« 真綿布団のリフォームは( ̄乂 ̄)゙NG!!出来ないそうです | トップページ | 熱は下がっても一向に良くなりません ̄ii ̄)ズルズル (>人<) チーン! »

2013年4月19日 (金)

 ̄ii ̄)ズルズル (>人<) チーン!風邪を貰ったようです。

どこかで…

凄く辛かったです。

痛い、今回の風邪は痛い、本当に痛い。

中国製真綿布団の不安について

真綿布団はやはり高価

リフォームが出来ない

寿命が短い

でも一番心配なのは

勝手にコピペ

>安価な製品は中国製のシルクを使用していますが、中国製のシルクはその製造過程で、防腐剤として人体に悪影響のあるホルマリンを使用します。
十万円前後のふとんでも中国産の真綿を日本で手引きした真綿を使用していています。

かな、これは…健康のために選んだ真綿布団が逆に不健康布団に…

他にも

>中国などで大量生産されているものは、

薬でふやかしてドラム式の機械でカギのようなものに

引っ掛けのばすのだそうです。 

それは、確かに原材料は、絹だけど、

真綿とは、ちがうもののようなわたでした。

と言うのも発見。これは怖いですね…

やはりと言うか中国は薬品漬のイメージがあります。

そもそも水が悪いですしね。

真綿は製造上必ず水を使うのでやはり水のきれいな国のが良いと思います。

そういう点で日本ほど良い真綿の国は無い、と思うのです。

因みに中国の真綿は大体7,000円前後のようです。

私の購入した布団匂います。

これはシルクの匂いなのでしょうか?

それともホルマリンの匂いなのでしょうか?

知らないのですごく不安です。

東京西川のシルクの毛布を寝具売り場で見た時には匂いはまるでありませんでした。

なので余計不安です。

でもSAWADAでは中国産真綿の高騰で近江真綿と値段に差が無いので近江に変えたそうです。

じゃあ、そうなのだろう…と思う事にしました…

実際中国で真綿布団を購入した人は大変満足してますよ。

だから大丈夫だよ、きっと、と思う事にしました…

中国製真綿布団もピンキリなので、西川ならブランドイメージが低下しない様に日本と同じ質の真綿布団を提供しているのではないかと思うのです。

不安な場合は西川の布団が一番無難なのではないかと思っています。

ですので真綿布団購入の時一番確認すべきは

この布団は

1 

中国産繭100%ですか?

中国手引きですか?

3 

側生地は中国製ですか?

4 

中国で縫製しましたか?

だと思います。

他にも

絹100%と言いながら綿が使われているとか(´Д`|||)

中国手引き真綿はムラがあり仕上げに影響するとか(´Д`|||)

素人的に真綿恐るべし…

近寄らないのが良い…と言う気になります。

東京西川が真綿布団に拘るわけ

そんなの知らない…のですが多分

西川産業は元々近江蚊帳から発展したので近江真綿布団に力を入れたのかな?

ともったのですが…

東京西川最高級の真綿布団は入金です。

福島の入金です。

元々結城紬の着物用の真綿を布団用に頼んで作って貰っているようです。

入金は650回手引きの高級品です。

1500回という凄いのもあります。

で中国製は何回なんでしょう?

« 真綿布団のリフォームは( ̄乂 ̄)゙NG!!出来ないそうです | トップページ | 熱は下がっても一向に良くなりません ̄ii ̄)ズルズル (>人<) チーン! »

真綿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359802/51296665

この記事へのトラックバック一覧です:  ̄ii ̄)ズルズル (>人<) チーン!風邪を貰ったようです。:

« 真綿布団のリフォームは( ̄乂 ̄)゙NG!!出来ないそうです | トップページ | 熱は下がっても一向に良くなりません ̄ii ̄)ズルズル (>人<) チーン! »