« 落花盛ん・:*┗┫┣┷*.。・:*:・゚*:.゜.:**:.゜.:*:.゜.:*な旅でした | トップページ | 大原三千院、大原陵、宝泉院 »

2018年4月 6日 (金)

秋ではないけど落ち葉盛んでした

平野神社に到着すると落ち葉の風吹に迎えられました。
多くは楠でした。
平野神社の神文は桜、添乗員さんの名前も桜子、始まりが良かったです。
入口の桜が満開でしたが並木の桜は色が抜けていました。
それでも落花盛んな風花雪は幻想的で、時折屋根に吹きだまった花びらが吹雪くと見事、これを見に来たとさえ思えるほどでした。
境内には様々な桜が丁度見ごろで大内八重桜、衣笠桜が満開でした。
規模は小さいけど、多種多様な桜を楽しめる事が出来ました。
境内に楠の御神木があり抱き付きました。
樹齢400年から500年だそうです。巨木です。
その近くに日本最大の餅鉄べいてつがお祀りされていました。
母へのお土産はこの別名すえひろがねのお守りにしました。
磁石の様に張り付けお祈りしました。幵  *:.。☆..。.(´∀`人)・・・腰が治りますよう☆彡
平野神社は又来たい素敵な神社でした。
次が京都御所で、バスを降りたところから大文字山が望めました。
門の屋根は茅葺?という疑問にあれは檜皮葺ひわだぶきというのだと
ツアー同行の御夫婦が教えてくれました。
昔は「おーい登ってこい」と屋根に登らせて竹の釘を打たせてくれたそうです。
何処で登らせてくれたのかは忘れたけど、
主にヒノキの木の皮を重ねて出来ているそうです。
御所も桜が落花盛んで暗い林の中あちこちで光って舞っていました。
そんな中、暴れた老木の様に枝先を地面に付けたモクレン?の巨木を発見しました。
普通は見上げるモクレンをかがんで見下ろしました。
素晴らしい、こんなモクレン見た事も無い、一緒に見ていた地元のおばさんが御所は糸桜が有名なんだと案内してくれると言うのです。
しかし迎賓館が営業していたので急いで迎賓館を見て回る事にしました。
ここは平和で静かな場所ですから急いでみては駄目ですね。ただでさえ暑いのにダラダラ冷や汗掻いちゃいましたよ。ヾ(;´▽`A``アセアセ
糸桜は満開でまさに見頃でした。
でも時間ですから急いでバスに戻りました。
間に合った… (;´Д`A ```風情の欠片も無い忙しさ…
そこから大原へと向かいました。
続く


« 落花盛ん・:*┗┫┣┷*.。・:*:・゚*:.゜.:**:.゜.:*:.゜.:*な旅でした | トップページ | 大原三千院、大原陵、宝泉院 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋ではないけど落ち葉盛んでした:

« 落花盛ん・:*┗┫┣┷*.。・:*:・゚*:.゜.:**:.゜.:*:.゜.:*な旅でした | トップページ | 大原三千院、大原陵、宝泉院 »