« マリンピアで50%OFFだったのでアシックスのGEL1160買いました | トップページ | |∀・).。oO(・・・永遠のゼロを観に行った) »

2014年3月20日 (木)

保温浴槽について分かった事

何が分かった?( ̄ー ̄)ニヤリふフフフ

まず冬の湯温で耐えられるのが44度から38度までです。

いわゆる適温が42度から40度だと思います。

で、蛇口を全開で捻ると湯温が高いときは48度位です。

我が家の場合集合住宅なので使用件数が多いと温くなるのです。

その時は41度にしかならない時もあります。

41度の時はすぐ入らなければなりません。

では48度の時は水を足すのか

足しません。

そのまま2,3時間放置します

ここがポイントなんですよ。

タカラの保温浴槽は壁も床も天井も断熱材が入っているのです。

で、この2,3時間の間にどんどん湯温が断熱材に吸収されて適温に近づくのです。

4時間に2.5度の低下、じゃありません。

48度が44度に下がります。

しかし、あの磁器タイルのひんやりがボンヤリ靴下を履いたように冷たく感じません。

磁器タイル下の断熱材にまで熱が吸収されたためだと思います。

そもそも入浴すると体温で湯温は下がります。

更に断熱材に熱を奪われ下がります。

ですから42度で入浴している間に41度や40度に下がり次の人の時は38度に下がっています。

適温で入浴すると次の人の時は高温差し湯が必要になります

で、48度の時は数時間放置するのです。

夕方5時頃お湯を入れて8時頃まで放置するのです。

これで磁器床は冷たくないし湯温も冷めづらい暖かなお風呂に入れます。

ちなみに私は毎朝目覚めの入浴をするのですが、

真冬で38度です。

入浴中に下がるので37度、本当に温いです。

冬の海から陸に上がる気分です…

38.6度もあれば入浴中に温く感じずに済みます。

夜から朝の間に余り湯温は下がっていません。

更に夕方の温度、

驚きの32度から34度です。

一番湯温が下がるのが入れてから数時間、次が夕方の後放置するとどんどん冷めていきます。

この間は朝に入浴しようとお湯を入れたら熱すぎで入れず放置したまま出かけました。

夕方帰宅してから入浴したのですが驚きの適温でした。

しかも熱め。

朝から夕方まで10時間は経っているはず…

お湯は7割より8割のほうが暖かさをキープします。

夕方32度以上の時は半分捨てて高温差し湯にします。

一から入れ直しとどっちが安いのか分かりません。

水道代って高いから。

おさらい

48度のまま水で薄めず放置

湯温が一番下がるのは最初の数時間。

断熱材に熱を奪われるから

磁器タイルが冷たく感じなくなるまで放置しておけば浴室は寒く感じない。

朝38度夕方32度以上ある。

7割より8割お湯を入れた方が保温がキープされる。

♪ーღ~ღ-♪ーღ~ღー♪ーღ~ღ-♪ーღ~ღー♪ーღ~ღ-♪

私はバスタオルを蓋の隙間を閉ざすように敷いています。

これをするとタオルが乾燥して温められるだけでなく湯温の保温にも多少効果があるような気がするからです。

気がする…だけですけど…

保温浴槽ってどのくらい保温力があるのだろう?と不安だったのですが2月でこれですから。

夏は余裕ですね。

家族が次々入れば高温差し湯の必要はないです。

ものすごく経済的です。

« マリンピアで50%OFFだったのでアシックスのGEL1160買いました | トップページ | |∀・).。oO(・・・永遠のゼロを観に行った) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359802/55449434

この記事へのトラックバック一覧です: 保温浴槽について分かった事:

« マリンピアで50%OFFだったのでアシックスのGEL1160買いました | トップページ | |∀・).。oO(・・・永遠のゼロを観に行った) »