« 沼津は渋滞がダメだね。 | トップページ | 桜祭り »

2017年3月14日 (火)

春はそこまで

朝に鶯がキョ、キョ、ホ、ケヨ、キョ、ケからホケ、キョ、キョ、ホケに変化しました。気が付かなかったけど、近所に鶯がいるのだ(*´ェ`*)。

ムスカリのつぼみも開きだし、去年咲かなかった種が今年反応して芽を出したり、春はそこまで来ているのだなぁ(*´ェ`*)朝が楽しくなる時期が来ました。
昇仙峡に行く
バス停で昇仙峡行バスを待っていたんですけど、13分遅れで来たので凄い不安でした。
昇仙峡は入口までしか今の時期はバスが運行していなく、バスを降りたところで乗り合いバスが待機していて、そのバスに乗るのですが、1区画が点なのか線なのか分からない上、バスの扉の写真の場所までだというのだけど、その写真がどこだか、どの場所か良くわからない、みんなよくわかっていない。
しかもお得なチケット4枚つづり1000円なんだが、
結局影絵の美術館もロープウェイも同じ2区間で二人で1000円がお得なチケットで3人目は1区間300円なので1600円払うという。
2人が1000円なのに3人は1600円という…
誰もチケットなるものを目にしてないという…
影絵の美術館よりロープウェイの方が坂の上なのでロープウェイで降りたほうが年寄に優しいのでロープウェイで降りました。
お昼をロープウェイ前の水車の店で流しそうめんに鮎とイワナの塩焼きにしました。
流しそうめんは流さずに普通に食べたほうが食べやすいね…
ロープウェイで頂上に登ると甲府一の富士山の眺めと思われるような素晴らしい富士山を眺める事が出来ました。
実際に甲府からの富士山の眺めは先っぽだけでありがたみが薄く、京葉線からの眺めの方がいいと思う。
ロープウェイ下りたところにあるワイン王国のリムジンは自由に乗り込んで見学ができるので「おばあちゃん、どうせ一生リムジンに乗る事ないんだから乗ればいいのに」と娘、母は靴を脱ぐのが面倒でリムジンに乗りませんでした。
私は例えリムジンに乗れる機会があったとしても好みではないのでありがたさも何も感じませんでした。
坂を下りて影絵美術館では懐かしいケロヨンを見る事が出来ました。
ケロヨ~ン
作品の数は意外に少ないのですが、山下清と竹久夢二の作品も見る事が出来ました。
更に坂を下るとワイン王国の店が又あります。
ここは必ず寄ったほうがいいです。
なぜならダムから放水された川の水がそこから滝になって落ちる溜まりになっているところを見下ろすことが出来るからです。
この坂を下りたところで仙娥滝を正面から見上げられます。
昇仙峡は岩が巨大でゴロゴロしているのが楽しく、剥がれ落ちたような岩壁が面白いのですが、そんな巨石がどこにも触れずにとどまっているのが不思議な岩門など岩好きにはたまらないスポットのようです。
覚円峰から道はコンクリで舗装されています。
年寄でも歩いてがんばれそうな道でした。
一応宿の部屋からも風呂からも富士山が見えるのですが、
その日は見る事が出来ませんでした。
宿の食事は別に大したことないのですが、季節感があり、お酒が美味しく飲めるように考えられていて、料理長が挨拶周りまでして努力を感じました。
娘が七賢が美味しいというので最初が七賢、次に滝桜?にしました。どちらもマスにグラスを乗せてなみなみ注いでくれました。やはり酒があふれるっていいね。
あふれた酒に唇を寄せるのがいいね。
筍の炊き込みご飯に蕗味噌を塗って食べるとおいしい。
翌日は酒折駅から歩いて不老園という梅園を見学したのですが、山の斜面に梅が植えられているので年寄りには厳しいね。
ブランコがあって娘と二人キコキコ漕いだけどうるさかったね。
眺めはいいのだけど、母にはきつかったようです。
目と鼻の先にワイナリーが見えるのですが、坂が急なのでタクシーを呼びました。
ワイナリー見学をしたのですが、土日は工場が休みということで…
なんでも10月から11月に濁りのワインが出るのですが、あっという間に売り切れてしまうらしく、その濁りワインなるものを飲んでみたいと思いました。
最後が試飲なのですが、少なくても酔ってしまいました。
恐ろしい値段の古酒のような梅酒1杯200円も飲んでみました。
…これは…薬…ですね…
甲府に戻ってから藤村記念館までは良かったんです。
義洋風という宮大工の洋風建築が全国に存在するなんて知りませんでした。全部見たくなりました。
お昼を食べようと店に入るのですが、どこも満員で…
満員で、満員、満員、満員、地元民と思われるおばさんにこの辺に美味しい店はないですか?と質問したら「そこにカレー屋がある」
お礼を言うと「そんなんでいいの?」だって…(-_-X)
諦めて最後にカレー屋に入ったのですが…
もともと定食屋だったんだと思うんです、よく言えば和風。
おすすめのチベットスパゲッティ、凄く待ったんですよ。
まかないのナポリタンですね。
チキンを選んだんですけど、
ソーセージがチキンティカのナポリタンですね。
具にキャベツやニンジンを入れたナポリタンですね。
駅で千葉から甲府行の電車の存在があると知りました。
東京まで150分だそうです。
ただ、甲府(昇仙峡)で親切にお母さんの足にはきついよ、お母さんがかわいそうだよ、足が辛いでしょ、と声をかけてくる親切な人は信用しない方がいいというか、みんなグルだね。翌日甲府駅で観光?と声を掛けられ確信しました、甲府の人ってなんかいやだなって印象だけが付いてしまい、多分もう行かないと思います。
宿は努力してたんだけどねぇ。

« 沼津は渋滞がダメだね。 | トップページ | 桜祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359802/69922094

この記事へのトラックバック一覧です: 春はそこまで:

« 沼津は渋滞がダメだね。 | トップページ | 桜祭り »