« 緑色の夜空に咲く花火のような烏瓜の花 | トップページ | PCが発狂してしまいました »

2019年8月16日 (金)

合歓の花が咲いてます

ねむのきの花が咲いてます。

この季節、百日紅と合歓、夾竹桃、芙蓉、百合と意外に千葉は夏の花が多いですね。

ちょうど鬼ぐるみの実も乳房のように垂れ下がり、

今日の様に風の強い日は地面に叩きつけられて落ちたクルミを拾うのにいいのかもしれません。

合歓という字が不思議で、ずつと眠りの木と思つていたのに、合歓なのです。

夏の季語で花言葉は歓喜だそうです。

合歓をごうかんと読み、夜になるとともに葉を重ね合わせる様子から夫婦円満の象徴だそうです。

日本ではこれをねむと読む。

なんでも合歓の花を酒に付けたものを飲ませると不機嫌な旦那の機嫌が良くなる伝説があつたそうです。

ふむ、みやもんに毎晩飲まさせねばならぬ。

いいから、飲め。

殺さない、死なない、私そこまで殺意抱いてない。

チャラのジュニアスイートを聴いているのですけど、

当時も好きだつたけど、やはり、いいのよ。

知らなかつたのだけど、スカパラと共演していたのだ。

そして育ちが良いのか合歓を歌つてもとても上品というか、

合歓の花を満開に甘い芳香をまとつて咲いているんです、チャラは。

やはり素敵だな、と。。。。。♡

 

 

 

« 緑色の夜空に咲く花火のような烏瓜の花 | トップページ | PCが発狂してしまいました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緑色の夜空に咲く花火のような烏瓜の花 | トップページ | PCが発狂してしまいました »