« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月29日 (金)

花冷えの今日

一人、北の丸散策しました。

宮本さんと行くのではなかったのか?

…ま…それは置いておいて、

本当は靖国の桜の散るのをいつまでも眺めていたかったのですが、あまりの寒さに耐えられずに退散しました…

帰りにZ旗のストラップを買いました…ミーハーね…

「この戦いに敗れたら後はない」必勝の旗がZ旗ですって。

ついでに家紋シールも買いました。

、先日青淵文庫のタイルのドングリが気になり質問したところ、家紋が柏にドングリなのだそうです。

柏というのは葉が落ちにくいのだそうです。それで代が途切れない、繁栄の縁起物です。

それから晩香蘆の天井のレリーフがどう見てもタンポポなのですが…葡萄の房を下から見た図なのだそうです。

あの花は…葡萄の花らしいのですが…葡萄の花では明らかに無いという…

更に鳩が鳩に見えないという…リスがリスに見えないという…なんとも楽しいレリーフなのでした…

帰りに月桂冠のTHE SHOTを買ったのですけど、

もしかしてこれ既に試飲してます…

かなり酔っていたので記憶違いかもしれないけど試飲してます…

マグロのホルモンをつまみに大吟醸から飲んでます。

マグロのホルモン、これ最高に美味しいつまみなんですけど、牛筋とか好きな方はハマると思います。

えっと「あ、浮気したな、この口軽女」と言われないように言っときますけど、

浮気じゃないもん、本気だもん。

是非、田苑さんでも宮本浩次を採用してドラえもん歌わせてやってください。

あんなこといいな、できたらいいな、キャッチコピーで…

テレレレレレ、テレレレレレ、テレレレ、

ついでなので北関酒造も宮本浩次をお願いますだ。

北関酒造は栃木の酒造なのですけど、紙パックでヨイトマケという原酒を売っているのです。

庶民の味方よ。

父ちゃんのためならエンヤコーラを宮本さんが歌うと重すぎるのでこれは頼まないで下さいm(__)mもう本当に勘弁

無濾過生原酒の美味しいのに採用してくださいm(__)m

もうどこでもいいから皆採用してくれ!

なんか本人はお酒飲めないらしいけど…

一応義理は果たしたつもりでいるm(__)mこれで許してくれ

私が浮気したのではない、宮本さんを月桂冠が採用しただけだ…

英語が弱いので私は間接キスをされた気に勝手になって恥ずかしがってますm(__)mそんな意味はないのか…

あ、花火が上がった

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年3月25日 (月)

チューリップが咲きました。

宮本さんは何でもいいから賞を受賞したかったんだね。
だったら私が特別に賞を与えるね。
イエモンのラブラブ賞
字が違う?そんなの知らない。
賞金ない、トロフィーない、名誉もない、ンなもの全部ない、ない。
まぁ、自分で球根でも植えといてください。
咲いたら綺麗だね、と声を掛けてあげるんですよ。
女と花はそうやって育てるものですよ。
この賞で受け取れるものはそれ位かな?
でも毎年綺麗に咲いたら楽しくないですか♡

| コメント (0)

2019年3月24日 (日)

良く晴れた今日は桜三昧

今日はお墓参りに行ったのですが、お寺の枝垂れ桜が見事でした。
お昼は残念でしたけど、おばさんの恒例のおごりコーヒーは津田塾の桜を見ながら楽しめたので贅沢な時間を過ごせました。
色々様変わりしてフレンチレストランが駐車場に成ったり、おばさんたちは感慨深いものがあるのでしょう。
(高くてサービスが悪かったので一度しか入らなかったらしい、私は入った事もない)
おばさんたちも私もお寺から新国立競技場が目と鼻の先と初めて気がつきました。
てか何なの?あのビル?
なんでもおばさんたちによると昔は浅草から青山三丁目に降りてお寺にお参りしたそうです。
私は千駄ヶ谷から坂を下る道しか知らないので興味深かったです。
長男は浅草のお坊ちゃまで車で観劇に出かけたり、贅沢を知っていたらしいけど、他の兄弟は知らないまま焼け出されたのだった。
おばさんたちと別れて娘と三人で新宿御苑の桜を見に行きました。
ソメイヨシノより早い枝垂れ桜が見事でした。
毎年楽しみなメインの桜が軒並み既に咲いていて素晴らしかったです。
八丈木五倍子は八丈島で発見された木五倍子(きぶし)も咲いてましたね。
ヒュウガミズキの黄色は爽やかですし、山吹も吹き出し、ボケは見事でしたし、こぶしとシデコブシも咲いてましたし、あれはクリスマスローズというのだよ、これはタチツボスミレというのだよ、もみじの花も咲いていて、あれは三椏(みつまた)、こうぞという紙の原料なのだよ、あれは…洋花は知らないのだ、洋風の女の名前だ、きっと。
この季節目立たないけど、樹木の花がそこら中咲いているのだ。
大抵は黄色。
春の色だね。
千葉は黄色い菜花で染まる。
娘はち菜っちゃんというお菓子が好きなのだった。
私はやはり桜とか桃とか梅とか薔薇色が好きだな。
でも匂いはやはり水仙が好きだな。
水仙の口は黄色いね。
やはり春は黄色なのだった。
春の季節の色は季色なのだね。


| コメント (0)

2019年3月23日 (土)

ようやく復活したネ

昨日は増上寺と上野に行ってみました。
ついでに芝離宮恩賜公園に寄りました。
一番眺めのいい大木の所で今年から群馬県庁で働くことになった青年と気持ちいいですねとお話ししました。
後4日、その休日を八王子から来て高層ビルとの対比を感じていたようです。
園内は数は少ないけど、立派なボケや、山茱萸、おそらくシデコブシ、ヒュウガミズキが咲いていました。
桜もチラホラ始まり出してます。
これからもっと良くなるのだどお手入れをしているおじさんが教えてくれました。
今は門を閉じて淡水の池なのが残念です。
上野の桜もまだまだだけど、いくつかは始まってます。
本当はアルカディア書房がまだあるか歩きたかったのですが、それは次回にすることにしました。
狸神社にお参りしました。
ここには樹齢600年のご神木もあり、早咲きの色の濃い桜も楽しめる事が出来るのです。
お手入れしているおじさんが色々教えてくれて楽しめました。
え?ハートは(´∀`(⊃*⊂)…
それはおじさんの珍説ですか?
いや、これお尻だからって…
ちょうど灯篭の所に10円が落ちていて、おじさんがこれで他を抜くといいと拾ってくれました。
ありがたく受け取り、祈りました。
「米津玄師を抜きますように」
m(__)mフラミンゴ大好きですわ


| コメント (0)

2019年3月 6日 (水)

昔、私にエレカシのアルバムを貸してくれた彼女が

宮本さんがあるメンバーの名前を言う度に私の名前を呼んでいるようで不思議な気持ちになると言ってました。
その時はフーンという感じでした。
又宮本さんの出没ポイントは田舎の感覚ではご近所でしたから、あそこって何?とか質問されたりしたけど、私も良く覚えてない。
私の散歩コースではあった。
そのメンバーは寡黙で大人の色香が若くして備わっている危険な男タイプなのだけど、万年平野レミな私と名前を呼ばれたら一緒に振り返ってしまうのはどうなんだい?
宮本さんはどちらかというと田舎かっぺ大将だよね。
私とどちらか選べないで困っただす、とかいいそうじゃん。
○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*
「あ、早川さん、宮本君が私と早川さんが好きで選べないって言ってんだけど」
「あの、私I原君(成績優秀、スポーツ万能、万年学級委員長、現生徒会長)が好きなの」
「早川さん、I原君は私みたいに可愛いしか取り柄のない女のために一生懸命勉強しているので、早川さんみたいに男子からモテモテで勉強も出来る女に興味はないと思う」
「忠告しておくけど、あなたには宮本君がお似合いよ、I原君の事は諦めるのね、じゃ私下らない事に時間を割きたくないの失礼するわ」
…え…え…(´ρ`)え…
「南さん、どうしたの深刻な顔をして」
「実は昨日宮本君に好きだって告白されたの、でも私M瀬君が好きなの」
「南さん、アイツ私にも早川さんにも好きとか言ってんだよ」
「でも、さっきM瀬君あなたの事見つめていたじゃない」
「えっと、何かの間違いじゃない?私M瀬君から告られたことも、見つめられたことも、付け回されたことも、男子に囲まれてこいつ(私)の事が好きなんだぜ、好きなら好きって言えよ、って泣かされているのも見たことが無いんだ、てか南さんさわやか系が好きなんだね」
「私メロウなM瀬君の笑顔が好きなの、決めた、あなたに宮本君を譲るわ」
…え…え…(´ρ`)メロンな笑顔…ってどんなの?
あ、向こうからくるのは裏番長の外山先輩…目を合わさないでおこう…
「ちょっとあんた、宮本の事どう思っているのさ」
「え、宮本君ですか私良く知らないけど、いろんな女に好き好き言ってまるで一休さんですよ、私興味ないんで、本当に嫌いなんで、安心してください」
「畜生、なんでこの女なんだよ、ふざけんなよ、お前に何が分かんだよ、アイツは本当は心の優しい男なんだよ、痺れるくらいいい男なんだよ、今度アイツを悪く言ったらこの私が許さない」
「や、すいません、その、宮本君は男らしいのですけど、その、ハイ」
「悔しいけど、私は昨夜一晩考えて脛に傷ある私よりあんたみたいな脳天気な馬鹿女が宮本にはお似合いだって身を引くことにしたんだよ、宮本を幸せにしてくれよ、頼んだよ」
「え…」
え…え…(´ρ`)何を頼まれたのだろう…
てか、かみそり落としたままですよ…私が処分しておきますね…
「ちょっといいかな」
K津くん、君喋れるんだ…初めて声を聞いたよ
「宮本君の事なんだけどさ」
え?私K津君みたいな無口すぎる男は無理だから
「あ、私と宮本君は相思相愛だから、諦めて」
「っく、やっぱりそうか…よりによって君とは…せめて早川さんなら諦めもつくのに、君だなんて…僕の宮本君をよりにも君みたいな馬鹿女に取られるなんて、信じられない」
えーまさかカミングアウトされると思わなかったよ。
「仕方ない、僕の宮本君を泣かしたらただじゃ置かないからね、畜生、宮本君をよろしくぅ」
え…え…(´ρ`)よ、よろしくぅ?
「ねぇ、なんで男子は皆あんたに触りたがるの?」
うわ、面倒くさい女、寺田だよ、
つかK津君は「ほ(も)ほ(も)ほ(も)ほ」
「気持ち悪い笑い方するなよ、他の男子は騙せても私は騙せないんだからね、あんたみたいな女、宮本がお似合いだよ、他の将来有望な男をたぶらかすんじゃないよ」
え…え…(´ρ`)ぽか~ん
どいつもこいつも宮本宮本って…
あ、宮本君!
あれ?横にいるのは隣組の吉沢さん…
「これ、バレンタインのお返し、他の女子には内緒だよ、これ君にだけ特別なんだから」
「宮本君ありがとう」(^ε^)-☆Chu!!
(◞≼◎≽◟◞౪◟◞≼◎≽◟)っつ
(◞≼◉ื≽◟;益;◞≼◉ื≽◟)ふっふっ
ふん

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 2日 (土)

幸せな言葉で満たされる喜びをありがとう

今日は皇居外苑野鳥ツアーに参加するため娘に母を頼んで出掛けたのですが…

私のいい加減な詰めの甘さというか、緩さで…
時間を間違えてしまい…
誰もいない…という…
失態を犯してしてしまいました…
アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
しかし、スタッフの方とお会いすることが出来、
一年振りだというのに私のことを良く覚えて下っていて、
凄く、凄く、優しい言葉で満たしてくださり、
とても嬉しく、素敵な時間を過ごすことが出来ました。
沢山苦心させてしまっていたのですね。
本当は私が謝らなければならないのに。
一生忘れる事はないでしょう。
それもこれも私の美しさゆえに違いない!
罪深きもの、汝の名は女なり
d(ゝω・´)イエィ
ダックベーカー ノーラブ
https://youtu.be/PlNhAwwbAdk

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »