« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月16日 (水)

雪解けを集めてはやし最上川

秋の宮温泉には夜10時半頃到着したのですが

ゆっくりは…出来なかった…
翌日は最上川川下りから始まりました。
船頭さんが3本の指に入る人気の船頭さんなのかバスガイドさんが皆さん運がいいと言いました。
添乗員さんも一番面白いと言いました。
それよりミスチルの桜井さんが奥さんと3人の息子を連れて良く最上川に観光に来るという話が一番印象に残りました。
爆笑の1時間を過ごしました。
庄内観光物産館に到着するといきなりチョゴリを着た女性がチジミの試食を勧めてました。
一番目立つ場所で。
食堂にはキムチとチンジャの試食が置かれてチョゴリの女性が自由に食べてくださいと宣伝しに来ました。
出るとトイレに近い場所でもチジミの試食販売をしてました。
何なんでしょうね?あれ。
ここは日本で庄内って地域なんですよね?
庄内の特産品はなんですか?
さっぱり分からないまま色が砂色の藻塩を買いました。
最後の羽黒山五重塔は雨が降り出したのですが、
母には無理だからバスで待ってもらいました。
そこだけですよ、雨が降ったの。
雨が母を避けるのか?母の不思議な力はなんなんだ?
娘にはつまらないかと思ったら以外にも感動してました。
ここはゆっくり見たいという私に珍しく同意してました。
!(・oノ)ノこんな素直な娘を見たことないΣ(・ω・ノ)ノ!
ただの五重塔を見て何が楽しいんだい?
って思うけど、古刹というの?
自然との調和が素晴らしく、心が洗われるんです。
特に石階段脇から聞こえるツチガエルの声。
木と木が擦れあいぶつかるような鳴き声は山の息のようです。
娘がこの階段は何故この幅なのだろう?
というのですが、
ガイドさんによると馬の脚に合わせた幅なのだそうです。
疑問にも思わなかったよ、私。
雨の羽黒山、美しかったです。
あっという間にツアーも終わり、山形駅は蔵王以来だね。
1階にあった銘品街が2階に移動してました。
6倍濃い抹茶のアイスを食べたのですが…
もしかして去年も食べたか…?(・・?アレ?
大宮はすでに雨で千葉も雨でした。
にもかかわらずほとんど雨に濡れることなく家に到着しました。
本当に母の不思議な力恐るべし。

| コメント (0) | トラックバック (0)

大曲の花火大会の何が凄いのか?

花火大会の会場は思ったより規模が小さく、地元の小さな花火大会会場レベルですよ。

海浜幕張の花火大会の方が規模が巨大に思えるくらい小さいです。
些細なことですけど、トイレの紙が切れないようにしたり、男女比を変更したり、交通規制をしたり、車椅子が動きやすいように誘導したり、地元開催者のおもてなしの心が伝わりました。
そして肝心の花火ですけど、
グランドフィナーレが3回あった。
いきなり最終回の連続みたいな構成です。
特に丸玉屋の花火の凄さは
「馬鹿野郎、花火は空に咲く花じゃねぇ、
宇宙創成の記憶、星の物語なんだよ、これは夢なんだよ」
って感じでどこまでも高く打ちあがり、大きく広がり、夜のとばりを震わせました。
本当のフィナーレは熱海が白なら大曲は黄金色に空を染めるって感じでどよめきが起こりました。
花火は本当に素晴らしいのですが、MCが安ぽく格を感じられない、音楽がやたら音が大きく、アメリカに忖度しすぎなのか、選曲のセンスが悪く、つまらなかったです。
音はもっと小さくして、地元の民謡とか、季節感のある曲にしてほしかったです。
例えば5月なのだからこいのぼりの曲とか、
ドンドンパンパンドンパンパン、とか
花笠音頭とかさ、日本語の日本人の音楽でいいじゃん。
なんで日本の花火大会で外国の音楽をかけるのだい?
これじゃ大曲がどこにあるのか、どんな文化があるのか?分かりはしないと思う。
冗談じゃなくカルフォルニアにあるのかい?って思っちゃうよ。
せめてレリゴォって地元演歌歌手が歌うならまだ良いのじゃないかと思うんだよ。
第一せっかくアメリカから参加した花火の特色が無くなってしまうじゃないか。
アメリカと日本の差が感じられなくなってしまう。
どこ行っても同じものしか売ってないイオンみたいじゃないか。
花火さえ外国人が打ち上げたらもうどこが大曲なのか分からない。
じゃ大曲で打ち上げる必要ないじゃん、カルフォルニアでいいじゃん、って流れにされたら大曲の人たちはどうするんだい?
カルフォルニアではドンパン流してもらえるのかい?

| コメント (0) | トラックバック (0)

最強の晴女ですから、良い状態で花火を見ることが出来ました。

娘はハヤブサに乗り込むなりビールですよ。

この人飲んでばかりですよ。
結局東京駅で購入したなだ万のウニのジュレと茶わん蒸し、温玉入りそうめんが一番マシな料理となってしまいましたよ。
盛岡でバスに乗り込むとバスガイドさんがさっきまでどんより曇っていたのに晴れてきたといったのです。
確かに少し晴れた。
けど二日間曇りでした。
このツアーは桜を見るツアーではないのですが、
八重桜や、枝垂れは(色を失ってはいたけど)咲いてましたし、御衣黄、山桜もひっそり咲いているのを見つけたりしました。
ただ角館は終わってました。
桜より春紅葉のオレンジが愛らしく、キュンとさせる色をしてました。
まだ所々残雪が残る東北の山を眺めながら田沢湖に到着したのですが…
ブルワリーっていうんですか?
金属の貯蔵庫っていうんですか?
地ビールが売られていたのですが、
トイレに並んだらハングルの大きな番宣パネルが置かれていて…
ここ、なんですかね?
チラシまで何とかキムのピアノリサイタルだしさ。
近くには朝鮮人を強制労働させたから観音様かなんかおかれていて、フーン、昔ならそれはひどい事をしたって本気で怒っていたな。
今は自分のウソがばれないようにアイツは嘘つきだと先制攻撃する手口がまさにって感じで信じなくなりましたね。
たつ子像はどうでもよかったのだけど、恋愛の神様に早く娘が結婚して幸せになってくれるよう手を合わせました。
100円で餌を買ってクニマス?に餌付けしました。
腹を光らせながら水面を叩いて群がるのを見るのは楽しい。
角館は石黒家と樺細工伝承館のみしか見れませんでした。
石黒家で解体新書を見ることが出来ました。
絶望先生のOPだよ、って探したけど絶望先生のOPで解体新書のバージョーンが見つかりません。
樺は桜の皮の事を皮が樺になったのか、桜の皮の工芸品の事なのです。
ババヘラアイスを食べました。
んー、味がね、あっさりはしているけど、味がね、
味を改良したらバカ売れするんじゃないかと思うんだけど、
味がね…
バナナのガムみたいな味です。
この辺りの名物なのかもろこしというお菓子をお土産に買いました。
もろこしと言ってもトウモロコシではなく、小豆のお菓子で香ばしくて美味しいのです。
花火大会会場はバス停から10分くらい歩いたところなのですが、夏は辿り着くのに1、2時間かかるのだそうです。
帰りはバス停まで1時間半から2時間かかるのだそうです。
更に、バスが高速に乗るまで2時間、宿に到着するのは夜中の2時過ぎ、明け方の事もあるそうです。
春や秋はそんな渋滞もなく穴場なので絶対春と秋に行った方がいいです。
なんでも春と秋の時期は雨が多いらしく、
去年は大雨の中真冬の寒さの中の花火大会だったそうです。
又地元の人たちが一生懸命会場を整えて開催にこぎつけてるらしく、地元民のおもてなし無しでは開催は無理なようです。
それと比べると私たち花火を楽しむのには最高のコンディションだったらしく、今日のお客さんは本当に良い状態で花火を見ることが出来る、と主催者がいってました。
。゚.+:。(・ω・)b゚.+:。
やー手を合わせて祈った甲斐がありました。
ただ、提供された弁当がですね…
パイプ椅子に座りながら食べるんですけどね、
寒いだけじゃなく、パイプ椅子一人分の幅しかなく、荷物置き場もなく、ご飯とおかずの箱が二つあって、冷めているし、
中身に揚げ物が多く、やたら品数が多く、
食べづらいし、落ち着かないし、屋台のアユの塩焼きとか食べた方が良かったな。
ごみを捨てに行かなきゃならないのも面倒臭い。
本当に要らない弁当でした。
続く

| コメント (0) | トラックバック (0)

大曲の花火大会は凄かった。

バナナの匂いがするという唐タネオガタマノキの花が咲いてました。

招霊の木といい、神を招き寄せるヲギタマから招霊と書いておがたまと読むらしい。
唐から来たのでカラタネオガタマというそうです。
近所に普通に街路樹(マンションの植栽)として咲いてました。
バナナ?かなぁ…ガムっぽい匂いです。
ダイエットの目票3kgに達したのにもかかわらず旅行で又3kg戻ってしまいました。
(;´д`)トホホ…
決して美味しかったのではなく、食い意地が張っているため、元を取るために頑張って食べた結果…戻ってしまった…
バスガイドさんが「今日、母の日に合わせて親孝行で参加された方はいますか?」と質問したのはおそらく我が家が手を挙げると思ってのことかもしれないが、
違うのです…
GWに娘の予定が合わず弘前に行くことが出来ずに大曲の花火大会に変更しただけで、偶然母の日に重なっただけ…
なのです。
そんなわけで12,13と大曲の花火大会を見にJTBのツアーに参加したのです。
福島、京都、大曲と参加して一番良かったのは去年の福島でしたね。
大曲は料理が良ければ良かったと思うんですけど、料理は要らないから、自分で調達するから、出さないでくれ、と心の底から思いました。
旅行から帰った次の日にデイサービスを休んで母を眼科に連れて行ったら先生にステントが取れている、目が急速に悪化している、と言われてしまいました。
えっと、母は全然痛がってないのですが…
先生曰くまつげが20本ぐらい刺さっているような痛みがあるはずなんだそうです…
本人は文字が読めていると言い張っているし…
なんだかさっぱり分からない…
目ヤニ?そういえば目薬がボロボロしている気が…
でも目薬がボロボロしていると思っていた…
結局ステントが取り出せないのかこのままこれまで通りにするしかないらしく…
えー、ステント取ってくれーと思ったのだけど…
言えなくてそのままです。
大丈夫なのだろうか?
えー、ステントどうなるんだよー(・・?
不安なんですが(;д;)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »