« 最後は煙に巻かれて雲隠れの術 | トップページ | 平成理想主義 »

2018年12月23日 (日)

狐の嫁入り

せっかくだから一般参賀に行ってきました。
母を置き去りにして…人( ̄ω ̄;) スマヌ
私はただのミーハーです。
9時半に始まって10時には帰れて、11時には遅い朝食と勝手に思っていたのですが、(;´▽`A``甘い。
実は私、かなり前の方、皇太子殿下の列の辺り、というすんばらしく良い場所にいたのですが、
前の男性の頭と旗で全然見えませんでした…
天皇陛下は一瞬ですね、見えたのは…
皇后陛下も一瞬でしたね、品があって美しかったです。
大型モニターがあったらしく、周りの男性が旗を振っていたのですが、
私には見えませんでした。
晴れたり曇ったり、雨が降って狐の嫁入り現象が起きました。
でも不思議と雨もやみ、後ろの男の子が「狐の嫁入りは縁起が良い」と言ったので縁起が良いのでしょう。
日本は農耕民族だから、雨と晴れがあるのは豊作を予感して良い事なのだな、きっと。
最後はひたすら旗を振って
[●]\(´∀`*)バンザイ!!
君が代は何故か日本人に生まれて良かった、産んでくれてありがとう、という感謝の気持ちが湧き、声がほとんど出ませんでした。
しかし帰りがいけない。
この参賀、何度でも見られるらしく、前に陣取りしようとする人が帰ろうとする人を押して大変危険でした。
何回も来ていると思われる方がこんなことは初めてだ、全員一度出すべきだ、危険だ、と怒ってました。
私もそう思います。
このやり方だと、嫌がらせ目的の人が前方を占拠してしまいます。
又、転倒者が出てしまう危険もあります。
帰りはすでに沢山の人で埋まっていて中々前に進みません。
これでは帰れないではないか…
というより人がまだまだたくさん並んでいる…
あの広い行幸通りが人で埋まっている…
急いで帰りたいので行幸通りから地下に入り、丸の内中央から東京駅に入りました。
構内放送でもう参賀には参列出来ないような放送が流れていました。。
まぁともかく凄い人で点描の様に人の色が埋まっているのは壮観でした。
https://youtu.be/oVAuYW8bIjw
この中の旗の一つが私の振っている旗のはず…
ウォーリーより難しいぞ…

« 最後は煙に巻かれて雲隠れの術 | トップページ | 平成理想主義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 狐の嫁入り:

« 最後は煙に巻かれて雲隠れの術 | トップページ | 平成理想主義 »