« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月14日 (火)

図書館ツアーに参加しました。

bookいつの話だ(?_?)おい、
チラシでは2時間のツアーでしたが、実際は1時間のツアーで、駆け足でゆっくり見学できませんでした。
案内人の男性が質問は有りませんか?と質問してきたのですが、もっとゆっくり見学したかったので質問は思い浮かびもしませんでした。
アクティブラーニングとかティーチングハヴが新しい図書館の姿なのか?と思ったのですが、キャスターの付いた移動できるテーブルとか椅子の設備が新しくて全国から視察に来るのだそうです。
今は色んな大学でも取り入れられているのでそれ程個性的ではなくなったそうです。
何が悲しかったかて、大学が出している広報紙に紹介されている女子学生の1日…
図書館ツアーと関係ないんですけど…
|ω・)朝の5時に起きて8時50分に講義、23時帰宅
8時50分と言えば私の娘は酒臭い息をして寝てますよ、zzzz(-ω-*[布団]
帰宅するんだぁ…いいなぁ…
追い打ちをかけたのが「トビタテ!留学JAPAN」に選ばれたという学生さん
S大学での留学にシリコンバレーでのインターシップが決まったそうです。
(;-_-) =3 フゥ
私の娘の本棚の中で唯一増減して息をしているコーナーがBL漫画のコーナーのみ。
図書館ツアーの最中に案内の男性が外国の洋書をぱらっとめくって「いやー難しくて何が書いてあるか分からないですけど、大学院生になると読めるようです」
私の娘の英語のプリントで目にした事がある内容はセンター試験に毛が生えたレベルでしたよ。
私には訳せないけど大体こんな事書いてあるんでしょ?って分かるレベルですよ。
しかしその本の内容はTHISとWHAT位しか知っている単語が有りませんよ、しかも何がTHISかWHATという…
どうしてこうなった…という位の格差ですよ。
もうね、大学間内格差ですよ。
知らない方が幸せだった…と思う位の格差ですよ…
更に追い打ちを掛ける言葉が「大学の底上げを目的に図書館改革を行っている」事ですよ。
だってT大とか医学部には必要ないみたいなんですよ。
ここの大学は底上げをしなければならないレベルの大学なのか?
でもS大ってアメリカの一流大学ですよね…
図書館には漢籍も置かれていました。
今の若い子にも読んでもらいたいとの事ですが現実は中国からの留学生が利用しているそうです…(・・∂) アレ?
1階入り口横にはプレゼンテーションスペースなるコーナーがあります。
その時点での次回がハワイというパラダイス暮らすという内容です。
(・・∂) アレ?
よくよく広報を読んでみるとトビタテ!留学JAPANは
グローバル社会で活躍する人材を育てるため、文部科学省がスタートさせた官民共同での海外留学支援とありますよ。
この図書館の目的はグローバル化と関係してはいませんか?

嫉妬しているのではないのですよ。
何しろ今やアメリカなんか敵が多くて安全と思えないんですか

それでも世界トップクラスのアメリカが誇る大学は一度でも経験させてあげたいですよね…

てゃっぱり羨ましいじゃないの(#^.^#)

一応宗教勧誘や活動を目的としたものを禁止しているようです…

わたしとは考え方が根本的に違うと思いました。
底上げしたいのならその物にお金を掛けるべきではないのか?
T大生やT大教授がわざわざ借りにくるような蔵書こそ誇るべきだと思うんだが…

日本人の税金で外国人留学生はただで、返済せずに勉強できるのです。
しかも漢籍をカフェのようなお洒落な図書館で読めるのです。
一方日本人の優秀で経済的に余裕のある学生には海外に留学、或いは移住したらどうですかぁプレゼンテーションは窓を開けて開放的。
(;-_-) =3 フゥ

こんなことが日本中の大学で行われているのか…
(;-_-) =3 フゥ

図書館の前には池があるのですが…
この池がとても寂しい…
池の中に花壇の様なコーナーがあるので何種類か水性植物が楽しめるはずだと思うのです…
大学内には他にも2つ池がありました。
いつも銅像の様に甲羅干ししている亀のいる池と、とても暗い池。
どの池もアオコまみれで枯葉漂うだけです。
千葉は大賀ハスが有名ではないですか?
意地でも育てたくないのでしょうか?
千葉にはビオトープの公園もあるじゃないですか?
あの花壇的なところに睡蓮を植えて浮草とタニシ、沼エビ、メダカを放流してみてくれ~
どれほど癒されるでしょう。
美しい池の周りには学生や教員、周辺の住民が集い、自然に挨拶し、語らいだすのではないでしょうか?

参加者の多くが知性も教養も滲み出る様な上品な方々で参加者内格差は私が犯人です…m(__)mツアー中唯一覚えた本の題名は「エロス」です。
皆さん新しい図書館の椅子の座り心地や設備に遠い目をしていました。
1時間くらい自由に参加者も図書館で本を探したり読ませてもらいたかったです。
一応学生ではなくても手続きさえすれば利用できるそうです。
さっそく手続きする方も…

でも生大学生ちゃんを見れて良かったです。
リアル大学生ですよ、それをライブで見れちゃいましたよ(´Д`;)/ヽァ/ヽァ







| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

(゜))<<金魚満堂

金魚の歴史はシナからなんですよね。
フナの中に赤いのがいて発見されてから改良されて今日に至る。
日本には室町時代に入ってきたのですが当時は船で渡ってきたのですから貴重品で大変高価だったそうです。
それが江戸時代に庶民に広まり今日に至る。
昭和60年代に又シナから珍しい金魚が大量に輸入され今日に至る。
ザックリ、そういう流れ。
因みにシナでは金魚はヨーロッパの豚に相当するのです。
どういう事かというとpig豚の貯金箱、に相当するのが金魚。
金魚満堂というのです。
拝金主義のシナ人には金魚はお金を産む打ち出の小槌なんでしょうか?
MrMAXでは稚魚が75円です。
エアレーションもろ過も無く育ってています。
興味深いです。
何かこうとしたか忘れてしまったぁ。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。


| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »