« 冬尺蛾(ふゆしゃくが) | トップページ | 悲願を感じた »

2019年12月19日 (木)

くれゆく夕べの空

宮本から君への池松壮亮君が好きだという「寝るだけさ」を最近は聴いていたのですが、

今日は「くれゆく夕べの空」を聴いています。

自分の声って録音すると違うじゃないですか?

なんかモヤっとして自分の笑い声ボイスレコーダーで聴いてみたんですよ。

あれ?

なんか似ている気がしなくも無くもなくもない、のない?ない?ねぇない?もうどっち?

…似ている気がする…

もう、病気だから、私、許してほしい(_ _)

聞こえてくるだろう…私の声に…

夕方の音

私は夕方の匂いが好きでした。

夕方になると風が動いて潮の匂いをどこからか運ぶのか変わる。

音も変わる。

ゴーとかザーという音がし出す。

西陽の色が差し込むと始まる夕方の音と匂い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 冬尺蛾(ふゆしゃくが) | トップページ | 悲願を感じた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬尺蛾(ふゆしゃくが) | トップページ | 悲願を感じた »