« 妙高高原2泊3日 | トップページ | 谷村美術館・玉翠園 »

2017年11月30日 (木)

妙高はねうまライン、ひすいライン

翌日朝は雪が降り始めたのですが、バスの中で日が差し、晴れました。

隣の黒姫駅から野尻湖で遊覧船でも良かったのですが、妙高高原駅で一時間以上待たなければならず、すぐ出発する直江津方面にしました。
二本木駅はスイッチバックという一歩進んで二歩下がる式の謎の動きをする駅で、ここのレンガと、糸魚川駅のレンガとトンネルのレンガが明治時代の東京電気工業の建物のレンガに似ているので、明治時代のレンガを僅かに残しているのかもしれません。
直江津で乗り換えるのですが、2両編成から1両編成になります。
どちらもトイレ付です。
直江津の駅には鉄道図書館が有るらしいのですが、改札を出ないといけないので寄りませんでした。
ここから新潟方面と富山方面に分かれます。
ひすいラインは富山方面。
能生駅にはすっごい、美味しい蟹の店があるそうです。
寄る時間が無いのが残念です。
ここからの夕日が又美しいそうです。
筒井の駅はトンネルの中にあり、土合駅のようです。
はねうまラインで連山を、ひすいラインで日本海を見ながら旅が出来ると思ったのですが、トンネルだらけでようやくトンネルを出たと思ったら糸魚川に到着してしまいました。
予定より早く到着したので糸魚川ブラック焼きそばを食べてみました。
イカ墨と烏賊入りの焼きそばです。
B級の値段にしては800円と高い気がするのですが、スープとサラダが付きます。
スープが中華のスープです。
糸魚川というと火事のあった所としか知らなかったのですが、日本列島が出来たときの大地の裂け目フォッサマグナミュージアムと翡翠の産地で翡翠美術館のある翡翠園と谷村美術館、駅併設のジオラマパーク、ひすい王国があります。
谷村美術館まではバスで100円。
地元のおじさんのおかげでバス停から迷わず入園出来ました。
バス停前の門に入ろうとしてしまいました。
一緒に降りた女性が観光協会で手に入れた割引券を使って100円引きで入れるからと親切にしてくださり、200円安く済ませました。
続く

« 妙高高原2泊3日 | トップページ | 谷村美術館・玉翠園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妙高はねうまライン、ひすいライン:

« 妙高高原2泊3日 | トップページ | 谷村美術館・玉翠園 »