« 富士山がヌラヌラ光っていた | トップページ | 春はそこまで »

2017年3月 4日 (土)

沼津は渋滞がダメだね。

東京駅に2時間も早くついてしまい、というか間違えてしまい、

東京駅の中に入りなおしました。
出るとき140円取られました。
モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!
足柄インターでお昼を食べたのですが、
森のレストランのローストビーフ丼が意外においしく、すき焼き味というのか、甘口のたれで軽かったです。
隣のマルシェでメンチカツ、足柄農場?のミルクジェラードも食べて大満足でした。
処が沼津から渋滞で予定していたバスに間に合わず、
ギリギリ最後のバスに乗ったのですが、
そのバスも5分遅れで到着したので、乗り継ぎのバスが目の前で出ていき、
手を振ったのですが、振り返されてしまいました。
えー目の錯覚か客が一人しか乗っていなかった気がするのだが、
つか、もしかして客はいなかったようにも思えるのだが、
乗せてくれませんでした。
本当は沼津港に出て、千鳥汽船に又乗って、カモメにかっぱえびせんを手渡しであげて、びゅうおを見学する予定だったのに。
仕方ないので御用邸の庭だけ見て回ったのですが、
梅が小さくてまだ満開ではなく、
庭としては寂しい…
宿に戻って入浴したのですが、風呂から海は見えないのだな。
仕方ないので道路を渡り夕陽を見に海に出たのですが、
道路を渡ると富士山が見えました。
富士山は影で暗かったです。
美しい沼津の夕日を楽しむことが出来ました。
部屋からも沼津の海が美しく、本当にのどかで漁船が渡るのを見るだけで癒されるんだなぁ。
アニメやドラマのようだなぁ。
翌朝も海岸に出て富士山を見たのですが、
沼津側の富士山は陥没した富士山で、河口湖側のように恰好よくない富士山です。
宿の料理は今回も(ノ_-。)。
朝食もダメでした。
追加注文の鯵の活造りは娘が発見したんですけど、本当にピクピク動いて居ました。
それは美味しかった。
2日目は三島に行きました。
沼津駅から一駅、となりの駅なんですね。
駅前の楽寿園に行くつもりだったけど、楽寿館ツアーと時間が合わないのでバスで柿田川湧水群公園に行きました。
改札出てすぐ目の前のバス、ちょうど出発。
ぐるりと見て回ってバス停に戻るとバスの時間。
楽寿園前で下車。
楽寿園を適当に散策、
ここイベント広場とかあって結構時間をつぶせます。
炭を使った真っ黒な唐揚げは時間がたっていて残念な味でした。見た目は凄くいいんだけど。
三島餃子はニンジンを練りこんだ皮にゆずと大根のおろしでさっぱり美味しかったです。
楽寿館は30分のツアーでその時しか中を見学できないのですが、とても良かったです。
殿様になった気分を味わえる庭です。
楽寿園に入園すると池の水がなく、なんだ?これ?って感じですけど、
6,7年に一度、満水になるらしく、
なんと今年がその6年目らしく、
じゃ秋に又こなけりゃいけないね、なんて、
しかも3か月で冬には水が引いてしまうらしいです。
三島なら日帰りで行けるな、と思いました。
沼津港は渋滞があるし、
バスの乗り換えが不明で、一つのバス会社ではなく、他のバス会社のバスに乗り換える場合もあり、
バス停も違うし、
ネットで調べても毎回違うバス停の名前が出てくるし、
1時間1本のバスが目の前でガラガラで出ていくし、
乗り換えない場合は18分位バス停まで歩かなきゃいけない。
タクシーを使って帰った人によると2000円弱位払ったらしい。
とても怖くて使えないから多分もう行かない。
長岡のほうが良かった。
パノラマパークは最近茶屋のテーブル席を作ったらしいのだが、それだけで凄い効果を発揮していると思うんだ。
あの、景色をとことん堪能して向き合ってくれ、って姿勢がいいよね。
沼津よりもしかして多比とか淡島あたりの方が余程のどかな漁村を味わえる魅力があるかもしれない。
帰りの東京駅で蕎麦屋に入ったのだけど、予想外においしく、
久しぶりにそばの香りのするそばで、 次回は更科を頼もうと決めました。

« 富士山がヌラヌラ光っていた | トップページ | 春はそこまで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359802/69807537

この記事へのトラックバック一覧です: 沼津は渋滞がダメだね。:

« 富士山がヌラヌラ光っていた | トップページ | 春はそこまで »