« 大曲の花火大会は凄かった。 | トップページ | 大曲の花火大会の何が凄いのか? »

2018年5月16日 (水)

最強の晴女ですから、良い状態で花火を見ることが出来ました。

娘はハヤブサに乗り込むなりビールですよ。

この人飲んでばかりですよ。
結局東京駅で購入したなだ万のウニのジュレと茶わん蒸し、温玉入りそうめんが一番マシな料理となってしまいましたよ。
盛岡でバスに乗り込むとバスガイドさんがさっきまでどんより曇っていたのに晴れてきたといったのです。
確かに少し晴れた。
けど二日間曇りでした。
このツアーは桜を見るツアーではないのですが、
八重桜や、枝垂れは(色を失ってはいたけど)咲いてましたし、御衣黄、山桜もひっそり咲いているのを見つけたりしました。
ただ角館は終わってました。
桜より春紅葉のオレンジが愛らしく、キュンとさせる色をしてました。
まだ所々残雪が残る東北の山を眺めながら田沢湖に到着したのですが…
ブルワリーっていうんですか?
金属の貯蔵庫っていうんですか?
地ビールが売られていたのですが、
トイレに並んだらハングルの大きな番宣パネルが置かれていて…
ここ、なんですかね?
チラシまで何とかキムのピアノリサイタルだしさ。
近くには朝鮮人を強制労働させたから観音様かなんかおかれていて、フーン、昔ならそれはひどい事をしたって本気で怒っていたな。
今は自分のウソがばれないようにアイツは嘘つきだと先制攻撃する手口がまさにって感じで信じなくなりましたね。
たつ子像はどうでもよかったのだけど、恋愛の神様に早く娘が結婚して幸せになってくれるよう手を合わせました。
100円で餌を買ってクニマス?に餌付けしました。
腹を光らせながら水面を叩いて群がるのを見るのは楽しい。
角館は石黒家と樺細工伝承館のみしか見れませんでした。
石黒家で解体新書を見ることが出来ました。
絶望先生のOPだよ、って探したけど絶望先生のOPで解体新書のバージョーンが見つかりません。
樺は桜の皮の事を皮が樺になったのか、桜の皮の工芸品の事なのです。
ババヘラアイスを食べました。
んー、味がね、あっさりはしているけど、味がね、
味を改良したらバカ売れするんじゃないかと思うんだけど、
味がね…
バナナのガムみたいな味です。
この辺りの名物なのかもろこしというお菓子をお土産に買いました。
もろこしと言ってもトウモロコシではなく、小豆のお菓子で香ばしくて美味しいのです。
花火大会会場はバス停から10分くらい歩いたところなのですが、夏は辿り着くのに1、2時間かかるのだそうです。
帰りはバス停まで1時間半から2時間かかるのだそうです。
更に、バスが高速に乗るまで2時間、宿に到着するのは夜中の2時過ぎ、明け方の事もあるそうです。
春や秋はそんな渋滞もなく穴場なので絶対春と秋に行った方がいいです。
なんでも春と秋の時期は雨が多いらしく、
去年は大雨の中真冬の寒さの中の花火大会だったそうです。
又地元の人たちが一生懸命会場を整えて開催にこぎつけてるらしく、地元民のおもてなし無しでは開催は無理なようです。
それと比べると私たち花火を楽しむのには最高のコンディションだったらしく、今日のお客さんは本当に良い状態で花火を見ることが出来る、と主催者がいってました。
。゚.+:。(・ω・)b゚.+:。
やー手を合わせて祈った甲斐がありました。
ただ、提供された弁当がですね…
パイプ椅子に座りながら食べるんですけどね、
寒いだけじゃなく、パイプ椅子一人分の幅しかなく、荷物置き場もなく、ご飯とおかずの箱が二つあって、冷めているし、
中身に揚げ物が多く、やたら品数が多く、
食べづらいし、落ち着かないし、屋台のアユの塩焼きとか食べた方が良かったな。
ごみを捨てに行かなきゃならないのも面倒臭い。
本当に要らない弁当でした。
続く

« 大曲の花火大会は凄かった。 | トップページ | 大曲の花火大会の何が凄いのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359802/73499342

この記事へのトラックバック一覧です: 最強の晴女ですから、良い状態で花火を見ることが出来ました。:

« 大曲の花火大会は凄かった。 | トップページ | 大曲の花火大会の何が凄いのか? »