« 1日目、花見山 | トップページ | くつろぎ宿千代滝 »

2017年4月21日 (金)

三春の滝桜

満開宣言が出たので平日にもかかわらず渋滞です。

TVも撮影に来ていました。
この桜を見に来た。
樹齢およそ1000年という枝垂桜は化け物のように手を広げていました。
母にも化け物と化しても手を広げなら生きてもらいたいです。
畏敬の念って言葉が難しくて、何だろう、何だろう、って分からなかった私です。
枝垂れ桜にはそういう謎の言葉を理屈抜きで分からせる力がありますね。
杖を突きながら、体をよじりながら一生懸命歩く人を見るときにも感じます。
三春の滝桜にも感じます。
母にも「いやだよ、格好悪いよ」などと言わずに誰に恥じる事なく、必死に生きてもらいたいです。
だから美しいのじゃないか。
ただ花が咲くだけならこの世にはいくらでも美しい花はあるのです。
でもそういう私は母のように努力なんて出来ないだろう。
だって叱りながら面倒見てくれるように子供を躾なかったから。
寂しい老後です、きっと。
母には三春の滝桜のように生きて欲しいです。
ここまで雨に降られず来れたのは母が努力してくれていたご褒美なのでしょう。
満開で良かった。
一番美しい姿で迎えてくれました。
続いて日中線跡枝垂桜は蕾で、雨で、残念な結果でしたが、途中、虹を見ることが出来ました。
旅行で虹を見る事が出来たのも母へのご褒美だと思います。
本当は夜桜も見たかったのですが、母だけでなく私まで風邪気味になり、諦めました。

« 1日目、花見山 | トップページ | くつろぎ宿千代滝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359802/70331470

この記事へのトラックバック一覧です: 三春の滝桜:

« 1日目、花見山 | トップページ | くつろぎ宿千代滝 »