« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

なんか暖かいஐ〰 

昨日から?その前から?暖かい気がしますஐ〰 

タカラの納期が早まりました。

焦る (;´Д`A ```

トイレの壁紙を決めました。

我が家のトイレの壁紙、端っこがめくれている以外特に問題がなく、使い続けてもいいと思ったのです。

でも良く見ると斑に黄色いシミがあるのです。

凝視しないと気づかないレベルの黄ばみです。

ヤニ、とか油汚れではありません。

壁紙内部から滲み出したような眼の錯覚レベルの黄ばみです。

もしかしてのりかもしれません。

更に便器タンク裏って掃除しにくいのでどうしてもその部分の汚れは上手に落とせない場合目立ちますよね?

便器交換の時にするのが一番きれいに張り替えるチャンスなので交換しなくてもきれいな壁紙でしたけど交換することにしました。

テーマがqpおうちの中に小さなお庭qpキャ(ハ*))((*ノノ)キャ

娘から(´┐`)ォェー認定を受けたアレです

ヽ(#`Д´)ノ┌┛〃∩こんな柄のトイレじゃ落ち着いてう☆こもできねー

ヽ(#`Д´)ノ┌┛〃∩こんな家帰りたくねー

と三行半突きつけられた奴ですm(__)m

トイレ入口に純喫茶白薔薇の看板を出そうかと…

ゆっくりくつろいでもらうために…

参考に沢山のトイレ施工例を見たのですが…

正直、昔のタイルのトイレの方が味わいがありますね。

施工前のほうが味があり、施工後はどこのトイレも同じに見えます。

見て楽しいのはやはり柄物を大胆に取り入れている例ですね。

トイレに限らず雑誌などで紹介されているリビングの施工例も、どれも判で押したようにシンプルイズベストでつまらないですm(__)m

ダサいかどうか?より冒険しているかどうか?

が楽しいので成功しているかどうかは本人が満足できれば成功だと私は考えています。

凄いなぁぉお!!(゚ロ゚屮)屮と感心しながら見ています。

しかし殆どの例は似たり寄ったりの無難な無地です。

自分も写真にしたら無地にしか見えないので人のことは言えません。

表面テクスチャーで遊んだので遠目には無地です。

大胆な柄をいくつも組み合わせるというのは凄く高度な技だと感心します。

お金があったら海外の大胆な柄を選びたかったです。

手入れが嫌いなのでビニルクロスで充分です。

リザーブ1000から選べる壁紙で素材感を選ぶと制限されますね。

安っぽいビニルクロスが嫌な人はリザーブ1000から選ばない方がいいかもしれない。

更に面白かったのがトイレ内部を飾り付けてごちゃごちゃしているタイプが少数ですが一定数いるようです。

このタイプ、リフォーム後はおとなしめに控えていますが…多分…

…一年後の写真が見てみたいものです…

ええ、私も同じタイプだと思うんですよ…

ですからね、よけい…

大胆でおしゃれの良い例がTOTOのショールームのトイレの壁紙

(人´∀`).☆.。.:*・°

鳥の奴とか花の奴とか。+゚.。+。(´ω`*)♪♪

アラベスク奴とか。*゜+。(O*'v`*)。+゜

楽しいですね+.(*'v`*)+

娘はシンプルでスタイリッシュな方がかっこいいお年頃。

なので私とは合わないのは仕方がないですね。

もう一つ楽しみにしているのが洗面所の天井の壁紙

洗面所は母親が選んだのですが天井は私が選びました。

思いっきり遊びたかったので花柄のエンボスを選んでみました。

これがどういう効果が出るのか見たくて選びました。

壁紙なんか拘ってもあまり見ないので意味がないと考える人も多いです。

でも壁紙選びは一番楽しい作業だと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

不燃ごみ最終日前にリフォームしたかった

2月からゴミ袋を変更しますよね?

その前に不燃ごみを捨てて、リフォームを終了させたかったのです。

んが、タカラの納期が遅れて2月過ぎないと無理だそうです。

タカラだけではないようです。

元々デフレで職人をどんどん削減し、資材などは倉庫の在庫を残さない、というように利益追求、ギリギリ余裕を無くす形でデフレ対策を推し進めてきた結果、

(無駄の削減)職人が足りなく、在庫もない状態になったようです。

増税前の駆け込みで、皆が欲しがるので、需要と供給のバランスが崩れたようです。

東北の震災、それにオリンピック、千葉では新都心のイオンモールに職人が取られて人手不足、さらに素材不足まで起きているようです。

12月にタカラに決めて発注した我が家はまだマシな方かもしれません。

無理、ムラ、無駄の削減が重要と聞いたことがあります。

でも無駄(お金)の削減ばかりしてムラや無理は削減できたのでしょうか?

出来ずにムラと無理が肥大化しているとしたら怖いです。

特に職人不足を外国人で穴埋めしようとか怖いです。

移民政策を受け入れさせる口実に使われるのは怖いです。

ヨーロッパの歴史ある国々が移民を受け入れて大変なことになっていますよね?

高福祉のスウェーデンなんかスウェーデン人の税金で外国人が福祉を受け取っていますよね?

日本も日本人の税金で外国人が娯楽や遊行に使っていましたよね?

一方で日本人が飢え死にしたり、怖い世の中ですよね。

杞憂ならいいのですが。

仕方ないなぁ、と思うのですが。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

フローリングよりカーペットのわけ

急に寒く、冬らしくなりました。゚゚。゚。さぶぅ(((*゚艸゚)))=3 ε3。゚。゚゚。゚。

真綿布団ってすごくいいです。d(ゝω・´)グッ

中国製の重くて硬い布団でもこれだから日本製はもうリッチで極上なんでしょう。

日本製が綿菓子だとすると中国製は食パン位違いがあります。

羽毛布団は体温で温まるまでは冷たい空気で布団が膨らんでいるのです。

だから入りたては温かくありません。

私の娘なんか私の布団に入り込むので

トイレから戻ると…!?(* □ ) ゚ ゚

私の寝場所が占拠されています。

横になれば入れると工夫するのですが…

デブのためか(?_?)横になっても上を向いても差がありません…(*ノω<*) アチャー

なのでずっと羽毛布団を2枚重ね掛けしてました。

これ意外に良かったです。ただ布団が分厚く邪魔なだけで…

しかし、真綿布団はなんか密度が違います。

ひんやり冷えた布団でも寒く感じません。

初日は気温のせいか夜中に3度も暑すぎて目が覚めました。(~Q~;)

しかし昨日は寒すぎたのかちょうど良かったです。

暑くも寒くもない状態を朝までキープしました。

冬にババシャツ1枚着ると冷気が肌に直接触れず冷たくなく感じるように真綿布団1枚着るとだいぶ違く感じます。

でも真綿布団が潰れたら、次回は普通の毛布にするつもりです。予算の関係上…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

最近のリフォームの流行はフローリングだと思うのです。

大体業者さんがフローリングを勧めます。

私の母親もフローリングにしたがっていました。

でも私が却下しました。

フローリングがカーペットより優れているのはお掃除だけだと思います。

フローリングは冬冷たいので床暖を入れないとスリッパが必要です。

幾ら防音性が高くなっているといってもカーペットより防音性は劣ります。

スリッパを履けばパタパタ音がしますよ。

床暖を入れるということは光熱費が高く付くという事です。

カーペットは年中裸足で大丈夫です。

畳もですけど。

カーペットと畳は裸足で通年過ごすことが出来るのです。

しかも防音性に優れているのです。

更に、落下物が破損するリスクが低いのです。

フローリングはどうしても硬いので破損しやすいです。

毛足が長いほど破損しないと思います。

フローリングはお年寄りや幼児がいる家庭では滑ったり、転んだりのリスクが高くなります。

液体をこぼしたのに気付かないで滑ったり、汗でつんのめったり、ビニール袋が落ちていたのに気付かずに滑ると足をくじくかもしれません。

ダニが心配

今は防ダニ仕様です。

カーペットは通気を良くし、3日に1度は掃除機をかければカビやダニの心配はないそうです。

一番大切なのは通気。

畳も優れているのですが、カーペットの方が長持ちです。

いまだに世界中のホテルの床はカーペットですよね。

人の多い劇場とかホテルはカーペット、絨毯ですよね。

しかも濃い色の。

多分色の濃いものの方が汚れが目立たず長持ちなんだと思います。

高級なものはウール製です。

ウールのいいことろはやはり不燃?燃えにくいというか、燃えても有毒ガスを発生させないですよね。

安いものは糸が弱く、ヘタリ易いそうです。

我が家は予算の関係上、以前と同等品なので燃えると溶ける素材です。

でも防ダニ、抗菌、防汚など高機能です。

クローゼットにしている部屋は娘が決めたのですが、

娘は大満足しています。

北側の寒い部屋なのです。

クリーム色の壁が暖かい日差しを感じさせてくれます。

カーペットは若々しい青緑色なので春から夏の草原のようです。

青は寒色系の色と思われるでしょうが暖かい色の青だと思います。

若々しい隆盛を感じる色で良かったと私も思っています。

青い鳥だったかな?

部屋により季節が変わる部屋は?

だとするとこの部屋は4月の間とでも名付けようかと思います。

クローゼットと入力するのは面倒ですが4月の間と入力するのは楽ですから。

「っ」とか苦手なんですよね。

後、今回知った知識としては

軽歩行、中歩行、重歩行です。

これは歩き心地が軽いと言う事では無く、

比較的歩く量が少ない寝室のような場所は軽歩行

リビング等ある程度歩行量のあるところは中歩行

沢山の人が出入りするサロンや劇場、ホテルのロビーは重歩行です。

軽歩行用は安いです。

主に賃貸向けはこれを選ぶ場合が多いようです。

何故なら入れ替えの際新しい物に替えるので安い方がいいからです。

安いものは糸が弱いのでヘタリ易いようです。

良いものはやはり5000円以上するみたいです。

時間があればサンゲツ以外のメーカーのカタログも見れるのでしょうが、今回はサンゲツのカタログから選びました。

サンゲツを否定するようで申し訳ない人( ̄ω ̄;) スマヌ

やはり時間があれば自分の理想とする壁紙やジュータンをじっくり選べたのかな?

というところが後悔と言っちゃ後悔です。

壁紙は白は沢山あるけどグレーは中々ないんですよ。

(グレーは沢山あるが無地ではないお洒落なグレーは少ない)

それと床とのバランスとか、全然考える暇はありませんでした。

なので日頃からリフォ―ム前に理想のイメージを作っておく方がいいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »