« 奥入瀬、十和田、発荷峠、中野もみじ山 | トップページ | これを見に来た »

2018年10月26日 (金)

青森ワイナリーホテル

国体のためのジャンプスキー場が赤字でどこからも合併させてもらえない大鰐温泉の話を聞かされたのですが、

あじゃら山という山の頂上に佇むホテルをワイナリーが買い取り営業を続けているそうです。
夕食まで1時間、
帰りの弁当の予約をしないと決めた私はとっとと浴衣に着替え、お風呂に向かったのですが、エレベータで皆さんとすれ違ったら驚かれました。
髪の毛も洗い、体も洗い、露天風呂にも入り、新館に泊まる方のご好意で新館の部屋も拝見させてもらい、お土産屋ものぞき、ワインの試飲コーナーも調べてレストランに駆け込みました。
お風呂に入ったのは私だけだったみたいで…
皆さんに驚かれ、逆に何してたんですか?と聞き返したら、弁当の予約に時間が掛かったそうです。
一人1杯のワインがサービスされました。
バイキングではなく、落ち着いて食事出来ました。
味付けは薄く、ちょうどよく、健康的な量で美味しかったです。
ただ、これは素晴らしい、というのはありませんでした。
地元の名産の幻のもやしのお浸しはシャキシャキして美味しかったです。
楽しく話していたらバーママから「もうそろそろ試飲に行かないと終わってしまう」と声を掛けていただき、後に徳島から参加したと知った方と三人でワインの試飲を楽しみました。
500円で10杯分、1000円分飲めるというシステム、高いものは12ml、安いものは20ml、30ml、と飲めるのです。
バーママから部屋付けという方法を教わり、おみやげ物屋で夜に飲み直す為のスパークリングワインも部屋付けで購入しました。
私は酔って寝てしまったのですが、
バーママはその後12階のバーで青森の夜景を眺めながら年下のバーテンダーと二人きり、今まで飲んだ中で一番美味しいホットワインのカクテルを楽しんだそうです。
バーママの攻めた生き方に学ばせていただきました。
バーに一人で行くのは怖いけど、ホテルなら安心していけるからホテルでは必ずバーに行くそうです。
ほかに客がいなかったらしく、あじゃらさんの12階からの弘前の夜景、本土最北の夜景、静かに楽しむなんて贅沢すぎる!
そのお値段1200円お得すぎる、恐るべしバーママ
モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!
「なんだ、番号知らないから電話できなかったのよ、声かければ良かった」
バーママのおかげでなにも調べていなかった私の旅がとても楽しいものになりました。
皆、私が一番攻めている、元気だ、というけど、バーママには勝てません。Σ(゚д゚;)
強者っているんだな、しかも目立たずしっかり楽しんでる。
やり損ねて悔しいですo(;△;)o
翌朝の朝食はバイキングで、食べ過ぎてしまい、絶対食べると決めていたモンブランを断念しました。
次々と「モンブランは食べたの?」と質問され、その度に食べなかったことを説明しました。
皆良く覚えているなぁ、そんなに皆に宣言してましたっけ?
(・・?
あのモンブラン、バラの蕾のような雪山のようなモンブランでおしゃれだったんですよ。
朝から雨で濡れないようにバスに飛び乗りました。
今日は白神山地と後生掛自然研究路、八幡平頂上ですよ。
私の中のハイライトですよ、
そこが雨ですかつД`)・゚・。・゚゚・*:.。
長いので続く

« 奥入瀬、十和田、発荷峠、中野もみじ山 | トップページ | これを見に来た »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青森ワイナリーホテル:

« 奥入瀬、十和田、発荷峠、中野もみじ山 | トップページ | これを見に来た »