« 日本海にそそぐ大河が鉛丹色に輝いているような朝焼けでした | トップページ | リボンってリボーン? »

2019年7月24日 (水)

世界は日の出をまっている

宮本さんの初ソロシングルが8時45分に届いたのですが、留守のため受け取ることが出来なかったのですよ。

結局午後に受け取ったのです。

いきなりですが写真の意味が気になり、勝手に原石を素足で取った事を表現しているのだな、

この黒い石は磨くと輝くのだな、

そしていつも彼が手にしたと思う魂そのものなのだ。

と勝手に判断しました。

よってこのシングルは磨き抜かれた作品ではなく、原石の持つ荒々しさをテーマにしていると判断しました。

月桂冠のCMのために書かれたゴーイングマイウェイはイージーゴーのような明るく元気な曲なのですが、

間奏のペケペケギターが気になり、

偶然金沢の蓄音機館で知ったレスポールではないか?なんて思ったのですが、違うのでしょうか?

この曲にはハイハイハイという掛け声が入っていて、

それはTレックスのソリッドゴールドイージーアクションを想起させるのです。

ソリッドゴールドイージーアクションとは

レスポールのギターの事で、

ソリッドなボディにゴールドの塗装、弦を細くする事で弾きやすくした

そしてレスポールとはアメリカのギタリストで初の多重録音を発明し、レスポールギターの発明者でもあり、

ギタリストであると同時に発明家でもある唯一の音楽家なのだそうです。

恐らく、レスポールへのオマージュではないかと思います。

レスポールは3番目の奥さんメアリーフォードとコンビを組んでハウハイザムーンをヒットさせ、

その後ワールドイズウェイティングフォーサンライズをヒットさせます。

世界は日の出を待っている

昇る太陽

かなりのハイトーンボイスで唄う昇る太陽。

噂では「好きだ!」という箇所があるらしいが、私には「月だ!」としか聴こえず…

太陽だと思ったら月だった…見たいな…この聴き方間違ってますか?

なんじゃこれは?!の

解き放て、我らが新時代

という題名覚えるのだけで面倒な題名は勘弁してもらいたいよ、今書きながら覚えたよ。

明日は我らとしか言ってないだろう…

私3以上は沢山って覚え方なんだよ。

かなりラフスケッチのような粗削りな曲で写真の黒い原石はお前の笑顔と俺の魂ってやつなのかな?

強引に前へ

日本語に変換しておいた。

歌詞を分析しだすと色々妄想で混乱するから止めておく。

誰か宮本のラブソングを勝手に分析してこのベイビーとこのベイビーは同一人物なのか?別のベイビーなのか?一体、約束っていつのベイビーに約束したんだよ!って分析してくれたら鵜呑みにすると思う。

やはり直近であれば有るほどラブソングについては聴いているようで聴いてなく、

そこは聞かなかった事にしたく、

宮本は珍奇男でも歌ってろよ!って感じでスルーするじゃないですか?

女性ファンってそういうものじゃないんですか?

私だけ?

今度暇こいたら女の感というやつで分析します。

感だから、感が正義だから、笑って流す奴だから、ね。

本気で違うとか否定されると困るから。

泣いちゃうから、私。

宮本さんの挑戦はいつも売れない…と思うんだけど…

挑戦する宮本浩次が潔い。

と私は思いつつ、

お前の髭不快なんだよ!

最後は砂を掛けるのかよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

« 日本海にそそぐ大河が鉛丹色に輝いているような朝焼けでした | トップページ | リボンってリボーン? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本海にそそぐ大河が鉛丹色に輝いているような朝焼けでした | トップページ | リボンってリボーン? »