« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月25日 (金)

春の陽気で金ちゃんの糞がぷっかり浮かんできます。

(゜))<<金ちゃん飼い主を忘れたのでしょうか…(-ω-;)
部屋の扉を掛けると急いで潜って俯いたまま微動だにしません。
冬の間死んだように俯いたまま隠れていました。
餌も見向きもしません。どうも鉢にへばりついているどす黒い藻の方が美味しいのかもしれません。
なんか緑色の糞が沢山沈んでいるのですが、いくつかぷかり、ぷかり、浮かんできます。
壁面には沢山の泡がプクプくしています。
光合成しているんでしょうか?泡が浮かんで弾けるのですが、糞もプクプクして浮かんできます。

メダカもこの半年何食べて生きてたのだろう?
流石に稚魚サイズはいないだろう、と思ったら…Σ・ ・( ω ノ)ノ
いました…>゜))))ーちいさい
春の日差しを浴びる金ちゃんは本当に優美で綺麗だな。(´ー`*)。・:*:・ポワァァン
タダ糞がね…(#^.^#)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月22日 (火)

あれは福寿草?

レトロバスの赤線は戦後の赤線じゃなく、
レッドラインと呼ばれています。
グリーンラインとレッドラインって地元民しか分からないぞ。
チェックアウトしている間にドンドン曇って来たので慌てて予定を変更して、かちかち山まで歩いていきました。
しかし、かちかち山に到着した時にはお隠れになり…
富士山甘く見てたわ…
眺めは凄いのです。裾野から河口湖も遠くまで見渡せるのですから。
しかし、頭隠してます。
諦めて与勇輝ミューズ館に…
驚いた事に久保田一竹とお得なセット券があると言うではないですか。
お得なチケットを購入。
素晴らしい人形を見ると日本人の子供から何が失われたのか?考えさせられました。

ここから久保田行のバスは1時間に一本しかないのです…

ついでなので河口湖自然生活館で下車。

ここからの河口湖の眺めはまた違って良い、何より波打ち際までが近い。

この近辺はオサレな飲食店が多いですね。

又バスで久保田まで戻る。

久保田一竹は辻が花を再現した方らしいのですが、それよりこの美術館が凄い。
高い入場料を払う価値がある。
もう入り口の門から変。
入って直ぐ滝のある庭園。
そこを抜けるとどこの国か分からない謎のガウディ?ガウディだ、が入口なのです。
更に奥の建物は富士山を模した木造建築で総檜の極太梁で仕上げられています。
それよりこの鍾乳洞の様な段々は何ですか?
その部屋に豪華絢爛な着物が展示されています。
辻が花に興味がなくとも引き込まれます。
特に赤がシベリアの赤なのでしょうか?
心に響く色だと思いました。
更に一竹の応接間だったところが無料開放されていて、お茶が飲めます。
物凄い観光地価格です…
でも滝の滴る池を眺めながらのお茶はとても優雅で来たかいがあった、大満足しました。
なんで美術館ばかり?と不満な家族も大満足。
池の畔に一厘、黄色い花が見えたのですが、目が悪く確認できません。
でもあれは福寿草ではないかと…勝手に思っています。
この美術館には散策路もあり、これが又楽しい。
前日の雪のためか雪国に来た気分。
と言っても全周10分…
旅もそろそろ終わりだね、バスに乗ろうとしたら…富士山がこんにちはしているではないか…Σ(゚Д゚|||)
最後にチーズケーキファクトリーに寄り、濃いのと朝霧高原スフレタイプチーズケーキを購入。
駅でバスを待つばかり…(☼ Д ☼) クワッッ!!!

海浜幕張行のバスが到着したではないか…
(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ ;)
急いで窓口で交換して貰おうとしたら…
「あ、今一人入っちゃいました」(-ノ-)/Ωチーン

                       〓■●~~=□○0
諦めて新宿行に予定通り乗り富士山とお別れしました。

                           (○゜ε゜○)ノ~~

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヤドリギは本当にまん丸だった

今回娘の卒業と就職祝いの為に人生初の贅沢な宿を選びました。というか突然決めたので条件に合う宿がほかに無かった…

富士山が部屋から見える、富士山を見ながら温泉に浸かれる、バイキングじゃない、部屋で食事。

湖南荘にチェックインと同時にJTB特約50分無料貸切風呂の予約をしました。
担当の仲居さんが良い方でした。お茶を入れてくれてなんのかんので30分、私だけ大浴場へ。
誰も居ないので貸切状態。
大浴場は入り口からの富士山が一番良く、入浴してしまうとミラーシール?で明るさが半減します。
貸切は洗い場が一人分しかないのですが、家族全員で入れるのが良いです。
窓を開けると富士山を見ながら露天感覚で温泉に浸かれて最高です。

宿のおばさんお勧めの屋上に上がると富士山と河口湖を眺める事が出来ます。

足湯で暖まりながら眺める事が出来ます。

下を覗くと湖南荘の前は公園になっていて、火山岩の様な岩場がゴツゴツしています。

そして木が生えているのですが、本物の寄生木がいくつも寄生していました。

初めて見たので感動しました。

浴衣と宿のスリッパでその公園に行ったのですが、橋が前日の雪が解けたため水溜りで渡るのがサバイバル、ゴツゴツの岩場を歩くのがサバイバルでした。

夕食前に部屋の露天風呂に入りました。

貸切風呂と同じ階なのでほぼ同じような富士山ですが…

体を洗う所とか無いので入浴のみですが、やはり贅沢ですわ。

入浴中に隣?の隣?のお寺からゴーーーーンンンンンンッッッッ…         ゴーーーーンンンンンンッッッッ… ゴーーーーンンンンンンッッッッ…             ゴーーーーンンンンンンッッッッ…        

大変風情がありました。

何より暮れる富士山の一部がピンク色に染まり美しい。

。*゜+。(O*'v`*)。+゜

贅沢した甲斐がありました。もうこの宿にした意味を達成。

河口湖で個室に有る露天風呂が温泉な宿は殆どないのです。湖南荘は数少ない個室に温泉露天風呂付き宿なのです。

夕食は正直この半分でも多い。

お刺身で満足して、牛シャブで満足して、カニ汁でホッとして、デザートで充分です。

もう無理な時に伊勢海老の蒸し物、胃薬を用意すべきだった…

貧乏性な私は夜中目が覚めて一人、大浴場に行きマッサージ器、露天、マッサージ器、露天、マッサージ器、露天、を繰り返しました。

誰もいない薄暗い大浴場を一人貸切状態で使ったのですが、他に同じような事する人が居たらお互い幽霊と間違えたに違いない…

しかし…

翌日目が覚めると空は白く…富士山がお隠れになっている…∑(´■`;)

真っ白だよ、真っ白、屋根も雪で白いよ…。゜゜(´□`。)°゜

貧乏性なので元を取るために又入浴。

食事前に更に大浴場に入浴、サウナにも1分だけ入ったし…

やはり連続で晴れは無いのか…富士山舐めていたわ…

アー気分が( ◢д◣)ムゥだよ。

朝食は会場で合同なのです。

夕べのご飯で一口も入りそうにもない…のを無理して食べました。

チェックアウト後に食べる事が出来るのならそうしたい位…

ごはんお釜で炊いてあるから残したくない。もう貧乏性って病だからさ、どうにもならないね。

改めて外国人が多い…

しかし会場の係りの方が「富士山見えますよ、ほら」

あー本当だ、どんどん晴れて富士山が見えている…凄い

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉー

屋上の足湯に浸かりながらもう一度富士山を見る事が出来ました。

最後に部屋の温泉に浸かりながら富士山を眺める事が出来ました。

凄い運が良かった゚゚(´O`)°゚

ありがとう富士山m(_ _)m

| コメント (0) | トラックバック (0)

ビオラに隠れてムスカリの白が小さく咲いていた

河口湖へ登山列車に乗って行きました。
登山列車は大月発なので大月まで電車で行くのですが、朝、京葉線が遅延したために死に物狂いで東京駅を走りました。
本当は武蔵野線で行くはずだったけど変更して正解でした。
大月の駅の階段を下りると改札を出ることなく富士急行の窓口と改札が有ります。
もう外国人が行列を作ってどこの国か分かりません。
窓口で乗車券200円を購入したらスイカをピッで改札を抜け富士急行のホームです。
登山列車は他の列車と違い木製でビロードのカバーが高級感とレトロ感があり、座席も普通と違く、とても楽しい列車なのです。
更に車掌さんが案内しながら最後は飴もくれるのです。
しかも晴天で前日の雪がまぶしく富士山がはっきり美しく見えます。
頂上の雪が吹雪いて舞い上がっているのが見えます。
途中蒼竜峡では虹を見る事が出来ました。
又富士山の前でゆっくり走ってくれます。
あっという間に河口湖ですよ。
この列車の旅も旅のイベントととして一番に組み込みました。
大成功♬♩♫♪☻(●´∀`●)☺♪♫♩♬
河口湖の駅に付いたら窓口でロープウェイと遊覧船のお得チケット購入。
改札直ぐの窓口で買えます。
腹ごしらえに吉田饂飩と富士山コロッケとメンチカツを買いました。
コロッケとメンチは凄く美味しかったです。
河口湖価格なので普段なら絶対買いません。普段なら30円コロッケしか買いません…
それから歩いても10分ほどで遊覧船に着くので歩きました。
雪で足元がぐちゅぐちゅでした。
遊覧船は既に満席で立っている人もいました。
でも船室は人が居なかったので船室に入りました。
次回はあのスワンちゃんに乗ろうと心に決めました。
そのままロープウェイに乗ればよかったのに…北原ミュージアムに行きました。
おもちゃの博物館です。
横浜のも昔行ったことがあります。
思ったより小さくあっという間に見終わってしまいます…
仕方ないのでハーブ館でソフトを食べたのですが…ラングドシャじゃない方買っちゃった…
ラングドシャだと…
バス移動はJTBのお得な乗り放題プラン600円を使いました。
続く

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »