« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月26日 (金)

八重桜も終わろうと地面を盛んに汚しています。

基本誰も読んじゃねーよ、という姿勢で書いてるのです…

そんなわけで今回も誰も読んじゃねーから好き放題書くこととしよう。

私、以前から宮本さんにカバーして欲しかったのが南佳孝さんのおいらギャングだぞ、とスローなブギにしてくれ

おいらギャングだぞを宮本さんが歌ったら粋で鯔背な江戸っ子のあんちゃんの様に聞こえると思う。

スローなブギにしてくれは、女性は後ろから抱きしめたくなると思う。

宮本さんはもっとジャージーな歌を歌ってファザコンの女性の心を掴んでいいと思う。

宮本浩次には大人の男の色香が漂う歌を歌って欲しい。

頭掻きむしり男という偏見…でもない…先入観…でもない…を払拭させるかっこいい大人の男をその声で演じて欲しい。

それから松崎しげるの愛のメモリーも歌ってほしい。

もう知らない世代もいるかもしれない。

あの名曲をもう一度、

出来たら私のためだけに歌って欲しい。

おい、おい、(^^;)

 

| コメント (0)

2019年4月24日 (水)

今日は植物学の日なのだそうです

朝、林先生が紹介してました。

牧野富太郎という植物学者の妻の名前を付けた笹を紹介してました。

お墓に詠まれた歌に涙が出てしまった。

さらば箱舟を昔見たことを思い出した。

小川真由美が純朴な田舎の女を演じていて、愛する夫とは交わる事が出来ないのだけど、

愛する夫はどんどん名前を忘れるため妻の名前を紙に書いて胸から下げる始末。

どんどん狂っていく夫を前に怯えながらも愛する人と共にいる事が幸せなただの女が最後狂ていく内容であった記憶がある。

内容が難しすぎて理解する気も起きない映画であった。

が、何か得体のしれないエロスを感じたりして、

草を褥に

抱き合う二人が強い絆で結ばれているように思え、

それが私にはエロチックに感じたのかもしれない。

 

| コメント (0)

2019年4月23日 (火)

春菊の花が咲きました

春菊は切っても切っても葉が茂るんですよ。

でも気がついたら花芽が出来たので放置したら花が咲きました。

集団左遷に尾美ちゃんが出ているので楽しみに見てます。

今日知ったのですが、5日私のがおねぇ様…

尾美ちゃんが出てくると正座しちゃうもんね。

福山雅治がコミカルな演技なので「俺たちの明日」より「ドビッシャー男」の方がドラマチックで良いのに、

勿体ないと勝手に評価してしまう。

後妻業は女優さんの口紅の色と塗り方ばかり見てしまい…

あれはどういう戦略なのだろう…と妄想してました。

大全力疾走は録画し忘れて…

でも曲は凄く良い曲でエレファントカシマシの「今を歌え」

東京独身男子は…

君に会いたいダンスウイズユーとかいうの、

まさか掘って掘ってまた掘って、担いで担いでって一晩中踊る気なんですかね?

盆踊り会場で一晩中やっているところあるんですか?

それとも恋するフォーチュンクッキーのハート合わせを繰り返し練習させられんですかね?

ふざけんなよ、舐めんじゃねーぞ、おい、

あ、そこは舐めちゃ…駄目…です…

じゃなくて、

私は若い子にはエレガントで素敵な大人の女に見えるらしいからそれにふさわしい女でありたいわけです。

嘘ではない、営業トークであることは認めるが…言われたんだもん。

ね、がに股たこ踊りなんかしたくないの!

上品な紳士に素敵にエスコートされ、優雅に導かれて波に乗るように踊りたいわけです。

マイフィアレディのイライザも上品なヒギンズ教授と踊りたかったわけですから。

 

高橋一生の白目が心配です…二枚目俳優が捨て身でいいのか?

なんかどれもコミカルだね。

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年4月19日 (金)

寝言は寝て言え

今日は図書館で装苑を見ました。

装苑に宮本さんが出ているというので…

本屋で探して見つからなかったのでようやくですよ。

これは…逆鬼火…ですね。

この世の中で一番嫌いなものは生きそこなったおれの心

短足の私、足が届きません…

どうやって金玉蹴飛ばしてやればいいのでしょうか?

誘いこまれないようにズサッとヒールで踏みつぶしてやろうと思います。

足首捕まれないように脱いで逃げます。

ざまぁみろ。

アラジンのアホールニューワールドにも思えます。

ノーワントゥテルアスノゥ オァウェアトゥゴゥ オァセイウィアーオンリィドリーミング

基礎英語2で娘と辞書片手に訳したね。

先生に添削の手紙を出したらクリスマスカードをお返しに頂いて、毎年クリスマスには先生からのカードを引っ張り出して飾ってました。

先生がベターと発音すると講師男はベチャっと発音し、講師女はベハァと発音してました。

ビートルズのヘイジュードはベラベラ歌ってたぞ、発音なんてそんなもののようだ。

当時はともかく今の私に訳させると「寝言は寝て言え」だな

うん、寝ているね…宮本さん…

今夜はあなたも魔法の絨毯に乗っている夢を見てくれるのでしょうか?

流れ星の様に同じ夢を追って。

 

 

 

| コメント (0)

2019年4月18日 (木)

紅白のフェアレディZ

フェアレディZの50周年記念車を朝ニュースで見たのですが、

これは…50を取り囲む月桂冠の葉模様は…月桂冠そのものではないか…

しかも目出度い紅白模様、

もう宮本浩次記念車にしか見えない…という…ただダサい気もする…

紅白の車で思い出したのが新婚時代に最初に旦那が買った中古車ですよ。

恥ずかしながら出来ちゃった婚であった私、つわりが酷かったです。

35万だったか?の車に乗り込んだ時の販売員さんが心配そうに私の顔を覗き込んだあの表情は忘れられないなぁ…

その車を目にした友人が口を揃えて「この車やばい、やばいよ」って連呼するんですよ、ほぼ全員。

内側が赤で外側が白の目出度い塗装でした。

事故を起こすことなく乗り潰されました。

冬の花のMVも中のバラは赤く、車は白いね。

それだけの話なんですけどね。

近所のTHE SHOT全然売れてないんですけど、心配してます…

私の中では宮本浩次史上最高に私好みの柔らかい優しそうな雰囲気が醸されて好きなんですけど…

いつもこの浩次さんが素敵だと思うんですけど…

素敵すぎてシリーズ化して欲しい位なのに…

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

桜に抱かれた話

新しいお札のデザインが発表されましたけど、

偶然でしょうか?

今年は渋沢栄一資料館から桜を眺めましたし、津田塾の桜もコーヒーを飲みながら眺めました。

唯一、北里だけ眺めてないけど、もしかして運命の方が北里の桜でも眺めていたりするのでしょうか?

この辺りの桜も素晴らしく、桜のハシゴをするのですけど、

桜広場の桜は海風で枯れるので低く、まだ幹も細く、でも数が揃っているので、低く垂れこめた桜の雲海が吹雪き、桜色の沢がコロコロ転がりながら流れて吹き溜まり、地面を染めるのを見るのは壮観です。

桜色の地面と雲海の間にチューリップやパンジー、ネモフィラが咲いてます。

私は桜を映した面を汚すように散った花びらが漂う丸池からの眺めが好きで、そこから見える一面の桜の雲海が光るとそこにあなたが立っていたら素敵だ。お似合いの場所だと思うのです。

でも好きなのは総合スポーツセンターの筋肉質な血管の走った桜の幹で、

思わず跨り抱きしめた。

目をつむり桜に抱かれる夢を見た。

もし、つむじ風が吹いたら脳天まで舞い上がり一色に染まるだろう。

戸川純は樹液啜る私は虫の女と歌い、

アイコはカブトムシに例えた。

柔らかな日差しに包み込まれて私を離しはしないと感じた。

 

 

| コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

ようやく月桂冠のCMを見る事が出来ました

あまりにも可愛いのでファンがざわつくのは当然だと、私、思います。

皆大好き髭のない宮本浩次

しかし、私のファンがいない…

これは不公平である。

あまりに不幸である。

少しは憐れんで欲しい。

宮本浩次、お前が私のファンになれ。

ファンクラブ会長、会員番号一番になれ。

メンバーは集めるな、お前ひとりでいい。

勝手に曲を作ったら歌ってやる、お前だけに。

特別な。

あ、フリルの可愛い衣装を勝手に用意したら着てあげる。

武田鉄矢似のおばさんだけど、着てあげる。

こんなはずではなかったと後悔すんじゃねぇ、

あの、音が外れている、とか、リズムが取れてない、とか、言わないで。。

だから、緩いが身上なんだから、私。

おおらかに私の名前でも叫んで、勝手にブロマイド作って、今夜も夢に出てくれますように祈りなさい。

お前はMか?と聞かれたら宮本ですから、頭文字Mと答えなさい。

m(__)m

月桂冠のTHE SHOT美味しいお酒です。さっぱりした方は多めにアルコールで割っているね。

毎週一本ずつ買ってます。

土曜に黒い方、日曜に金の方と決めて飲んでます。

おやすみなさい

 

 

2019年4月 5日 (金)

使い方が分からないので文字しか入力出来ません。

もうココログやめて別のブログで違う名前で始めようかと考えてます。

内田也哉子さんの弔辞の言葉が素晴らしく、私は彼女の言葉に彼女の人柄、強さを感じて大好きになりました。

教養も知性もない私と違い、育ちの良さまで感じて羨ましい限り。

もっくんはエキセントリック過ぎて嫌いだったけど、彼女と結婚した理由を感じてから大好きになりました。

彼女の素直さ、生まれた時から抱え込んだ運命、宿命、逃れられない苦しみは、この人のために生まれて、この人を支えるために今日がある、男が女を愛する時を感じます。

もっくんは幸せなんだなぁ、と思いました。

美人女優やタレントに囲まれながら、きっと大企業の社長令嬢のファンもいたはずだと思うのです。

勝手な妄想爆発中…

でも、もっくんが選んだのは也哉子さんだった。

すいません、爪の垢を少し分けてください。

いえ、あの方に禿げに効く薬であると偽り飲ませてみようかと…

でも、あの方は仕返しに自分の鼻糞をダイエットに良いと私に食べさせようとする気もするんですよ…

なのでぞっこんラブの振り付けでも指導して下さるとですね、嬉しいです。

あ、宮本さん、そこは夫とではなく、おっとっとです、

いえ、おっととのおっとと、ではなく、

おっとっと、です、

ですから、おっとっとでおっととじゃなく、えっとですね、あれ?

m(__)m

不意に独身だった頃ケントスで後の夫となる人とパーシースレッジで踊ったなぁなんて思い出してしまいましたよ。

 

 

 

| コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

瀑布の様に咲く

私なんで桜が好きか分かりました。

こちらの桜は岩にせかるる滝川の花しぶきなのだと。

手でつかもうとするとすり抜け、形を変え、今はすぐ過去、これからはすぐ今に動いてしまう。

同じように見えて掴む事叶わず、いつまで眺めても飽きないのです。

あなたにとって私がそうであるといいと思います。

神代曙(この字でいいのか?)(曙吉野だったかもしれない)のあの辺りはきっと松の廊下で斬りつけた場所に違いない…などと勝手に思ったりして、

あの桜の瀑布は江戸時代には無かったものではあるけれど、

毎年弔って咲いているようにも思え、誰かがそのような思いを託して植えたのだと勝手に思い込んでます。

目黒川の桜が散るときは蝶が舞うように散り、

御苑の桜が散るときは雪の様に降る。

私があなたを思うときはサンズイで

サンズイの文字の様に枝から飛沫をあげ散るように咲いてますよ。

雅叙園の百段階段が秀逸で、

あまりにも素晴らしい贅の限りを尽くしたかつての日本の粋を堪能しました。

本当は事典を片手にあれは何という鳥でしょう?

あれは何という植物でしょう?

あの木材はなんでしょう?

どういう思いを込めたのでしょう?

あの場所はどこか探しに旅に出ましょう、

と決めたり、

そんな妄想をして帰りました。

 

 

 

 

| コメント (0)

桜の季節に生まれた人

昨日は母の誕生日で桜の花を観に車いすに乗せて連れたのですけど、帰り道段差に引っかかり転ばせてしまい…

指から血を出していたので慌ててゆうクリニックに連れたのですが、

内科では外科処置が出来ないというのでなつめ皮膚科に急いで駆け込みで、午前の受付に間に合いました。

指の怪我くらいと思うかもしれないけど、母は血液がさらさらになる薬を飲んでいるので血が結構出るのです。

そのまま放って置いてもいいのだけど、

やはり心配なのと、私が血が苦手で見ると芯から震えてしまうのだった。

やはりサラサラの薬の効果か止血が出来なく、圧迫処置?というの?そのまま、そのうち血は止まるのだけど、

やはり自己判断で放置して後に血で染まった布団に慄きたくなく、

一体、母の誕生日に何しに行ったという…

私は歯科大前の公園で桜を観ながらブランコに乗るのが楽しみで、

今年もブランコに乗って桜の帯を眺めたのだった。

母もブランコに乗せたかったけど、もう漕げないといって嫌がるし、もし怪我でもしたら寝たきりも怖いから私だけ楽しんだ。

こちらに迫るように咲く桜はまるで反物が広がるように見え、

母に桜は綺麗だねと言ってあげると来年も綺麗に咲くから必ず言ってあげるのだよ、というと馬鹿にしたように笑うのだった。

本当は浅間神社の枝垂れも見せたかったし、その奥のひっそりとした丘のひっそりと咲く桜も見せてあげたかったが、トヨペットの桜トンネルから公園の桜で良しとした。

新元号が令和で万葉集から取られたというのだが、

梅は外国から奈良時代に日本に渡り、外国に憧れて流行った物で、平安になってから日本の桜文化が花咲き、

私としては何か腑に落ちない気持ちが強く、

そんな事は杞憂であってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »