« 下呂の巻 | トップページ | りょうぶの花は白かった »

2016年7月30日 (土)

ようやく咲いた朝顔が水彩画の様に淡い

木賀温泉に行く予定なのに急に母が足を悪くして車いすを借りました。
しかし、母に車いすに乗ってまで行きたくないと駄々をこねられ、娘には責任を取れないと拒絶され、前途多難な出だしとなりました。
しかも箱根はどこも急な坂道や階段だらけで車いすが難しい、お盆は激混み、娘の都合で日付変更が出来ないため頭を抱えてしまいました。
初日は本間寄木美術館に行きたかったのですが、エレベーターが無く、階段がある、と言う事なので諦め、湯本散策から始まりました。
小田原から箱根登山鉄道に乗り換えた途端に駅員さんが常に声を出さなくても近寄って車いす対応の準備をしてくれるので助かりました。
最後の最後まで常に駅員さんの方から対応してくれました

´ω`)ノ素晴らしい。。

グルメ体験 (-_- )ノ彡☆ばんばん!湯餅の店の抹茶のかき氷、繭の様なオサレな店内でくつろいで贅沢です。

本当は宮ノ下をメインにしたかったのに娘が早く昼を食べたいというので湯本で食事してしまいました。

試食だけでもお腹いっぱいなのに…

まだ7月の下旬は激混みではないので車いすでも楽しく観光出来ました。

観光開始したばかりなのにお土産物買いまくり…(*ノω<*) アチャー

宮ノ下に予定より1時間も遅く到着した所、駅員さんに朝は自分しか居ないから車いすに対応出来ない、と言われてしまいました。

しかし、翌日駅に到着すると駅員さんが数人待機しているではないですか。ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

母の為に来るのをずっと待っていたのだな、凄い対応力だ。

(人><。)

宮ノ下は駅前から坂が急で…坂を下るのだけは母に頑張って貰いました。

カフェがオサレで、窓から緑の山が美しくて、テンションあがります。

宮ノ下でカフェしたかった…けどもうお腹が一杯…

富士屋ホテルを見学して…あれ?ここに来たことがある…気がする…

デジャブポイントが何カ所か…

何か学校で来たような…

しかしそんな記憶がなく…

でもホテルの人に案内されながら列を作って歩いた記憶が…

ほらあのライオン、それに金魚の壁、あっ、この野外のプールも…それに電話ね…

娘がここに泊まりたいと連呼するのです。

朝食付きのみならなんとかなるんじゃないか?と言ったら嫌がられました。

夕食も付けろとな…

上品なお客が多いので居心地は微妙に悪いですよ、下品な我々には窮屈ですよ?酒飲んで酔っ払って半裸で大の字に寝てられないですよ?いいんですか?

結局宮ノ下は富士屋ホテルしか見学できなかった…

夜食が鯛しゃぶだったんですけど、お腹が一杯で全然食べる事が出来ない…

勿体ないけど残しました。

箱根はどこもヒグラシが大合唱です。近所で耳にしないと思っていたら箱根に居たんですね。

この宿も何故かデジャブが…

しかし泊まった記憶など無く…

何処がデジャブかというと…個人向け国債のポスター…(´Д`|||)

どんなデジャブ…

« 下呂の巻 | トップページ | りょうぶの花は白かった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359802/66758836

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく咲いた朝顔が水彩画の様に淡い:

« 下呂の巻 | トップページ | りょうぶの花は白かった »