)羽毛布団の続き »