« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月23日 (日)

狐の嫁入り

せっかくだから一般参賀に行ってきました。
母を置き去りにして…人( ̄ω ̄;) スマヌ
私はただのミーハーです。
9時半に始まって10時には帰れて、11時には遅い朝食と勝手に思っていたのですが、(;´▽`A``甘い。
実は私、かなり前の方、皇太子殿下の列の辺り、というすんばらしく良い場所にいたのですが、
前の男性の頭と旗で全然見えませんでした…
天皇陛下は一瞬ですね、見えたのは…
皇后陛下も一瞬でしたね、品があって美しかったです。
大型モニターがあったらしく、周りの男性が旗を振っていたのですが、
私には見えませんでした。
晴れたり曇ったり、雨が降って狐の嫁入り現象が起きました。
でも不思議と雨もやみ、後ろの男の子が「狐の嫁入りは縁起が良い」と言ったので縁起が良いのでしょう。
日本は農耕民族だから、雨と晴れがあるのは豊作を予感して良い事なのだな、きっと。
最後はひたすら旗を振って
[●]\(´∀`*)バンザイ!!
君が代は何故か日本人に生まれて良かった、産んでくれてありがとう、という感謝の気持ちが湧き、声がほとんど出ませんでした。
しかし帰りがいけない。
この参賀、何度でも見られるらしく、前に陣取りしようとする人が帰ろうとする人を押して大変危険でした。
何回も来ていると思われる方がこんなことは初めてだ、全員一度出すべきだ、危険だ、と怒ってました。
私もそう思います。
このやり方だと、嫌がらせ目的の人が前方を占拠してしまいます。
又、転倒者が出てしまう危険もあります。
帰りはすでに沢山の人で埋まっていて中々前に進みません。
これでは帰れないではないか…
というより人がまだまだたくさん並んでいる…
あの広い行幸通りが人で埋まっている…
急いで帰りたいので行幸通りから地下に入り、丸の内中央から東京駅に入りました。
構内放送でもう参賀には参列出来ないような放送が流れていました。。
まぁともかく凄い人で点描の様に人の色が埋まっているのは壮観でした。
https://youtu.be/oVAuYW8bIjw
この中の旗の一つが私の振っている旗のはず…
ウォーリーより難しいぞ…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

最後は煙に巻かれて雲隠れの術

久しぶりにT.REXを聴いたんですよ。

トゥノゥユゥイズトゥラブユゥって実はフィルスペクターのデビュー曲だったんですね。
正しくはティディベアズのトゥノゥヒムイズトゥラブヒム
まだ18か19のフィルは作詞作曲に演奏までしていきなり大ヒットするのですが、プロデューサー業に転向し、ビートルズのプロデューサーとして有名でした。他にもたくさんのヒット曲を持つ。
私も子供の頃になんか知らないけど名前は知ってました。
最初はヒムだったのにビートルズが歌うときはハーになりました。
それからずっとT.REXの曲だと思っていたのはマークボランとガールフレンド(内妻)のグロリアジョーンズとのデュエットだったんです。
知らなかった…これデュエットだった。
ティディベアズ トゥノゥヒムイズトゥラブヒム
https://youtu.be/DCnUsInBQws
画像がボケ過ぎていて良く分からないが、ギターを弾いているのがフィルと思われる。
マークボラン トゥノゥユゥイズトゥラブユゥ
https://youtu.be/SK7gk5Pe-Tg
最初は女性が男性を見出し、興味を持ち、知る事は愛だと歌うのですが、
ビートルズの時は男性側が女性に
そしてマークの時はお互いが認め合うようにあなたと言い方を変えてこの恋愛は成就したわけですね。
やー、なんか壮大。
宮本さんは沢山のファンに愛されちゃっているからファンの数だけ知ろうとすると大変なことになるね。
だから私のようなのは一生知られないだろうけど仕方がない。
それが運命と言うやつだ。
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
因みにこの曲、フィルスペクターが9歳の時に亡くなった父親の墓標にトゥハブノウンヒムワズトゥハブラブドヒムとあり、それを着想して作ったそうです。
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
フィルスペクターはNY生まれのロシア系ユダヤ人、
マークボランの父はロシア、ポーランド系ユダヤ人だそうです。
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
フィルは後に奥さんを銃殺した疑いで逮捕されたのですが、検察不能ということで不起訴となったようです。
マークは29歳という若さで自動車事故で亡くなりました。
残されたグロリアとその子供は籍が入ってないということで路頭に迷うところだったのですが、デビットボウイが親友の家族ということで養育費を出したそうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

古のまちを歩いてみた

まぁ、悲しい気持ちばかりでいい事はなかったですね。

電車から懐かしがっていた方が良かった。
すべてが時代の波にのまれて変わり果てて、別の惑星でした。
私の住んでいたところはドン・キホーテのおそらく4階の真ん中あたり、か、後ろの方か、嫌いなので店に入る気も起きません。
あのゴウツクおやじのパーキングはラーメン屋になってました。
昔一度だけお宅にお邪魔したことがあり、いつも見上げていた風景を見下ろすようにガラス張りのリビングに大きな本革のソファの座り心地がムギュっとして、映画やドラマで見る成金のリビングそのものでした。
あの胸にもう一度のマリアンヌフェイスフルが柔らかな裸体に革のライダーススーツのファスナーを閉めてオートバイに跨るシーンを見た時に、そのムギュムギュ感が再現された記憶があります。
私の部屋から見下ろす位置にあった寿司屋の滝のある池も、夏になるとみんなで泳がせてもらったプールも、そこに行くまでに通る厨房も飲み込まれて消失してました。
寿司屋は残っていたけど、かつての栄華は無く、昼に弁当を売っているようでした。
銀座の寿司屋で食べても同じようなものに感じる、普通に美味しい店でした。
一番、店屋物で頼んだのはもやしラーメンでした。美味しかったなぁ、私にとってのラーメンはあのもやしラーメンでした。
親戚が来たときは鮨や、うな重を頼んだのですが、「やはり違う、美味しい」と言うのが不思議でした。
千葉に越して理解しました。もう、言葉もなく、閉口するばかりでした。
先輩の家のメダルやバッジを作っていたと思われる鍛冶屋も消失してました。
お花の教室も消失してました。
なかよしやリボンを買った本屋はそば屋になっていたけど屋号が先代と同じだから継いだのだね。
その隣の中華屋では蕎麦しか食べたことがないのだけど、数か月前もTVで紹介されて従業員寮も残されていた。
私が初めてメガネを作った眼科も残っていた。
それからお化け公園も昔のままだった。
ただ、地獄の一丁目を遊んだ丸いブランコは無くなっていたね。
私たちは動くブランコに飛び乗り、真ん中の棒を持ち、背もたれの部分に乗り、足で蹴飛ばし、棒を腕で揺らしながら「ここは地獄の何丁目?」などと言い、最初は1丁目、2丁目、そして最後が8丁目で目いっぱい揺らして動くブランコから飛び降りるという遊びをしていたのだ。
普通のブランコも一番大きく揺れた地点から飛び降りて、誰が一番遠くに飛べたか競ったのだ。
それから神社の塀を歩いたりしたのだけど、もう歩けないように柵がしてあった。
悪ガキは時代に関係ないのだろう。
私がブランコに乗って靴を飛ばしてしまい散々怒られた(寝たきりのおばあちゃんがいて、ガラスが壊れておばあちゃんに何かあったらどうするのだ、お化け公園というだろう、化けて出るかもしれぬぞと延々怒られたのだった)日本家屋のお宅はマンションになっていた。
一つ一つ書くと長々してしまうから殆どは端折る。
毎日通った近くの坂道は実は江戸時代からある坂道であった。昔は坂の上に犬が飼われていたのである。
近くの旗本の名前が付けられた坂道であったのだと初めて知った。
この坂道の先には有名な先生のお宅があり、しかしその先生が誰なのか知らなかった。加藤と表札にあった気がするのだが、こじんまりとした日本家屋でお屋敷ではなかった。
お屋敷と言うような屋敷もあっただ。
レンガ建ての洋館もあったのだ。
だからパーキングも寿司屋も成金だったのだ。
その先生の家の斜め前にはやはりお金持ちの兄弟の土地と言われた場所があり、そこは億ションという言葉の走りのようなマンションが子供の頃建てられた場所だ。
当時は守衛さんがマンションなのに居た。
私が知る限り、当時守衛さんがいるのは都知事邸と田中角栄邸であった。
まだチンドン屋が練り歩るいていた。
リヤカーを押した乞食がお化け公園に寝泊りしていたり、野良犬がいたり、金太郎飴の店の前を毎朝通り過ぎたころの後かもしれない。
同級生のテラードの店も無くなったいたが、私が決して口を開けなかった歯医者な意外なことにも残っていた。信じられない。孫が剥がれ落ちた文字をマジックで書いたと思われる、最高教育を受けた者の字とは思われない、拙さが良心を感じさせた。。
近所の内科は病院は無くなっていたが、ご子息は博士として表札を出していた。
耳鼻咽喉科も残ってた。
病院は結構残っていた。それと神社仏閣は残っていた。
同級生の店やビルで残っているのもあったが怖いから通りすぎるだけであった。
学校は残念な事に校章が無くなり、でも校舎は残されていた。近くの大病院から借り受けて保育所として残っているらしい。
守衛なのか入口にいて校舎を見る事は出来なかった。
きっとこの守衛はあの石碑が1階トイレで犯され殺された女の子の碑であると知らないのだろう。
昭和の時代にはTVで凶悪犯罪として取り上げられたりしたのだ。隣の公園から校庭を見ることが出来るのだが、泣けてしまった。
おそらく大病院の看護婦や先生の子供を預かるための保育園として存続させて頂いてるのかもしれない。
相当昔に昭和時代のグループ歌手が存続に乗り出したのを覚えているのだ。
デュークエイシス?だったろうか?忘れてしまったが出身校なのだ。
その公園のよく遊んだブランコはなくなったいたが、他は残ってた。アベック公園と呼んでいたのだ。実はアールデコ様式の公園なのだ。
冬には霜柱を踏んだ公園だ。
端折るがドラマに使われた坂道は桜色の絨毯がほんの一瞬なのだったが、その桜は切り倒されたのだろうか?
トイレ休憩のために寄った図書館に行く坂道でもあった。
ああ、懐かしい、この眺めも、まちを見下ろす丘だね。
図書館の前は同級生の家だったのだが、ビル?になっていた。
彼女は美人ぞろいの中でも飛び切りの美人で花椿の表紙から芸能界に入り、イレブンピーエムでビキニ姿でポールに巻き付いていたのだ。
藤本義一に胸がバスケットボールのようだと言われていたのだ。
エピキュリアン、髪を洗った少女みたいに
歌手としてもデビューしたのだ。
電線マン音頭の番組にも出ていたのだ。
ビート武に「なにがやだぁお父さんのだ」と言われた翌日には中庭を見下ろしながら同級生に「気にすることないよ」と慰められていたのを覚えている。
その隣のお屋敷はオンボロだが残っていた。
長くなりすぎる…
端折って端折って端折る。
年下の男の子を歌いながら遊んだ公園は…
私がいつも登って跨いだり寝転んだ木は無くなっていた、と言うか入れなくなっていた。
いつも寝転んでいた岩はあった。
親友が当時人気の演歌歌手が女性とデートしていたのを見た公園である。
その公園はさらに上が芝生の墓地だったのだ。
が、今は芝生ではなくなっていた。
実は軍用地であったというのは初めて知った。
それから又懐かしい駅からの道を歩いたのだ。
この道は俳優の寺田実とすれ違った道なのだ。
ご近所さんだったのか?たまにすれ違うのだ。
更に夕方の番組出るためデビュー当時のフェアチャイルド(YOUは大出世したね)が良く突っ立ていた場所は地下駐車場にでもなっているか?もう迷路歩いているよう。
又端折る。
最後にパンを川の鯉にあげているおじさんがいたので声を掛けた。
鯉は季節になると上流に遡上するので一年中いるのではない、カモメがいる時はパンを全部持って行ってしまうこともあるのだという。
ここに来るときはパンをあげるのだという。
おじさんは元調理師で地元の人ではなかった。
体が冷えるほどおじさんと話し込んでしまった。
おじさんによるとおかぁさんの8割が今働きに出ていて糖尿病の子供が増えているのだ言う。
草津に呼ばれ講習したらしい。
今の調理人はやたら味の素や砂糖を使うので驚いたという。
おじさんの頃は砂糖なんか使わずリンゴや玉ねぎで甘みをだしたのだと。
昔のとんかつは美味しかったけど今はだめだそう。
エビも昔のエビフライは甘くてぷりぷりして本当に美味しかったけど今はガッカリしますよね、と言ったら「昔は大正エビしかなかったから、今はブラックタイーガだから、タイの汚い池で育てられたえびだから」おじさんは絶対口にしないのだという。
マグロも昔はトロなんて売ってなかった。
赤みの水っぽい刺身だったのだ。
私の方が都会っ子だから赤かったが、おじさんは黒いマグロを食していたらしい。(それはもしかして血合い…?)
今より美味しかったという。
味の濃さが違うのだ。
今は薄くなった。
おじさんは50年後の日本を心配していた。
50年掛かるのか?私は空恐ろしいのだが…
又会ったら声かけてと手を振られた。
ペギーリー アイドンワナプレイインユァヤード
https://youtu.be/DsqO3eztLdw

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 8日 (土)

辛い歌

嫌いではないのだけど、嫌いではない。

けど、辛いなぁと思いながら聴いてます。
エレファントカシマシ 歴史
https://youtu.be/9q74lio8lXQ
最後の「それが僕らの未来さ」って…言葉になりません。
「死に場所を見つけた」なんて自殺のようだ。
けど、最近の日本はまるで死に場所を探す男のようだ。
来年は祷年
だと思います。
ひたすら祈るしか私には出来ない。
それが、残されし時間の中で出来る私の未来さ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

12月6日は6月12日…?

歯磨きしている最中に電話が鳴ったので出たら切れてしまいました…

はいモゴモゴレス、って喋り方が不味かったんですかね?
○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*
先週は高尾山に行ってみました。
いきなり高尾で降りても高尾山口ではない…と知る…
(;´Д`)電車が出てしまったぁ
いきなり柔らかいそば団子を食べてしまい…ダイエットのため1号路を歩くことにしたのですが、数分で後悔してしまいました。
5分後、今なら遅くない、10分後、戻るなら戻れ、と言い聞かせる私がいる…
リフト降り場に到着し安心しました。
天狗焼き?なる子供の頃見たこともないグルメに遭遇し食べてしまいました…。
私の子供の頃は途中に峠の茶屋のようなところで休んで相模湖に降りたもんです。
更に八王子牧場のソフトクリームなるものを寒さに震えながら食べました…(^-^;
仏舎利塔なる坂を上がると高尾山一番か二番の紅葉を見ることが出来ました。
仏舎利塔の後ろ、後方を囲むようにシベリア抑留者の墓碑等がありました。
その時ちょうどエレカシの曙光が始まりました。
久保田一竹の辻が花の着物を思い出しました。
命からがら日本に戻れた久保田一竹はシベリアの赤い太陽が忘れられず、その赤い太陽を表現したのです。
それは大きく、赤かったのでしょう。
私も子供の頃運動会の帰り道とても大きな夕陽を友達と見たのを忘れてません。
本当に大きかったのです。
私は英霊が曙光で私に伝えたかったのだと思いました。
彼らは日本人ですから、愚痴なんか女に言わないんでしょう。
日本にいる家族、大切な人に伝えたかったのは、あの、大きな太陽、真っ赤に燃える太陽、忌野際の血しぶきではなく、太陽だったのではないかと私は思いました。
きっと家に帰って愛する家族に「世界は広いんだぞ、それは、それはどでかい太陽が真っ赤に燃えて、きれいなんだよ、見せたかったなぁ、お替り!」
なんてご飯茶碗を差し出したかったのではないかと思ったら泣けてきて、深く手を合わせました。
愛とは愛する人を守るために戦う事なり。
ここと薬王院、それからリフト乗り場が一番紅葉が綺麗でしたね。
結局チーズケーキも食べて…太るばかりじゃないか!(`ε´)
昔は高尾山なんか行っても私一人しかいなかったして…
一人霧の中をリフトで登る私が危ない人に間違われないか心配したものです…
今は外人含め凄い人、人、人、、、、
エレファントカシマシ
パワー・イン・ザ・ワールド
https://youtu.be/61Rx1F_FEdQ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

仙人草が咲いていた

私が以前住んでいた所では夏の花だった気がするんですよね。

ベランダに凄く寒く涼し気な色して朝顔が咲いてます。
…夏咲かせる予定でしたのに…
塩害の日から咲きだし、
まだ咲き続けています…
蕾もあるし…
仙人草も塩害で驚いて咲いたのか?
もう冬だと言うのに…
今日は晴れたら平和の森に行ってみようと思っていたのですが、一日曇りらしいので赤羽に行ってみました。
きちんと調べて行けばよかった…
電車が遅れて東京まで1時間かかりました。
赤羽の駅に到着して直ぐエレカシの発着音が聴けるのかと思ったら、普通の音楽でした…(・・?
それより赤羽駅が大都会なのに驚きました…
エキナカがデパ地下みたいだし…
湘南新宿ライン乗り場のみの発着音だったのですね…
聴く場所が悪かったためにゴーという電車の音にかき消され…
しかも電車遅れてくるし…
20分でこの成果…
まともに聴こうとすると1時間掛かりそうだ…
帰りに又聴こう…
・‥…━━━☆・赤羽台団地に向かう
とりあえず何にも分からない…
やはりここは宮本さんに案内してもらいたかったよ、
「ここが毛躓いた石」あーこれが伝説のぴょん吉との出会いの場所なのね、
「あ、ひろし君行かないで、説明して!」m(__)m
この階段をジャンケンしながら「グリコ、パイナツプル、チヨコレイト」なんて遊んだのだろうか?或いは飛び降りて傍を降りるおばさんから「危ないから止めなさい!」と怒られたりしたのだろうか?
団地は見事に小ぎれいに変わり果てていました…
子供は毎日公園を渡り歩くものだ、という推理から
・‥…━━━☆・クラゲ公園に向かう
誰もいない…
このクラゲ遊具が昔からあるのかは疑問だが、あったとして、
きっとこの中をくぐって遊んだはず。幼かった宮本さんは女の子に、ここはこう屈んで、ここから向こうの出口を眺めるといいよ、って教えていたに違いない、と言う妄想m(__)mをして這入ろうとしたのですが、這いつくばらないと入れないので断念しました。
次にクラゲに登ってみたのですが、
お山の大将俺一人、と言うか本当に人が居ません…
降りる方が怖く…宮本さんは手を伸ばして降りるのを手伝ってくれたはず、多分…
「宮本君優しいね」
「ばかやろう、優しくなければ男じゃないんだ、強くなければ男じゃないんだ」
と褒めたのに怒られるという意味不明な体験を女の子にさせていたに違いない、と勝手に妄想して飛び降りました。
・‥…━━━☆・8の字公園に向かう
テキトーすぎる私の犯す間違いか?何処が8の字か分からない公園でした。
このライオンの親子が昔から居たのか知らないが、宮本さんが遊んだに違いないと妄想し、跨いでみました。
「俺に捕まれ、俺は今サバンナの草原の中を風を切って走っているんだ、分かるか?」
「うん、分かるよ」
「走れ、ジャングル大帝レオ!」とか言って「右」と言ったら右に傾き、「左」と言ったら左に傾く遊びでも喜んでいたに違いない、と言う妄想をしました。
どうやらごみ捨て場になっているようです、この公園…(ノ_-。)
又、見事に人が居ませんでした。(;д;)
・‥…━━━☆・梅林に向かう
次に階段を下りて外周に出てみました
あー、なんか町を見下ろす丘って感じがする、毎日これ見ていたんだろうか?
すぐ梅林に到着し、ここは地元のおじさんと思える方が散歩してました。
きっとお母さんお気に入りの場所だったに違いない。
すでに枝の先に蕾がたくさん待ち構えています。
勝手に初デートはここだったに違いない、と決めつけ妄想しました。
「男はさむらいだから喰わねど高楊枝なんだ」
手も握らず、厳しい顔で言ったに違いない…
「ふーん」…この沈黙は大丈夫なのか…
「帰ろうか」「うん」
・‥…━━━☆・商店街に向かう
ここには道合遺跡があったという看板と、看板の横に陸軍被服倉庫跡のレンガが展示してありました。
おじいちゃんが足の悪いおばあちゃんの手をひいて歩いていました。
トイレに入ったマルエツの無料ドリンクコーナーにおばあちゃんが座っていたので質問しました。
「ああ、飯田百貨店の上に住んでいたらしいよ、何階か知らないけど」
飯田百貨店は今は北赤羽に引越して工事中だそうです。
飯田百貨店はマルエツの斜め前、郵便局の手前、
道合遺跡看板前にありました。
商店街はとうになくなり…
今は新しいマンションのような団地に変わってました。
「これを見に千葉から来たの?」と驚かれてしまいました。
これを見に千葉から来た…んです。
今の商店街と思われる場所は昔は街路樹だったのか?緑の公園のようなものだったのか?そういう空間だったそうです。
もと来た道を戻り外周に出て見つけた坂道を下りてみました。
・‥…━━━☆・亀ヶ池弁財天、きっとこの池の亀、宮本さんに釣られかけた事あるに違ない…と言う妄想などしつつ手を合わせました。
平岩書店なる古本屋さんが近くにあったのですが、
殆どエロ本屋と化してました…
入口でエロ本を漁っているおじさんに支えられているだね、この本屋。(ノ_-。)
・‥…━━━☆・スズラン通り、lalaガーデンに向かう
デアって喫茶店が入り口近くにあり、すぐ見つかったのですが…
店員さんがツッケンドンで何も知らないと教えてくれないんですよ。
一番奥のレンガの席はおばぁちゃんが座ってお金を数えていたので帰るのかと思ったのですが、いつまでも帰らないのでおばぁちゃんの前に座ってしまいました。
「おばさんの席に良く宮本さんが座っていたらしいんですよ」
と言ったら譲るかな?と思ったらオムライス注文されてしまいました…
おばぁちゃんを宮本さんのお母さんだと思って話しました。
おばぁちゃんは元々は茨城出身だそうで、この店には40年通っているそうですよ。
おばぁちゃんの家からここまでタクシーで片道1000円かかるそうです。
今日は銀行にお金を下ろしに来たそうです。
72ですでに歯が一本もないけど食事は出来るそうです。
オムライスが大好きで、オムライスばかり頼むから太ってしまうそうです。
駄目だよ、肉とか野菜を食べないと、叱ってくれる人が居ないと駄目だよ、と忠告しました。
老人ホームに入るそうです。
コーヒーも飲み終えたし、店を出ました。
おばぁちゃん元気でね。(@^^)/~~~
赤羽公園も行ってみました。
この猫のモニュメントで遊んだのかなぁ?
もう妄想の余裕がなく…
駅のホームで「さぁがんばろうぜ!オマエは今日も」まで確認し、「くだらないとつぶやいて醒めたつらして歩く」まで確認して電車に乗って帰りました。
5番ホームが俺たちの明日で6番ホームが今宵の月のようにだったか、忘れてしまいました。
私も痴呆始まってますぅ( ノД`)シクシク…
地元の朝 エレファントカシマシ
https://youtu.be/n3RUzg23mM8

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

いつの間に宮本浩次よりおねぇ様になってしまいました。

酒飲むぞ!
昨日からなぜかチャラのいやを聴いてます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

永遠の旅人

…やー知らなかったんですけど、

永遠の旅人ってエレファントカシマシにもあるんですよ、
私好みじゃないから殆ど聴かないけど…
富裕層が税金を国に治めず、居住者となる日数前に別の国へと渡り歩き続ける事で納税を回避する事を永遠の旅人と言うそうです…
知らなかったよー
そういえば租税回避地としてバージン諸島があるという話で思い出したのがバージンレーベル。
セックスピストルズとかカルチャークラブを輩出した、
でも私にはXTCのレーベルなわけで…
バージンってそんな大手に思えなかったのですが、
あれよあれよという間にバージン航空なんか出来てしまい…
日本で言ったらナムコがナムコ航空作る様なもんじゃないですか?
日本ではほとんどヒット曲ないと思うんですけどね、
XTCの曲の中に魂の旅人と言うのがあります。
ザマンフーセイルドアランドヒズソウルってやつ、
https://youtu.be/pfRQGZUKS2Y
歌っているのはアンディパートリッジです。
なんかカッコイイ曲として好きだったので思い出しました。
スカイラーキングと言うアルバムの一曲なのですが、
調べたら32年前なんですね…

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »