« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

死霊の盆踊り の巻き

娘と観に行ったんですよ、夜に。

寒さ対策万全にしたせいで館内の暑さに脱ぎました。

巨乳が目立つじゃない…

毎回思うんですけど、最近の漢字変換が本当に正確じゃなくてイライラする。

管内を直さないといけないとか、英語への変換はなぜが親切になっているのに。

日本人なら日本語で歌えよ!

話はそれたのだけど、

江戸木純さんとえのきどいちろうさんのトークショウが一番面白かったです。

メモしておけば良かった。

映画の方はですね…

女性の肉体美を楽しむ映画ですね。

男性に空想させたり、幻想を与える踊りとはこういうものなのだな、と勝手に参考にさせて頂きました。

盆踊り…

本当に盆踊りなのだから凄いな、と江戸木純さんを尊敬しました…

まぁ、睡魔と闘いながらですね、ようやく終わった…感じです。

映画の方がオマケでしたね。

32年前に公開した時は自費で監督自ら顔を高揚させて来たそうです。

一日限りの公開なのにロードショウと勘違いしたんじゃないのか?

とか、

観客を見て「ヤングジェネレーション!」と言ったとか、

邦題の話とか、

面白かったです。

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年12月27日 (金)

ポチっちゃいましたよ

Mステ今みたんですけど、

宮本さんは良かったです♡

ただ慌ただしくて何か曲の雰囲気と合わないですね。

勿体ないとおもいました。

今回は脱がなかった…

けど、あの暑苦しい髪は何とかならないんですかね?

長髪の不二夫ちゃん…言葉もないです…

海浜幕張に今いるのか。

キュン

明日もだよね?

でも私…映画を観に行っちゃうんだ…

面白いといいな♡

宮本さんのアルバムが3月に出るらしく、

ポチっちゃいました。

それも3つも…

20020円なり

カレンダーはまだかな?

ファンとしてきちんと貢献してますm(__)mよ

( ゚Д゚)ネムヒーから寝る

 

 

| コメント (0)

2019年12月24日 (火)

クリスマスプレゼントをした

今日は午前中ユウクリニックで健康診断をしました。

母のおしっこがかなり濁っているらしく、抗生物質の薬?をもらいました。

午後はいそべ歯科で母の入歯を新調しました。

先週母の入歯が欠けてしまい、歯抜け状態だったので新しく作ることになったのです。

本当は一番安い2万円の入歯にしたかったのですが、母の入歯が高級品で…

違和感が強いらしく、そうするとただでさえ食べない母が食べなくなってしまう…

入歯ケチって死んだら後味悪いじゃん…

8万のじゃ駄目なのか?

やはり違和感あるらしく、年寄りって些細な差でも敏感じゃない?ぼけてるくせにさ、

27万5000円ですよ!

もう私の中では30万扱いですよ!

年末に真面目な話、痛い…

先生が頑張ってくれまして、歯医者に連れて行くのも面倒くさい私のわがままに合わせて入歯を作る技工士?さんに頼んで今日入歯完成品を試着?しました。

先生曰く「今年一番の出来」「普通3、4回直すのに一発で合うなんて凄い」と技工士?さんを褒めてました。

昼に入歯なしで鶏肉も海鮮巻きも食べてたから入歯いらなかった?て話ですけど…

骨って薄いんですよね?

支え合う歯がないと負担がかかってまだある歯も抜けてしまうのも困ります。

先生が頑張って今日完成させれくれたのだからクリスマスプレゼントということで…

親不孝をしている皆さん、孝行したことない方!安心して!

これから高級入歯プレゼントしたり、歩行器プレゼントしたり、車椅子プレゼントしたり、いくらでも孝行するチャンスはあるから!

それまで不幸者でも大丈夫かも…よ

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年12月23日 (月)

悲願を感じた

夕べはカバーフェスという番組を見たのだけど、

良かったです。

エレカシのカバーズを見ておけば良かったと後悔しました。

なので今回はしっかり見ました。

田島くんと宮本さんが並んでいる、もうこれだけでお腹いっぱい(^.^)笑う

田島くんに何してんの?

いい加減にしなさいよ!

宮本さんの冬の花…

今回も良かったです。

そして最後の「あなた」

なんと小坂明子さんご本人が史上最高とツイートしているではないですか?

私EP持っていたんだよね。

当時私は母と日本舞踊を習っていたのだ…

もうチントンシャンしか出来ないけど…

母が踊っている間に歌詞カード読んだり、脳内再生していたなぁ…

宮本さんの「あなた」は女心ではなく、完全に男心の歌だった。

私は悲願を感じた。

赤いスイトピーも男心の歌になっていた。

多分長編の多分長編の長編小説のように長い長い物語なのだと思う。

私は成就を願った。

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年12月19日 (木)

くれゆく夕べの空

宮本から君への池松壮亮君が好きだという「寝るだけさ」を最近は聴いていたのですが、

今日は「くれゆく夕べの空」を聴いています。

自分の声って録音すると違うじゃないですか?

なんかモヤっとして自分の笑い声ボイスレコーダーで聴いてみたんですよ。

あれ?

なんか似ている気がしなくも無くもなくもない、のない?ない?ねぇない?もうどっち?

…似ている気がする…

もう、病気だから、私、許してほしい(_ _)

聞こえてくるだろう…私の声に…

夕方の音

私は夕方の匂いが好きでした。

夕方になると風が動いて潮の匂いをどこからか運ぶのか変わる。

音も変わる。

ゴーとかザーという音がし出す。

西陽の色が差し込むと始まる夕方の音と匂い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年12月14日 (土)

冬尺蛾(ふゆしゃくが)

今年は寒暖差があり桜の黄葉も素晴らしく、草紅葉の痣色にハッとさせられ、猫萩もさぞかし美しかろうと思うのですが、近所から猫萩が消えてしまい残念です。

草紅葉が心をかき乱すほど燃えてくれたら指の間から白い吐息があちらこちらで漏れるでしょうに、

そういう季節がやってきました。

今日は冬尺蛾のお話を聞きました。

尺蛾の幼虫を尺取り虫といい、冬に恋の季節を迎え、メスを求めて森の中追いかける蛾が冬尺蛾と言います。

メスに羽根が無く、金色に彩色したら王家の紋章のような退化したした小さな使い物にならないおしゃれ羽根もどきのある、飛べないメスです。

飛べないメスを求めてオスが森の中をさまようのです。

晴れた今日は蛾の鱗粉が良く光り花のない森の中に咲く華やかな花のようでした。

地味な飛べないメスを見つけると♥らぶ♥合体♥するんですね。

見たかった♥あなたと合体マンデェナぁあイ♥ウキウキウキ、ウキウキウキ♥ハァ♥ハアァ♥

小川菜摘が真ん中で昔、歌ってました。m(__)mね

幹をせわしくのぼるコゲラ、ムサシアブミのようなウラシマソウの実、

毛で覆われた冬イチゴの実、

狂い咲きしたエゴの花、

台風が暴力的に破壊した後も

森は息をしていました。

紅葉とらくようを眺めながらのオカリナ演奏の後の豚汁と焼き芋という贅沢を楽しませて頂きありがとうございます。

最後の一本締めまで参加させて頂きました。

楽しかったです。

本当に素敵な一日、

素敵な午前、

素敵な素敵な素敵でした。

森には力がある。

でも日本の森は実は多いのだそうです。

ただ質が低い森が多いのだそうです。

今日は良く話を聴くことが出来なかったから出鱈目に聴こえている可能性が高いのだけど、

聞こえた話を勝手に思うとこうです。

森はありすぎるのだけど、野原は減少している。

野原でしか育たない植物は絶滅の危機に瀕している。

例えば女郎花とか桔梗、オケラ。

野原は放置すると森になってしまうそうです。

野原というのはススキの生えるような平原らしい。

あ、良く聞こえなかったから出鱈目ですけど。

恐ろしいことに生物の30%が消滅していると聞こえた気がします。

30%

生態が変わると接種できる栄養が変わりますから、当然色も匂いも味も姿さえも変わるかもしれない、というか生存できるかも分からない。

生存競争に勝てない者が、余裕のないものが増えだすという事じゃないですか?

それで今日はレイチェルカーソンのセンスオブワンダーを読み返してみました。

知識より感性を育ててほしい。

教えられたものより自分が興味を持ち、感じたものは自ら調べ、忘れることは無いというのです。

そして大自然の不可思議な美しさが与える力は絶望から這い上がらせる力があるというのです。

私の解釈だから出鱈目だけど、

そんな立ち上がる力を与える自然が消滅したら人は生きていく事が出来るのでしょうか?

遅かれ早かれ日本が終われば世界も終わるなと思いました。

ちょっと酔ってもうあのその 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年12月13日 (金)

宮本浩次のカバーは恋文

何でこのカバー?

だった去年から

私の解釈でカバーを聴くと…

恋文だな、と

最近は思うようになりました。

ずっと、ずうっと、恋文したためていた彼女に気持ちは届いたのかい?

伊達や酔狂じゃねぇ思い伝わったのかい?

白やぎさんたら読まずに食べてないかしら?

今日の月は恋色に見えた。

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年12月11日 (水)

毒蝮三太夫と書いてサンタクロースと歌う

私のなまはげは今どこに?

毎年手袋を無くすのですよ…

今年も早くも無くしました。

昔は2000円?3000円位で豚革の手袋が買えたのですが、今は見つからない、と思ったらアフタヌーンティーで豚革のヌバック見つけた。

4000円だった。羊に比べたら安いが、バブル時代に2000円か3000円だったのだからデフレのくせにバブル時代より豚革は高いようだ。

寒がりの私は毛糸の手袋はしません。

必ず皮の手袋、それも中がカシミヤとかウールの奴が本当はいい。

でも買うのはイオンとかのスーパーで3000円位です。

皮の質が悪くてがすぐ指先とかボロくなる。

中はフリース的な?化繊だと思う。

高級な皮は艶と指を入れたときのムギュ感、皮の触り心地が快感があって違う。

でも無くすこと考えると…3000円のでいいです…

 

| コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

恋ヶ窪

久しぶりの国分寺は大都会になって丸井やハンズがあり、驚きました。

それでもまだ国分寺には農家が存在し、少し歩くと昔の名残があり良かったです。

日立中央研究所庭園は年2回しか公開しないらしく外周を歩くだけでした。

姿見の池とは鎌倉時代遊女たちが鏡代わりに利用していたことから「姿見の池」と名付けられ、あさづま太夫が武将畠山重忠が死んだと聞かされて投身した伝説があり、そこから恋ヶ窪と名付けられたのか前からあったのか?興味を持ちました。

元々この近辺が湿地でどの池が身投げした池かはわからないそうです。

姿見の池は水深が浅く、どう考えてもこの池で亡くなるには泥が底なしでなければ無理であろう。

ドロドロの恋愛劇だけに泥沼なの…

そんなドロドロ感のない鯉の泳ぐ穏やかな場所でした。

この近くの東福寺という境内に一葉松という松があり、実はもう3代目らしいのですが、あさづま太夫を思って植えられた松らしく、悲しさのあまり一葉になってしまったのだそうです。また西に西に向かって延びたそうです。話は忘れた…

ともかく私は恋という地名に強く惹かれ西国分寺からお鷹の道湧水園に立ち寄った際、

係の若いお兄さんたちどうせ暇なんだろう?という勝手な思い込みで軽い気持ちで質問してしまい…

ものすごく真面目に受け答えして調べてくれて申し訳なかったです…

本当にご免なさい(_ _)

恋という地名は全国に北海道を含め4カ所しかないそうです。

恋ヶ窪という地名はその4つの内の一つなのです。

恋なんて素敵な地名ではないですか?

しかし、由来は諸説あり、

甲斐の国から来た人が多かった説、(えっと本郷に三河神社があったのだけど、三河地方から来た人が多かったからと書いてあったよ、子供の頃、甲斐神社はあるのかい?ないのかい?三河町もなかったな、町名は昔に変わったのだけど、近くに住んでいた友達の家のゴミ箱は弓町という町名だった…)

窪地でたくさん池があり鯉が泳いでいたから。なるほど、

アイヌ語で崖を意味する言葉がカイで恋に訛った(えっと昭和初期に全国にそういう説が出だしたらいいのだけど、そういう説受け入れたらそのうちヘブライ語説まで受け入れちゃいそうじゃないの?おそらく縄文時代から湧水の周りで暮らす人たちがいた地域でしょ?地元民よりアイヌ語の崖を地名にするの?よくわからないけど凄い部外者に寛容なんだね?)

このあたりは江戸時代に御鷹場だったのでお鷹の道と名付けられたのだそうです。

ここは旧本多家住宅長屋門と蔵しか残されてないのだけど、門が住宅のように住めて、天井がありました。

なので恋ヶ窪という地名を決定出来る由縁は実はまだ見つかってないのであった。

そして太夫の悲恋伝説から恋ヶ窪となったのか?恋ヶ窪と呼ばれていた地域で悲恋事件が起きたのか?は謎のままであった。

私の♥乙女チック♥妄想に付き合わせてしまい本当にご免なさい(_ _)

万葉植物園よりこちらの方が植物を楽しめた。

驚いたことに冬の花ワラビが札付きで植えられていた。

花は茶色くなっていたが、これが冬の花ワラビなのだ!

そして奥の池の周辺にはムサシアブミの赤い実がゴロンとそこら中に転がっていて石仏か羅漢に感じた。

湧水の道もこのあたりから始まり、野川へと続くのです。

下北沢の本多劇場とは関係が無いらしいが、もしかしたら遠い親戚でもいたのか?このあたり殆どが本多さん、本多さん、本多さん、でも親戚じゃないらしい…本多さんがこれほど多い地域ってあるんだろうか?

本来なら本多町となるべき場所ではないだろうか?

本多さんだらけ…

今回行かなかった場所に恋ヶ窪村分水があるのだけど、私の乙女ちっく妄想が爆発して地形が♡の下の部分に見え、覆い被さる緑がもし偶然♡の上部のようだったら…♡の形にしか見えず、♡に見える恋ヶ窪って、やだ♡ロマンチック♡などと思ったのだけど、

おそらくそうは見えないのだろう。

そこから殿ヶ谷戸庭園に寄り帰宅した。

殿ヶ谷戸庭園の紅葉亭からの次郎弁天池の眺めは素晴らしかった。

いつまでも落葉を眺めていたい気分であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

Do you remember?はIf i fellと合わせて聴くと風景が変わる

Do you remember?は映画「宮本から君へ」に沿った歌になっていると思うが、

カップリングのIf i fellと合わせると宮本浩次の個人的なメッセージ性が強くなると思う。

誰も誰もそういう聴き方をしてないから私の解釈を書こうと思う。

ただ私の解釈なので宮本さんからしたら話の噛み合わないライターと思われるかもしれない。

そういう聴き方もある、と思ってもらいたい。

Do you remember?のコメントの中に小林明子の「恋に落ちて」のダーリン愛ウォンチュウ会いたくてにドュユリメンバァが似ているという書き込みが何件かあったのだが、

カップリングのIf i fellの邦題は「恋に落ちたら」だ。

ここに宮本浩次の気持ちが入り込んで全く違うメッセージが見えてくると思う。

宮本浩次は自分に覚えているのか?繰り返し、繰り返し、

繰り返したのだと思う。

エレカシファンの中には宮本浩次は毎度同じことばかり繰り返していると思う向きもあるかもしれない、

「明日への記憶」は「暑中見舞い‐憂鬱な午後」だし、

「昇れる太陽」は「昇る太陽」と一字しか違わないぞ、

その答えが何度も自分に問いかけた、問いかけ続けた昨日で今日で、多分明日も忘れたくないのだろう。

私はそう思った。

過去の、特に「ココロに花を」から「明日に向かって走れ‐月夜の歌」「愛と夢」の頃の曲に強く感じる。

その前の「東京の空」なら「暮れゆく夕べの空」に強く感じるし、その前の「奴隷天国」からは「寒き夜」に感じる。

「生活」なら「遁生」に「エレファントカシマシ5」なら「ひまつぶし人生」に感じる。

私は今「愛すべき今日」を聴いているけど、これだって「明日への記憶」か「シグナル」が始まったのかと思ったよ、私は。

中学時代からの友人に恵まれ、何がそんなに孤独なんだい?

親兄弟までいて、何が辛いんだい?

一体何をそんなに苦しんで悩んで、繰り返しているんだい?

自称♥宮本浩次研究家♥(なお殆どの曲は聴いてない…正確な誕生日と血液型は今年知った…)として今度ゆっくり私なりの解釈をしてみようと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »