« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月22日 (水)

チキンハートな蛇年の豚

私の事じゃないか…

愚かゆえ怒り、貪り喰らう

それが人生の醍醐味ではないかと思うのですが、

煩悩万歳!

やー蜜は甘くて美味しいね♡

やはり毒なのか?

あいつは毒なのか?

しかし、毒は薬になるのだ。

結論、毒は薬になるから問題ないね。

甘いの大好き♡

トンネルの225は5月22日だったのか…

ただでさえ野獣行く細道で思う存分に暴れる宮本さんのやり切った表情に衝撃を受けたのに…

どう取り戻せば良いのだろう…

敗北しかなく、

というか椎名林檎…まさかのいて座、同じいて座…

で宮本さんと同じ午年…

それで半人半馬なんだね…

子供の頃、夏祭りでは毎年ヤマタノオロチを見たものです。

当時は道路が閉鎖されて櫓を組んで消防車が散水披露したりして、ヤマタノオロチの演武を見て、そのあとに盆踊りだったなぁ。

いつごろか屋内に代わって、当時ビーナスというグループがキッスは目にしてというヒット曲を披露したの覚えてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年5月18日 (土)

最近YouTubeの音が良く消える

再起動しても音がしないので困ってます。

起動すると毎回ワンドライブなる意味不明名なものにサインインしろとか邪魔ばかりするし、

便利な振りして人の個人情報をかすめようとか、操ろうとか、管理しようという人間の厭らしい性のようなものを感じてしまい嫌いです。

そんな風に感じるの私だけですか?そうですか?

---------------------------------------------------------------------------------

イオンのモール行き無料バスが今月で廃止されてしまうらしく、困ってます。

車いすの空気を入れるのに利用していたのに。

イオンスタイル検見川浜に自転車屋を作るか、ピアに作って欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------

インフルエンザが又流行っているらしく、ようやく暖かくなりだしたし、母に歩く気力が出来たら散歩再開させたいのだけど、

ゴホゴホしたり、本人が嫌がるから中々難しいところです。

TVを大音量でも見るようになったので起きようとしないより良いかと思う。

一応音を耳元で大きく出来る機械はあるのだけど、母は使い方を分からず、一人で勝ってに見る時は大音量なのだ。

もうびっくりするくらいデカイ音で聞くのだ。

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

三日目、鶴の舞橋、弘前公園

三日目の朝は晴れて驚いたことに虹を見る事が出来ました。

部屋の椅子に座って娘と二人、消えて見えなくなるまで眺めました。

はっきり、弧を描いた虹です。

令和二日目の虹、凄く縁起がいい。

晴れたのだけど、鶴の舞橋を境に雨雲色と青空に挟まれ狐の嫁入りというのですか、

晴れているのに降っているという…

ここから弘前城まで渋滞に嵌ると時間が掛かるらしいのですが、全く渋滞に嵌らず、30分程で到着してしまいました。

昨日まだ咲いていた桜はすでに散り、花筏は茶色に変化してしまい、夜の間に観ておいて良かった。

城内に♡に見える桜があるというので探しました。

ありました。

ありました。

見つけたよ!♡になっている。

桜と桜の間が綺麗な♡

しかもその時吹雪いてハートの中が水玉模様♡

多種類な桜のおかげでソメイヨシノは終わってしまったけど、枝垂れ桜は今が一番の見ごたえがあり、

娘と桜三昧しました。

…なんか何も弔ってないぞ…おい、

何か良い予感、♡何つぅって、

お前さん、大丈夫かい?

良いのかい?

良いんじゃないか?

もう、いいじゃん。

そんな感じでこの旅終了。

 

| コメント (0)

二日目、なまはげ館、大潟村菜の花ロード、白神十二湖青池、千畳敷海岸、鰺ヶ沢温泉、夜の弘前城ライトアップ

令和元年、いきなり朝一のなまはげショー、

私に決定的な運命を感じさせるありがたいショーだったんですよ。

男鹿、真山伝承館は昔ながらの正当ななまはげの伝統を守る真山の茅葺の家の中でなまはげを体験してもらうという内容なのですが、

これが凄く楽しい、面白い、そればかりか、なまはげに祈祷までしてもらう事が出来ました。

なまはげが落とした藁も拾ってお守りに出来ました。

令和早々なんてありがたい事だ。

何より運命を感じたのがなまはげの声の大きさ、

あれ?これ宮本浩次じゃね?

長髪で…宮本浩次じゃね?

大きなオメメ、宮本浩次じゃね?

宮本浩次とその仲間たち、ファンを敵に回そうともこれは宮本浩次だ。

試しに宮本浩次に藁の蓑を着せてみてくれ、もうなまはげにしか見えないから。

嫁のみつこをなまはげが探しているので手を挙げたが無視された。

どうもみつこでないとバレたらしい。

娘は何故か握手を求められた。…なぜ…

更に石川千秋というなまはげ面氏から直に令和最初の客としてなまはげの出刃包丁のお守りを購入した。

R、5,1。作家直筆、凄いでしょ?

お土産に恋人はなまはげを購入。

♡型の柔らかいクッキーです。

このなまはげ…顔が赤いの…

なに酔っぱらっているの?

まさか照れているの?

大潟村菜の花ロードは終わりかけとはいえまだ菜の花の匂いきつく、満開。

バスを止めた時桜が吹雪いて綺麗でした。

菜の花と桜の間の道に降りると道が消えて桜と菜の花だけになり、そう見た方がより、きれいです。

白神十二湖は霧雨ですから、白くもやって幻想的ではあるけど、青池の青は残念ながら見る事は出来ませんでした。

それでも綺麗な池でした。

主にミヤマサイシン、チシマザサ、エゾエンゴサク、三つ葉エンレイソウ、二輪草、山葵、スミレ、矢車草、ヒメアオキ、ハウチワカエデ、なんか咲いてました。

山アジサイに見えたのはガメの木といい、亀の甲羅に似ているからガメというそうです。

千畳敷海岸は結構な岩場で、透き通った海の水が青く、結構な深さが合って、落ちたらヤバい、ヤバいけど楽しい、海岸でした。

私たちロックウッドに泊まったのだけど、娘が何でグランメールにしなかったのだと色々文句を言ったのですが…そちらは追加料金が発生するのです…

色々グランメールにしておけば良かった…と…

ロックウッドは山の上にあるのだけど、モヤで真っ白な道をバスが進むんですよ。怖いったらありゃしない。

夕食後にバスに乗って又モヤの中、弘前城へ…

夜の方が桜が終わりかけていても綺麗に見えるという。

夜の間に本丸に登っておいてよかった。

翌日見たら凄い行列。

多分入るだけで40分くらい待つよ、あれ。

不思議な事に弘前城見学の最中は雨が止んで寒くもなかったです。

むしろ翌日の方がが寒かった…

一応一番古い桜と一番太い桜と、滝桜と、見る事が出来ました。

花筏も夜の方が綺麗に見れました。

こんな時も酒の試飲だけはしたがる…娘よ…お前は…

 

 

 

 

| コメント (0)

一日目、石割桜、角館武家屋敷通り桧木内川堤の桜並木、男鹿温泉

家を出る時も雨でしたけど、盛岡も雨でした。石割桜というのは盛岡の県庁所在地の裁判所の敷地内に咲いている桜で、石の割れ目から桜が生えているのです。

残念ながら桜は終わりかけていたのと、何の報告もなく駐車が出来なくなり、バスから覗くだけでした。

代わりに刺巻湿原に変更され、ここがとても良かったのです。

さしまき湿原は水芭蕉の名所なのですが、ザゼンソウに片栗、名前が分からないミヤマカタバミぽい奴、何かが咲いてました。

ザゼンソウというのは黒紫の水芭蕉みたいな、いも科の苞のような怪しい奴です。見ればわかります。怪しい。本当に怪しい。

露店の十和田牛の串焼きが350円で美味しそうだったので1本買ったら凄く美味しかったです。

地元のおじさんの気さくな感じと、地元料理って感じで本当はもっと食べたかった。

私の中のグルメスポットとして記録される。

角館は二度目だけど前回行ってない道を歩いてみました。

解体新書の絵を描いた小野田家を見学したり、桧木内の桜並木を歩いたり、比内地鶏のプリンを食べたり、しました。

今回は桜が咲いてました。

たてつ館の桜の根元にショウジョウバカマが咲いてました。

この花が咲くころオオムラサキがやってきて卵を産み付ける話を昔聴いたことがあったような気がするのですが、怪しい記憶です。

オオムラサキは大きな蝶で飛ぶときにバサバサ音がするそうです。

一度は見てみたい蝶です。

男鹿温泉は男鹿観光ホテルに泊まりました。

ここの8階の展望風呂からの眺めがなかなかよく、

日本海まで続く広大な、なだらかな丘の森林の間を桜がぽつぽつ彩って眺めているのが楽しかったです。

こういう桜がいいね。

展望風呂のガラスに映る温泉の波がまるで下界を見下ろすお釈迦様からの眺めのようで、ゆらゆらの下の広がる桜に

カンダタのような罪人が必死に糸にすがっているのではなく、

迷いながらいつの日か運命の人に引き上げられるのだというおとぎ話のようなロマンを感じました。

娘もかなり気に入ったようで、これはなかなかだ、と私に教えてくれました。

夜食に地元の名物料理、秋田杉の桶に焼石を突っ込でつくる漁師料理のショーを見ました。

800度?忘れたけど、赤く、チンチンに焼けた石を次々投入して、灰汁を取るのですけど、

最後はブクブク沸騰するんですよ。

その日はソイという魚の味噌汁でした。

白身の魚です。

中々贅沢な調理法で贅沢な料理だと思います。

8時からなまはげ三味線ショーがあるというのですが…

娘が平成最後をなまはげのショー、令和元年をなまはげのショーで過ごすってなかなかだ、というのです。

どうしてこうなったのだろう…

私の中でなまはげに興味がなく、なまはげなんか見たくなく、なまはげどうでもいいのだが、

平成の最後はもう酒飲んで寝たい。

明日は令和、令和がいきなりなまはげかい?

納得してない私と違い娘はなまはげショーで始まるなんてなかなかだと意味不明な関心をするのでした。

 

 

| コメント (0)

黄色と白と青の色彩めぐり菜の花めぐり弘前の桜と白神山地青池3日間

JTBのツアーに参加したのですけど、残念な事に3日間、晴れる事はなかっですね。

初日が平成最後の日で全国的に雨でした。

二日目は令和元年だけど、雨でした。

3日目は晴れたのですけど、狐の嫁入りで帰りに晴れました。

雨降って地固まる。

幸先の良い年の始まりではないかと思います。

実際とても良い事が起こりそうな予感の旅でした。

添乗員さんが今までで一番優秀で勉強になる方でした。

どう考えても添乗員ではなく、そのうち管理職になる人の優秀さっていうんですか?

そんな感じの方でした。

最後まで感心して「ゆっくり休んでください」と挨拶してした帰りました。

娘は相変わらず飲んベぇで…新幹線に乗るなりビール、ビール、ビール、バスに乗ってもビール、お土産屋で購入した酒、酒、酒、食事の際はビール追加で、風呂上りにビール、最後新幹線から降りるまでビール飲んでました…

もうね、あの人どうしようもないダメ人間だわ…

今回のメインは白神と(私が行きたい)弘前だったのだけど、

娘には一応、父親がこの弘前で大学時代を過ごし、川に飛び込んで泳いだり、桜の素晴らしさを語っていたことは話したのだけど、

この人…まったく川を探そうとか大学を探そうともしない…

この人…酒しか探さない…どの酒を買おうしか聞いてこない…

お土産なんて買わない…酒しか買わない、飲まない。

しかも私なんか行きたくもなかった、なまはげ館に興味示すし、もうこの人のセンス良く分からなかったけど、意外にもなまはげ館が良かったのだ。

令和初日をいきなり朝からなまはげショーというありがたい時間を過ごすことが出来たのだ。

知らぬ間になまはげに祈祷されていたのである。

実はこの旅のメインになってしまったのである…

詳細は又続く…

 

 

 

| コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

ハートの葉っぱを拾いました

突然変異か?軸から二手に分かれてハート型♡

探したけど、この一枚だけ。

奇跡の♡の葉っぱ、飾りたい♡

先日はテントウムシの雄が雌に馬乗りして振り落とされないように前足で背中を必死に撫でまわしてましたなぁ…哀れなり…

引き離したらボキって折れてしまうのかね?

残酷だからしないけど、どの位強いのか試しに剥がしてみたくなった。

アロンアルファより強いんだろうか?

本当は旅行について書こうとしたのですが、

宮本浩次の新曲と新CMで書けなくなってしまい…気持ちが落ち着いたら書こう。

これは…宮本さんのあふれ出る突発的衝動を伝えたかったのでしょうか?

…正直外国語より日本語で貫いて欲しかったよ。

若き日の宮本浩次の爪の垢を煎じて飲みなさい。

娘に頼まないとダウンロード出来ないのでいつになるか分からないけどきっと今月中にダウンロードする。

ソフトバンクのCMのあの表情は後妻業の木村佳乃の変顔?

それとも私の枕柄のヴァレンタインメッセージ顔?似ているんだけど…似すぎている…

でも横断幕とポスターの五線譜との格闘が格好良く、

海浜幕張で見る事は出来ないのだろうか?

オレアジだけは撮影場所が分かった。

いつもモール行くときに渡る陸橋だろうか?

なんてドキドキしながら見ました。

検見川浜には来ないのね…

旅行の際失くした手袋の片方が自転車置き場に置かれてて、両方揃いました。良かった。買わずに済んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »