« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月18日 (日)

鷺沼公園をぶらぶらしてみたフーン(゚σ ゚)

土曜日の午後にブラブラしたくて、パン屋さんに行くついでに近所をぶらつきました。
パン屋さんから京成津田沼に行く間の商店街に新装開店のお店があって、隣のタバコ屋のおじさんが古い古民家だよ、というので覗いてみました。
半纏が飾ってあったのですが、初代が店番の時に着用していたらしく、山儀の名が初代の呼び名だったそうです。
良く見ると家紋の入った板張りがあり、なんでも中に提灯が入っていたらしく、恐らく夜回り等外出時に使ったのではないかと。
今はもう作られていないガラス窓に時代を感じました。
良い目の保養にしてしまい申し訳ないです。
正直こういう店で習志野産人参のスープに習志野ソーセージと無農薬野菜のサラダにプチバゲット、プチデザート付で980円以下なら魅力的なのですが…
そういう店ではありません。
その近くに菊田神社と菊田水鳥公園があります。
隣接しているのですが、池の周りを網の柵で覆っているので風情がありません。
何がしたいのだろう、少し悲しい公園です。
更にぶらついていると鷺沼城址公園を見つけました。
土地に合わせた不規則な階段に冷や汗をかきました。
やはりこういう不規則な階段って重要だ。
知らない間に降りるのが怖くなってしまう年になってました。
階段を登ると何故か埴輪が…Σ(- -ノ)ノ
古墳群だった。Σ(- -ノ)ノ
更に朽ち果てそうな鳥居が…
これは少し怖い…(;゚;Д;゚;)
鷺沼源太の碑とあります。
何だろう…怖いのだけど(;゚;Д;゚;)で、何処に城が?
近所にこういう地形を利用した階段があるっていいなぁ、と思いました。
この近所に鷺沼温泉があるのですが、
裏側が凄いんですよ。
…(;゚;Д;゚;)…
表通りの入り口は比較的まともなようです。
結構自転車が止まっていたので、近所のお客に愛されているのかもしれません。
一度入ってみたいのですが…(;゚;Д;゚;)…ためらいはある…
昭和を体験出来るのではないかと期待しています。m(__)m

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

パノラマ劇場にて地ビールを飲みながら乾杯(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

パノラマパークのロープウェイは7分くらいなのですが、

いきなり動き出して娘がモヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!面白くて笑ってしまいました。

素晴らしい眺めです。。+゚.。+。(´ω`*)♪♪
しかし頂上に到着するとそこに広がる景色が本当に素晴らしい。

(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ
富士山は見えなくても駿河湾が素晴らしい。(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ
お茶やさんのテーブル席がまるで劇場で観劇するように駿河湾に向いています。
娘が勝手に饂飩とビールを注文し、ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;何勝手に買ってんだよ、
雄大なパノラマ劇場を観劇しながら地ビールを飲みました。
。*゜+。(O*'v`*)。+゜素晴らしい。
物凄く優雅な時間を過ごしました。
C地点まで結構な階段道なのですが、最近の努力の賜物か、母が最後まで歩くことが出来ました。
地下の食料品売り場まで階段で降りたり、ストレッチや、マッサージ、コラーゲンの甲斐あってか、往復出来ました。
疲れをとるために足湯にも浸かりました。
贅沢なり。
お土産物屋を物色し、トイレから出たところ迎えのバスが…
あっという間に東京に帰る時間ですよ。
東京駅では丸ビルでプロジェクションマッピングのくるみ割り人形を見ました。
少し大手町のイルミネーションを見てから帰宅しました。

意外にも2日間、時間は短かったけど楽しめました。
大満足d(ゝω・´)グッ

| コメント (0) | トラックバック (0)

三津と書いてミトと読む三津浦湾が突然眼下に広がる       ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

パノラマパーク行のバスに飛び乗ったのですが、バスは山に向かいます。
海に行くはずなのに、((((;゚Д゚)))これでいいの?
不安に思う頃トンネルを抜けると、

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

眼下に三津浦湾が広がり、くの字にジグザグと急降下してあっという間に港町、シーパラダイスに到着。
近くに千鳥海館があります。ラブライブとコラボしたチケットを娘は選んでいました。
(?_?)何?
10時半まで時間があるので日曜朝市を見学しました。
鬼柚子という化け物のようにデカい柚子はスライスして砂糖を振りかけるとさっぱりした味だそうです。
重いので断念。
マグロのテールが紐で結ばれていたのですが、傷むと困るので断念。
干物も断念。
結局1.5㎏のみかんを購入。重い…
10時半は毎回貸切状態らしく、貸切でした。
カモメの餌を100円で購入。かっぱえびせんですわ(-ω-;)
動物の瞬発力というか反射力って凄いですね。
餌を見せた途端怖い位どわって餌を求めて群がるんですよ。
目の前で状態を保とうと羽ばたくのです。
餌をあげ終わるまで悲鳴と笑いが止まりませんでした(*≧д)ノシ彡☆ホレ、クエー
私は一度しか手渡し出来なくて、怖くて餌を投げつけていたのですが、(*≧д)ノシ彡☆ホレ、クエー
母は手渡ししていました。
娘は一度も手渡ししなかったので肝っ玉が一番小さいですね。m9(^Д^)プギャー
船はその後、淡島をぐるりと周遊して25分で戻ります。
凄く楽しくて大満足。d(ゝω・´)グッ
来て良かった♬♩♫♪☻(●´∀`●)☺♪♫♩♬
しかし、ちょうどバスが出た後だったのでタクシーを呼びました。
パノラマパークまで1490円(TωT)時間がないからさ、仕方ない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

富士山は今回も雲隠れ・゜・(PД`q。)・゜・

京葉線の車中からくっきり見えたんですけどね、横浜超えたあたりから雲に隠れてしまいました。
翌朝も隠れて残念でした。冬なのに見れないとな(艸□`*)
朝、近くの神社とお寺を散歩しました。
本当は源氏山公園に行きたかったのですが、登り口が見つからず諦めて神社とお寺だけ訪問しました。
源の頼朝の足湯というのがあり、なんでも古文書が見つかり、源頼朝がこの辺りの温泉に寄ったらしいそうです。
神社はどこもそうですが、風情があって良いです。
特に脇の崖?防空壕の様に削られていて(゚ー゚*?)オヨ?なんか分からないけど、こういうの楽しい。
お寺の階段を登って途中、山を見ると朝日が昇るところでした。
お寺から日の出を見ました。
恐らく巣雲山?
富士山は結局、足利サービスエリアで見る事が出来たのですが、富士山が無くても長岡は駿河湾という絶景があるのです。
サービスエリアでソフトだ、富士山メロンパンだ、メンチだ、コロッケだ、たこ焼きだ、牛串だ、なんだと買っていたら太ってしまいました。
先週もそんな感じだったので太ってしまいました。
(艸□`*)だって、だって、15分のトイレ休憩でゆっくり選べないから、焦って買っちゃうんだもん・゜・(PД`q。)・゜・エッエッエッ

| コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆長岡【~~~(´▽`A)~~~】 江川邸、沼津御用邸の巻

歴バスのルーラという1時間に1本のバスに乗って江川邸に行きました。100円
江川邸
築400年の現存する日本最古の大名屋敷と放送が流れました。

土間にパン釜があるのが凄い(☼ Д ☼) クワッッ!!!
パン祖の碑が庭に有ります。1820年代だった気がするが200年位前にパンが焼かれていた事が凄い。

家系図が凄い(☼ Д ☼) クワッッ!!!
平安時代から42代?だったか?源氏から発生して今に至る。

家紋が凄い(☼ Д ☼) クワッッ!!!
井桁に菊の一六文、なんでも徳川将軍からこの家紋使っていいよって許可が下りたらしい。
しかも菊の御紋まで、凄い。

竹の花活けが凄い(☼ Д ☼) クワッッ!!!
何気に普通の花活けなのですが、実は千利休に献上?した竹の花活けが上野の博物館?美術館?どちらか忘れたけど、展示されているそうです。
江川家の敷地の竹で作られているのだそうです。ひびが入っているのが特徴だそうです。

交流が凄い(☼ Д ☼) クワッッ!!!
難破したロシア人を助けたお礼にロシア貴族の紋章に描かれているそうです。
ジョン万次郎の子孫とは今でも交流があるそうです。

お台場を作ったのが凄い(☼ Д ☼) クワッッ!!!
世界遺産に登録された反射炉で作られた大砲を海路で運んで、その大砲を置く場所が台場、将軍の命によって作られたので敬意を称してお台場とおを付けて呼んでいたのが今に至るそうです。
現在第3台場と第6台場しか史跡として残ってないそうです。

今でも使われる号令が凄い(☼ Д ☼) クワッッ!!!
右向け右とかの号令、あれを始めたのも江川家の方だそうです。

正直結構ぼろい建物だったので地主位に考えていたらとんでもなかった。
15万石を収める大名だったそうです。
丁度その日は年2回の中庭開放の日で、中庭は室町時代からのものだそうです。
時間が足りなかった、ゆっくり見て楽しみたかったので残念でした。
歴史に興味のない、無知な私でも楽しめる邸宅でした。

沼津御用邸
非常に考えさせられたのは手漉きガラスがドイツ発注だった事です。
日本人職人に頼むことが出来ずにドイツ職人に頼んだそうです。
一部日本人職人によるガラスもあるのですが、白いパテを塗る職人?作る?も居ないらしく、ガラスとパテの職人を育てなければならないのに出来ない現状に驚きました。
継続維持管理って大変なんだなって思いました。
もう一つ、電球も当時の電球の色と明るさを再現するために苦労しているらしく、職人が居なくなったらもうLEDになってしまうのかもしれません。
当時のままを再現するのに再現できる職人が育てられないって大問題です。
中庭の砂利石も最近のもので、元々は苔の二つの山だったらしいのですが、風雨で苔が枯れ、流され、当時を保つ事が困難で、砂利の庭になったようです。
ここもゆっくり見学すべきところなのですが、急いでセカセカしてしまったのが残念です。
御用邸の割に質素だと思いました。。

戸定邸もそうですが、昔のお風呂は風呂釜が無く、掛け湯式だったのが興味深いです。

(・-・)・・・ん?子供の頃に見た白土三平のサスケではお母さんとお風呂に入るシーンが今でも焼き付いているのですが、身分の高い邸宅に風呂が無く、低い者の家に風呂があったのかい?

宿の食事は正直残念だったのですが、追加で頼んだカサゴのから揚げは大変美味しかったです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

月に寄りそう金星が町の明かりの様に光り輝いていた☆

先週は具合が悪く寝込んでいました。
口内炎みたいな痛みが喉の奥にあり、腹痛でつらくて大根の煮物と豆腐の味噌汁とおかゆだけ口にしていたんですけど、治りそうもなく、
2か月前から予約していたので這ってでも水上に1泊旅行に行きました。
なのに娘は酔って朝帰り(´ж`;)ゥ・・ゥップ・・・気持ち悪い音させて寝込むし、どうするんだ?(ノ_-。)

お昼をTOKIA辺りで食べようとしたのですが、
私も娘も何も口に出来そうになく…「バスの中で吐くかもしれぬ」 ゙;`;:゙;・(;゚;Д ゚;)ブェッ
レギュラーサイズのスープだけ口にしました。
三菱ビルから丸の内シャトルバスという無料バスに乗り、日経ビルで降りるました。
竹橋駅近くから出るバスに乗って水上に向かいます。

到着するともう日暮れで、チェックアウト後家族風呂に入浴したのですが、暗く、ただの風呂って感じでした。
本当に源泉掛け流しなのだろうか?という位無色透明で無臭でサラサラの普通の湯でした。
所が、10分ほどしか入浴してないのに脱水でフラフラ倒れそうになりました。
凄い、
水を飲んで露天風呂に入り直しました。
もう夜で山間に月と金星が並んで輝いていました。
金星があんなに明るく輝いているのを初めて見ました。
本当に向こう岸の街路灯の様に輝いていました。
残念ながら紅葉は落ちてしまったのか枯れ木でした。
後から入ってきた方に「あそこに月と金星が並んでいます」というと「昨日TVで見た奴だわ、うれしい」と喜ばれました。
夜とはいえ目の前は渓流、ちらちらと光っています。
気が付いたら体の調子が良くなってました。
丁度夜食の時間です。
酔いがさめた娘は「生、生ビール!
「σ(ノ∀`)の誕生祝日祝いを兼ねて乾杯」という言葉を聞かなかったことにされた気がします…
( ´~)◇y ゴクゴク( ´▽)-3 プハァ~( ´□)_□ふぅう
(◞≼◎≽◟◞౪◟◞≼◎≽◟)こいつは…
猪の生姜煮はコンビーフ風で美味しかったです。
マスとマスのコのサラダは菊の花びらが散らしてありました。
これは子孫繁栄と長寿のメニューなのでしょうか?
マツタケの茶碗蒸しは一応松茸と分かる歯ごたえは有りました。
年寄り向きの軽めのおかずのお蔭で完食出来ました。

翌朝残念な事に7時前に起きて慌てました。
6時には起きて露天風呂に入るつもりでいたのに…
7時半の朝食まで露天に浸かりました。
食後母を連れて最後の露天風呂に浸かりました。
河原の石が残雪の様に白く見えました。
雪なのか?石なのか?そこへ丁度2両編成の電車が通りました。
母とすっぽんぽんで眺めました。
恥ずかしくないもんだね。
その後蛇の様に長く連結した貨物列車が通りました。
風呂を出て着替えるともうチェックアウトの時間ですよ。
早いですね。
良い天気で、近くを散歩する時間が欲しかったです。
東京行のバスに乗って帰りました。
帰りもシャトルバスで日経ビルから三菱ビルで降りました。
丸ビルでぎんだらの西京焼きとマグロほほ肉の定食がいつもより500円安いというので頼みました。
美味しい。
KITTEとか言うビルで丁度もうさレンジャーによるもうさショーをしていて、もうさ饅頭を頂きました。
上階で息を吹きかけると映像が見えるとか言う企画をしていたので参加しました。
しかし、母に息を吹きかけるんだよ、ッと言っても違う場所に息を吹きかけ、完全な映像を見ることなく終わってしまいました。
本当はイルミもみたかったけど、皆疲れ果てていたので帰る事にしました。
KITTEから地下でTOKIAに繋がっていて、そのまま京葉線の改札に出れると言う事が分かりました。
無色透明無臭のお湯だけど流石、源泉掛け流しの湯。
ずっしっと効き目があったようです。
(人-ω-)。o.゚。*・★Good Night★・*。゚o。(-ω-人)









| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »