« Σ(- -ノ)ノ何かの間違いじゃ…なかった | トップページ | せいらんとは? »

2016年6月19日 (日)

勘違いして湯河原へ

宿を予約してから調べたのですが…
湯河原って何もないそうです。(´-ω-`;)ゞポリポリ
えっとバスの中からお店をたくさん見たし
…(._. )( ・_・)(・_・ )( ・_・)゛?
どうやら箱根のどこかと勘違いしてしまったようです。
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

昼前に湯河原に到着して先ず小松庵という蕎麦屋に入ったんです。
地元民御用達っぽい店です。
わさび蕎麦?
わさびを自分ですりおろして食べるそばを頼みました。
わさびをすりおろしながらゆっくり食べてしまうと最後の方はそばが延びてしまい残念です。
延びる前にとっとと食べた方がいいです。( ◢д◣)ムゥ

奥湯河原行のバスに乗って万葉公園で下車しました。
いきなり急流の河原に期待が高まります。

公園自体は図で見るほど広くは無く、1時間もあれば道に迷いながらもすべて見終わってしまいます。
ちょっと東京の等々力ぽいです。

2時に宿にチェックインしてさっそく露天風呂に入りました。
竹林の湯
貸切風呂の広さです。
すきまから渓流を覗き見しました。

瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ

ほぼ貸切で楽しめました。しかし、給水器が無かったので脱水しそうになってしまった。

それから近所にある重光葵記念館まで散歩がてら行ったのですが…
ご近所さんが母を心配して車に乗せてくれました。
ありがとうございます。m(__)m
勝手に純日本家屋に日本庭園を楽しめるに違いない、(-_- )ノ彡☆ばんばん!
貴重な山野草を発見できたりするに違いない、
と勘違いして車から降りたら…
「ここですか?」
「はいここです」
えっとなんか普通の家ですよ… (;´Д`A ```
取敢えず中に入ろうっと…
入館料600円…Σ(- -ノ)ノ高っ
親切なおじさんが折角送ってくれたのに入館料をケチって入らないのも悪く思い…
入館しました…
昔は茅葺の家だったそうです…そういうのを期待していたの…
実は大変貴重な記念館であることは間違いないのですが…
私のお頭が弱くて…情けない限りです。
取敢えず一度も頭に残らなかった重光葵を言う名を何とか覚える事が出来た…かな?

夕食前に今度は滝の露天風呂に入浴しました。
網が無粋ですけど、貸切状態で楽しめました。
食後に蛍を探しに宿を出たのですが、蛍は見る事が出来ませんでした。
又滝を見ながら温泉に浸かりました。

源泉かけ流しの滝見露天風呂、古い家屋の趣が近所の愛新覚羅溥傑の家の庶民版みたいに感じて予約しました。

正直素泊まりで近所の隠れ家レストランで食事した方が良かったのかもしれない…

一番のグルメ体験が手しぼりミカンジュースだったが、都会の様に目の前で絞ってくれるわけではない。

でもお土産屋のお土産は売店で購入した方がいいと後悔しました。

おかみの会のみかんジャムをもう少し買っておけば良かった、重いから買わなかったのが残念です(ノ_-。)

翌日はバスで大観山へ。
残念ながら雲でお隠れに。それでも芦ノ湖と山々が素晴らしかったです。
どうしても夏は富士山は雲で隠れてしまうようです。
不動の滝に戻り、湯河原美術館の庭を見て、光風荘を見学し、元祖きび餅の店できび餅を購入して帰りました。

町立湯河原美術館の庭の池の睡蓮はモネの庭の睡蓮を分球して貰ったものだそうです。
残念ながら花はまだでした。

光風荘も日本家屋に日本庭園を期待したら2.26事件の記念館として公開されていて、 (;´Д`A ```又勘違いしてしまった…

せめて古い家屋の店で購入したい、どうしても古い家屋に観光したい、気持ちが強く、きび餅を購入しました。



湯河原の渓流は山から町中を通り、初島と大島の浮かぶ海へと流れていました。



« Σ(- -ノ)ノ何かの間違いじゃ…なかった | トップページ | せいらんとは? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勘違いして湯河原へ:

« Σ(- -ノ)ノ何かの間違いじゃ…なかった | トップページ | せいらんとは? »