« エレファントカシマシが30周年だって | トップページ | チャームからメダカが届いた »

2017年4月14日 (金)

紫式部が芽吹いた

枯らした、(;´д`)トホホ…と思っていた式部が芽吹きました。

朝日に透けて光り輝いて見えました。それが私にはかぐや姫に見えました。
髪の毛が焦げたような縮れた枝のしたから腋毛のように芽吹きだして、それが可愛くて、三角のおくるみに包まれたかぐや姫に見えるのです。
もしかして枯れた竹から新芽が吹いたのを朝に翁が目にしたらこんな感じで光り輝いていたんだろうな、って思いました。
🌸
浅田真央ちゃんが涙をこらえて振り返った時の笑顔が衝撃過ぎて、凄い人だな、こんな人いないって感動しました。
やはり光り輝いていました。
🌸
今日は母を連れて新宿御苑に行ったのですが、素晴らしかった。
どこもかしこもハラハラ、チラチラ、時に吹雪、やはり千駄ヶ谷門の桜は凄い、狂おしい。
ヒガンも、八重も、山も、ソメイヨシノも、ウコンも、枝垂れも咲いている、花海棠も咲いている、かりんも咲いている。本当に珍しく、同時に楽しめ、吹雪、素晴らしかったです。
🌸
先日は北の丸に行ったのですが、まだ千鳥ヶ淵の桜が残っていて、やはりハラハラ、チラチラ、美しかったです。
TVで放映される場所のあたりは花筏で水面が桜色に染まり、ボートが通ると墨流しのように模様を作るのです。
🌸
なんでも桜が水面に向かうのは水面の光を求めて向かうかららしく、
だとしたらイカロスは水面の太陽に手を伸ばせば焼き尽くされることなく翼を広げることが出来たのだろう、桜のように、と思いました。
そんな風に考えるとナルキッソスに見えた桜がイカロスに見えてきました。
🌸
満天星躑躅だと思っていたのは馬酔木でした。
馬が酔う木なのです。
🌸
この辺りでは目にしないみつまた躑躅、山躑躅ともいう、も楽しめました。
以前住んでいた団地のベランダから春になると必ず見ることが出来ました。
本当に素敵な躑躅です。
園芸種の躑躅より好きです。春を告げられた気がするのです。
🌸
極楽浄土を現世に再現した江戸時代の人に感謝したいです。
🌸
今年の桜も素晴らしかった、ありがとう🌸

« エレファントカシマシが30周年だって | トップページ | チャームからメダカが届いた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359802/70261223

この記事へのトラックバック一覧です: 紫式部が芽吹いた:

« エレファントカシマシが30周年だって | トップページ | チャームからメダカが届いた »