« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月30日 (土)

ようやく咲いた朝顔が水彩画の様に淡い

木賀温泉に行く予定なのに急に母が足を悪くして車いすを借りました。
しかし、母に車いすに乗ってまで行きたくないと駄々をこねられ、娘には責任を取れないと拒絶され、前途多難な出だしとなりました。
しかも箱根はどこも急な坂道や階段だらけで車いすが難しい、お盆は激混み、娘の都合で日付変更が出来ないため頭を抱えてしまいました。
初日は本間寄木美術館に行きたかったのですが、エレベーターが無く、階段がある、と言う事なので諦め、湯本散策から始まりました。
小田原から箱根登山鉄道に乗り換えた途端に駅員さんが常に声を出さなくても近寄って車いす対応の準備をしてくれるので助かりました。
最後の最後まで常に駅員さんの方から対応してくれました

´ω`)ノ素晴らしい。。

グルメ体験 (-_- )ノ彡☆ばんばん!湯餅の店の抹茶のかき氷、繭の様なオサレな店内でくつろいで贅沢です。

本当は宮ノ下をメインにしたかったのに娘が早く昼を食べたいというので湯本で食事してしまいました。

試食だけでもお腹いっぱいなのに…

まだ7月の下旬は激混みではないので車いすでも楽しく観光出来ました。

観光開始したばかりなのにお土産物買いまくり…(*ノω<*) アチャー

宮ノ下に予定より1時間も遅く到着した所、駅員さんに朝は自分しか居ないから車いすに対応出来ない、と言われてしまいました。

しかし、翌日駅に到着すると駅員さんが数人待機しているではないですか。ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

母の為に来るのをずっと待っていたのだな、凄い対応力だ。

(人><。)

宮ノ下は駅前から坂が急で…坂を下るのだけは母に頑張って貰いました。

カフェがオサレで、窓から緑の山が美しくて、テンションあがります。

宮ノ下でカフェしたかった…けどもうお腹が一杯…

富士屋ホテルを見学して…あれ?ここに来たことがある…気がする…

デジャブポイントが何カ所か…

何か学校で来たような…

しかしそんな記憶がなく…

でもホテルの人に案内されながら列を作って歩いた記憶が…

ほらあのライオン、それに金魚の壁、あっ、この野外のプールも…それに電話ね…

娘がここに泊まりたいと連呼するのです。

朝食付きのみならなんとかなるんじゃないか?と言ったら嫌がられました。

夕食も付けろとな…

上品なお客が多いので居心地は微妙に悪いですよ、下品な我々には窮屈ですよ?酒飲んで酔っ払って半裸で大の字に寝てられないですよ?いいんですか?

結局宮ノ下は富士屋ホテルしか見学できなかった…

夜食が鯛しゃぶだったんですけど、お腹が一杯で全然食べる事が出来ない…

勿体ないけど残しました。

箱根はどこもヒグラシが大合唱です。近所で耳にしないと思っていたら箱根に居たんですね。

この宿も何故かデジャブが…

しかし泊まった記憶など無く…

何処がデジャブかというと…個人向け国債のポスター…(´Д`|||)

どんなデジャブ…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 9日 (土)

下呂の巻

(´┐`)ォェーではなく、下呂的には蛙なんですね、ゲロゲロ
下呂にも合掌の里があって見学できます。でも800円。割引で700円。
野口雨情公園の入り口でクルミの木を発見しました。
沢山のクルミが生っていました。
青く長細いリンゴというか、かりんというか、梅というか…
午後から単独行動したのですが、駅前に温泉の自動販売機というかスタンドがあり、近所のおじさんが温泉を汲みに来ていました。
凄く熱いから1時間前に蓋を開けておくそうです。
熱いお湯に触らせてくれました。
直ぐ前の水路にはコイが泳いでいました。
蛙の滝を探して歩いていたら地元のおじさんに道に迷っているのか声を掛けられました。
下呂はともかく、人がいいなと思いました。
蛙神社に手を合わせたら幸せになります、ゲロゲロとお告げがありました。
蛙の滝といい蛙って何?
下呂白鷺伝説じゃないのかい?
平湯白猿湯河原タヌキだよ。
その後高山本線で高山に普通電車に乗りました。
バスの中から渓谷を何度も線路が渡るのを見てどうしても乗ってみたかったのです。
高山には寄らずに、帰りは特急で戻りました。
この線路は川の上を何度も渡るので右から左に、左から右に渓流を見る事が出来ます。
この線の面白い所はお墓を良く目にする事です。
駅前にお墓があるところもありました。
しかし、くぐのの駅で25分も停車してくれたのは驚いてしまいました。
(._. )( ・_・)(・_・ )( ・_・)゛?
え(?_?)
(?(。_。(・・*)。。oO
(?_?)は?
地元のおばさんが25分停車と教えてくれてようやく25分停車するんだなと、理解しました。
おばさんのお蔭で25分を楽しく過ごすことができました。
下呂の魅力は怪しいものだけど、人が良くて楽しく過ごすことが出来ました。

宿の仲居さんが元気に一生懸命給仕してくれるのは良いのですが、
料理の順番が出鱈目過ぎて悲しくなってしまいます。 
折角胡瓜をカエルに彫刻したのに…
料理長の料理を楽しんでもらうために順序を守って欲しかったです。

最後の日は高山で2時間半ぐらい過ごしたのですが、あっという間に時間が経ってしまいました。









| コメント (0) | トラックバック (0)

平湯の巻

平湯には一度も来たことがない、と思っていたら、踊り場の飾りと、マッサージ室の葡萄の葉と蔦で子供の頃に泊まった事がある

Σ( ゜Д゜)ハッ!と思い出しました。
下呂も初めて来たと思っていたら、床の間の絵と浴場のタイルで同じ宿に泊まった事があるとΣ( ゜Д゜)ハッ!思いだしました。
どちらにも泊まった事が有った。
平湯は湯河原より何もなさそうに感じたのですが、意外に一日楽しむことが出来ました。。
初日は平湯大滝を観に行ったのですが、いきなりどしゃ降りの洗礼を受けました。
見上げた途端ポツポツザーっのザーバチバチバチ

ヽ`、ヽ`Y_(+ω+ )ヽ`、ヽ`
慌てて傘を広げて駐車場まで下りて行ったのです。
山の天気なので帰りには止んでいました。
宿の家族風呂からは満開の山法師を見る事が出来ました。
ウットリ♪・:*:・ ( ̄* )
源泉掛け流しなので少し熱い、鉄分の多い、鉄と硫黄の臭いのするお湯です。
平湯の温泉は無色透明、硫黄の濃いもの、鉄分の多いものと色々あるようです。
宿の食事が大変美味しく、美しく、このお値段でこれは凄い、と感動しました。
特に感動したのが鯰、
川河豚かわふぐと書いてナマズと読むのだそうです。
初日に食べる事が出来なかったのでリクエストしたら翌日に刺身で出てきました。
地元産のナマズだそうです。
飛騨牛のステーキも分厚くて感動しました。
それに沢蟹、実は平湯神社で沢蟹が散歩しているのを見たのです。
でも食べたのはそいつではない。
水物を包んでいたのは宿玄関のどんぐりの葉だそうです。
地産地消を感じる内容で、量より質、程よい量で完食出来ました。
食堂の家具はどれも飛騨の楢材を使用した重厚な家具で、椅子に宿の名前が焼印されていました。
翌日は平湯民俗館?からスタートしました。
ここはお風呂が寸志(300円位)で入れるのですが、いわゆる合掌造りで、観光客がいないので静かに過ごすことが出来ました。
囲炉裏の煙に燻されながら白いガスを発生させる山を眺める事が出来ました。
穴場です。
それからバスターミナルのお風呂にも入ったのですが、地元の方が「やはりここは温まる」と入りに来ていました。鉄分の多いお湯でしたが一番料金が高いです。
次に隣の自然博物館?的な建物に入ったのですが、表からやっているように見えません。
以外にも外国からも見学に来ているようです。
人気がない割に見学者は多いようです。
ビデオで紹介されていたつりばなはまだ青い蕾ですぐ近くに咲いていました。
それから平湯の森に入ったのですが、500円、雨に降られてしまいました。
しかもアブに刺されてしまいました。。゚(゚´Д`●゚)゚。
そのせいか体調を崩してしまいました。( ◢д◣)ムゥ
翌日は自分だけ別行動で上高地に行きました。
バスターミナルから明神池、明神池からバスターミナルを歩きました。
ありがたい事に時々晴れてくれました。
平湯から上高地は25分。往復料金が2050円。
年々上高地は神秘性を失い観光地化されて原宿状態ですが、それでもやはり大好きな場所であることに変わりは無い。
子供の頃の大正池は本当に神秘的だったんですよ。
夕方は野兎を追っかけたりして、湧水が雲母をポコポコ揺らすのを眺めるのが楽しかったな。
田代池は昔はあざみ野?あずみ?湿地とか言う名前だった気がする。
いつ田代になった?
その頃の不思議空間はどこに消えた?
しかし昔と違いグルメな観光地になりました。
メンチカツが売り切れていたので蕎麦餃子を頼んだのですが、すごく美味しかった。
ジェラード売りのお兄さんがアメリカ人ハーフだったのだけど、日本に居る方が長いから英語は得意じゃないらしい。
今回も嘉門次?でリンゴジュースを飲んだのだけど、明神池に行ったら必ずリンゴジュースを飲みます。
そして沢山の花を見つけました。
菫も咲いていました。
何人か話すと必ず毎年来るというのです。
だから増え続ける一方なのでしょう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

平湯下呂四泊五日【~~~(´▽`A)~~~】 イイユダナ~♪

【~~~(´▽`A)~~~】 イイユダナ~♪
帰宅したら…
やっぱり、洗濯ものが
花に水を頼んでいたのに…枯れている気がする…
ゴミも溜まっていますし、見た事も無いお酒が数本冷蔵庫に寝ころんでました。
お土産の飛騨牛入りサラミを無視して、皆で食べようと思っていた芥子きのこ三選を部屋に持って行ってしまいました…
それ、美味しいのよ。+゚.。+。(´ω`*)♪♪返してねぇ

いつの間に勝手に育ったトマトが熟れて食べごろに。
さっそく食べましたよ。
ん(´-ω-`)う~ん今回は味が薄いなぁ。
それでも買うより味は良い。

本当はビールをお土産にしようとしていたのですが、冷蔵しないと味が落ちてしまうらしく…
諦めました。
夜飲みたかったのですが、体調を崩して飲むことが出来ませんでした。

凍り豆腐と山ぐるみも買ったのですが、どうやって食べるのだ?
他に柚子の中に味噌とクルミの入った奴もどうやって食べるのだ?

取敢えず湯河原で買った山クラゲを今夜のつまみにします≠( ̄~ ̄ )モグモグモグモグモグ




| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »