« くつろぎ宿千代滝 | トップページ

2017年4月21日 (金)

2日目 会津武家屋敷、鶴ヶ城、大内宿、湯野上温泉駅舎、小峰城

東山温泉のすぐ近くに会津武家屋敷はありました。

トイレと風呂、台所など楽しめました。
ぼっとんではなく下に砂箱が設置されて、その砂箱を引き出せるように工夫されていたのです。
ただ会津藩の不幸というか、女性の強さというか、
色々掟があったようですが、決して女性が下に見られて口答えしてはならぬのではなかったのだろう、と自刃の再現人形を見て思いました。
このような誇り高い行動は大切に対等に扱われたからこそ出来たのでしょう。
役割分担されていたのでしょう。
蔑視された女性の行動ではないと思いました。
武家屋敷の桜の美しさは女性に対する優しい思いそのものでした。
鶴ヶ城の瓦は桜のがく色なのですが、昔は黒かったらしいです。
全国的にも珍しい瓦のお城だそうです。
お正月にお城の模型を見た中にあった、これが鶴ヶ城なのですね。
大内宿では高遠のネギ一本で食べる蕎麦が名物なのですが、湯女に産ませた子供を高遠に逃したけど、会津にお城を与えられて、高遠を懐かしんで食べたそばを食べてみたのですが、食べにくい。
諦めて箸で食べました。
湯野上温泉駅舎は残念ながら桜が蕾でした。
電車が入ってくるところを待ったのですが、
電車がローカルな電車ではなく、キャラクターが描かれたピンクの車体に特急以上の座席で、いわゆる固そうな長椅子の電車ではなかったです。
せっかくの茅葺の駅に最新の電車でがっかりしている人多数。
桜が満開なら素晴らしかったのだけど。
一本向こうは眼下に渓流の露天風呂の宿だらけです。
どうせならここの風呂に入ればよかった。
最後は小峰城。ようやく晴れ渡り、最後はお日様に歓迎されて終わることが出来ました。
新白河~東京はあっという間で、遠いと思っていたのは思い込みだったようです。

« くつろぎ宿千代滝 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359802/70332568

この記事へのトラックバック一覧です: 2日目 会津武家屋敷、鶴ヶ城、大内宿、湯野上温泉駅舎、小峰城:

« くつろぎ宿千代滝 | トップページ