« 何故だか祈っていました。 | トップページ | 落花盛ん・:*┗┫┣┷*.。・:*:・゚*:.゜.:**:.゜.:*:.゜.:*な旅でした »

2018年3月28日 (水)

・:*┗┫┣┷*.。・:*:・゚*:.゜.:**:.゜.:*:.゜.:* 美味しい桜

今日はデイサービスに母を預けている間急いで東京の花見に母を連れて行くための下見に行きました。

新橋から浜離宮に行き、そこから水上バスに乗って浅草に出る計画です。
浜離宮の桜はまぁ、別に普通なのですが、
菜の花が満開でビルとの対比が面白い効果があります。
サンシュの花を知らない方に偉そうに「中国から漢方薬として渡ってきた」と言ってしまいました。
新宿御苑のグリーンアドベンチャーで読んだだけなんですけどね…m(_ _)m
今の季節は水上バスが特別に隅田川公園の桜とスカイツリーを見るためにいつもより少し多く迂回運転をしてくれるのだそうです。
船から桜なんか見ながら浅草に到着。
これは車いすは無理だね。
人が多すぎる。
浅草にせっかく来たから浅草寺にお参りしました。
子供のころは雷門のおこしやでいつも五家宝を買っていて、雷門名物だと勝手に思っていたら埼玉の銘菓でした。
場所は同じはずなのに売っているおこしも、何か違う気がしたけど、五家宝は今も売られていました。
今まで一度も入ったことのない伝法院の庭園を見学しました。
300円でここまで充実して楽しめるなんて、素晴らしい。
そして浅草で一番の穴場でした。
枝垂れが満開で時折辺りを白く汚していました。
今時分は椿もぼっとり散らかるのだけど、
それが石灯篭にうまい具合に乗って笑いを誘っていました 。
私は毎回カメラマンが花の写真を撮っていると「これは冬イチゴですかね?ニガイチゴですかね?」と植物について質問するのですが、この頃は大抵知らないで撮影している人ばかりです。
そもそも教えられるほどの知識のある人が珍しいのですが、私はその珍しい人に教えてもらう事が多いのです。
そしてそういう人は考えたらカメラを持ってないなぁ…
仲見世通りは酷い人で昔の店など無いように思えました。
私の知る限り最中アイスは御徒町から湯島に上がる手前のバス停前の甘味処の店先で売られ、その後菊坂の甘味処でも売りに出したけど、浅草で売っているのなんか見た覚えもない。
子供の頃母や親戚のおばさんと入った和菓子屋を探したのだけど、
場所と店構えがここのはずの店は扇子やでした。
どう考えてもここなのだ、と思いお店の人に伺うと「和菓子屋はあっち、小さい店だよ」と教えてくれました。
小さいのです。
しかし、店は記憶より更に小さく畳2畳ほどの広さでした。
千代紙を手貼りした箱が積み重なっているのだけは間違いなく当時のままでした。
店主によると浅草でこの辺りで和菓子屋で千代紙の箱は家だけ。
先代が考案したのだそうです。
どのお菓子を買っていたのか記憶がなく…
多分一番普通のうぐいすとかゴマの餅だと思うんだけど、
気温が高いからカビが生えちゃうから売れないと言われてしまいました。
個人の客相手に商売してないらしく、個人客は少ないそうです。
私は全然興味を持ったこともない半生菓子を勧められ買いました。
正直高いわりに地味だし、買おうと思ったこともない菓子でした。
栗蒸し羊羹も気になり買ってしまいました。
四角い羊羹ではなく、竹の葉で歪んだ羊羹です。
ご主人によると古い店はここを含めて6軒しかなく、あとはみんな変わってしまったそうです。
昔は夜の店が多く、政治家や芸人がタクシーで遊びに来たそうです。
今は観光客相手の店と観光客ばかりだそうです。
そもそも多くの店の主人達の顔が幸せそうに見えなかった。
そんなこんな話を色々していたら上品な老夫婦が来店したので退散しました。
もう服装や醸す佇まいが上品。
体にきちっと合ったテーラー仕立てのような、しかし、華美さの欠片もない普通過ぎるくらい普通の地味な服なんですけど。
余りの混雑に母を連れて行くのは無理だな、と諦めました。
家に帰ってから早速半生菓子を口にしたのですが…
まず桜から
( Д) ゚ ゚衝撃の美味しさではないか…
何故今日まで口にしなかったのか後悔するくらい美味しい。
ボロボローネ?でしたか?ポルトガルかどこかのお菓子、
サクっとホロっと、解けるクッキーがあるでしょ?
あれですよ、あれ、
シャリっとホロっと口の中で溶けてなくなってしまう。
中の餡子が水羊羹手前の柔らかさなのか?
くちどけが良い。
蕨の方はきな粉とゴマを練ったものでねっちりとした食感を楽しめる。
そして味が上品。
菓子は甘くなければ美味しくない、という食通もいるけど、
そういう人にはほぼ味のない控えめな甘さ。
でも確かに甘い筈なのに口の中で甘さも消えてしまう。
美味しいアナゴの寿司の様に、消えちゃう。
消えちゃう美味しさなんですよ、ここの半生菓子。
で千代紙の箱を買おうとしたら予約制らしく、
今は親戚が作ってるらしいのですが…
予約かぁ、
次いつ来るかわからないもの…
と諦めたのですが、
余りの美味しさに絶対又行く、
ご主人がお店を続けている間に行くし、
行く。
と決めたのです。

« 何故だか祈っていました。 | トップページ | 落花盛ん・:*┗┫┣┷*.。・:*:・゚*:.゜.:**:.゜.:*:.゜.:*な旅でした »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・:*┗┫┣┷*.。・:*:・゚*:.゜.:**:.゜.:*:.゜.:* 美味しい桜:

« 何故だか祈っていました。 | トップページ | 落花盛ん・:*┗┫┣┷*.。・:*:・゚*:.゜.:**:.゜.:*:.゜.:*な旅でした »