« ヤドリギは本当にまん丸だった | トップページ | 春の陽気で金ちゃんの糞がぷっかり浮かんできます。 »

2016年3月22日 (火)

あれは福寿草?

レトロバスの赤線は戦後の赤線じゃなく、
レッドラインと呼ばれています。
グリーンラインとレッドラインって地元民しか分からないぞ。
チェックアウトしている間にドンドン曇って来たので慌てて予定を変更して、かちかち山まで歩いていきました。
しかし、かちかち山に到着した時にはお隠れになり…
富士山甘く見てたわ…
眺めは凄いのです。裾野から河口湖も遠くまで見渡せるのですから。
しかし、頭隠してます。
諦めて与勇輝ミューズ館に…
驚いた事に久保田一竹とお得なセット券があると言うではないですか。
お得なチケットを購入。
素晴らしい人形を見ると日本人の子供から何が失われたのか?考えさせられました。

ここから久保田行のバスは1時間に一本しかないのです…

ついでなので河口湖自然生活館で下車。

ここからの河口湖の眺めはまた違って良い、何より波打ち際までが近い。

この近辺はオサレな飲食店が多いですね。

又バスで久保田まで戻る。

久保田一竹は辻が花を再現した方らしいのですが、それよりこの美術館が凄い。
高い入場料を払う価値がある。
もう入り口の門から変。
入って直ぐ滝のある庭園。
そこを抜けるとどこの国か分からない謎のガウディ?ガウディだ、が入口なのです。
更に奥の建物は富士山を模した木造建築で総檜の極太梁で仕上げられています。
それよりこの鍾乳洞の様な段々は何ですか?
その部屋に豪華絢爛な着物が展示されています。
辻が花に興味がなくとも引き込まれます。
特に赤がシベリアの赤なのでしょうか?
心に響く色だと思いました。
更に一竹の応接間だったところが無料開放されていて、お茶が飲めます。
物凄い観光地価格です…
でも滝の滴る池を眺めながらのお茶はとても優雅で来たかいがあった、大満足しました。
なんで美術館ばかり?と不満な家族も大満足。
池の畔に一厘、黄色い花が見えたのですが、目が悪く確認できません。
でもあれは福寿草ではないかと…勝手に思っています。
この美術館には散策路もあり、これが又楽しい。
前日の雪のためか雪国に来た気分。
と言っても全周10分…
旅もそろそろ終わりだね、バスに乗ろうとしたら…富士山がこんにちはしているではないか…Σ(゚Д゚|||)
最後にチーズケーキファクトリーに寄り、濃いのと朝霧高原スフレタイプチーズケーキを購入。
駅でバスを待つばかり…(☼ Д ☼) クワッッ!!!

海浜幕張行のバスが到着したではないか…
(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ ;)
急いで窓口で交換して貰おうとしたら…
「あ、今一人入っちゃいました」(-ノ-)/Ωチーン

                       〓■●~~=□○0
諦めて新宿行に予定通り乗り富士山とお別れしました。

                           (○゜ε゜○)ノ~~

« ヤドリギは本当にまん丸だった | トップページ | 春の陽気で金ちゃんの糞がぷっかり浮かんできます。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれは福寿草?:

« ヤドリギは本当にまん丸だった | トップページ | 春の陽気で金ちゃんの糞がぷっかり浮かんできます。 »