« 会津と三春滝桜と花見山ふくしま桜気候2日間 長い | トップページ | 三春の滝桜 »

2017年4月21日 (金)

1日目、花見山

今年は天気がいろいろ残念だったけど、晴れ女の私たち親子最強伝説を信じてかっぱしか持って行かなかったのです。

郡山駅で雨が降っているし…
福島駅では曇りでしたけど、何しろ最強晴れ女コンビですから。
最初は花見山に行きました。
桜だけではなく、サンシュやシデコブシ、白モクレン、モクレン、レンギョ、菜の花、花桃、梅、ヒュウガミズキ、トサミズキなどが入り乱れて咲き誇っています。
残念ながら写真のような満開ではなかったのですが、ガイドさんによると今日のお客さんはおめでとうございます状態だったようです。
ちょっと感動したのはモミジの若芽です。
春モミジ、出猩々、でしょうじょうと言い、春は赤く、夏に緑に、秋に又赤く変わる不思議なモミジです。
赤やオレンジのモミジの若芽は柔らかく淡い。
御苑でもモミジの花の下で花見をしている風流な団体がいました。
桜の季節にモミジも赤い花を咲かせるのです。
枯れた山も柔らかく美しいのですが、静かです。
そんな静かな山が次々芽吹く瞬間を目にしました。
若い色がふわふわ山から吹き出したようです。
東北の人にとって春は一瞬に咲き誇る狂騒曲なのでしょう。
誰だって心かき乱される美しい歌なのだと実感しました。
もっとゆっくり見たかった。
ここの桜が美しいのは、ただ桜が美しいからではなく、美しい桜を美しいと感じる人に見てもらいたいというご当主の優しい気持ちが淡く滲んでいるからだと思いました。
バスに戻る時には晴れて桜が輝きだしました。
今回一緒に参加した方々はどなたも優しく、親切にして下さり、気持ちよく旅行できました。
又ガイドさんの話は現代に生きている語り部って感じで、まだ「ちえこ~ちえこ~」が耳から離れません。
担当の方も車いすの準備など気を使って下さり、本当に助かりました。
ま、大抵良い人に恵まれるのですけど、今回も良い人に恵まれた旅行でした。
続く

« 会津と三春滝桜と花見山ふくしま桜気候2日間 長い | トップページ | 三春の滝桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359802/70330854

この記事へのトラックバック一覧です: 1日目、花見山:

« 会津と三春滝桜と花見山ふくしま桜気候2日間 長い | トップページ | 三春の滝桜 »