« 昭和記念公園に行ってみた | トップページ | 恋ヶ窪 »

2019年12月 4日 (水)

Do you remember?はIf i fellと合わせて聴くと風景が変わる

Do you remember?は映画「宮本から君へ」に沿った歌になっていると思うが、

カップリングのIf i fellと合わせると宮本浩次の個人的なメッセージ性が強くなると思う。

誰も誰もそういう聴き方をしてないから私の解釈を書こうと思う。

ただ私の解釈なので宮本さんからしたら話の噛み合わないライターと思われるかもしれない。

そういう聴き方もある、と思ってもらいたい。

Do you remember?のコメントの中に小林明子の「恋に落ちて」のダーリン愛ウォンチュウ会いたくてにドュユリメンバァが似ているという書き込みが何件かあったのだが、

カップリングのIf i fellの邦題は「恋に落ちたら」だ。

ここに宮本浩次の気持ちが入り込んで全く違うメッセージが見えてくると思う。

宮本浩次は自分に覚えているのか?繰り返し、繰り返し、

繰り返したのだと思う。

エレカシファンの中には宮本浩次は毎度同じことばかり繰り返していると思う向きもあるかもしれない、

「明日への記憶」は「暑中見舞い‐憂鬱な午後」だし、

「昇れる太陽」は「昇る太陽」と一字しか違わないぞ、

その答えが何度も自分に問いかけた、問いかけ続けた昨日で今日で、多分明日も忘れたくないのだろう。

私はそう思った。

過去の、特に「ココロに花を」から「明日に向かって走れ‐月夜の歌」「愛と夢」の頃の曲に強く感じる。

その前の「東京の空」なら「暮れゆく夕べの空」に強く感じるし、その前の「奴隷天国」からは「寒き夜」に感じる。

「生活」なら「遁生」に「エレファントカシマシ5」なら「ひまつぶし人生」に感じる。

私は今「愛すべき今日」を聴いているけど、これだって「明日への記憶」か「シグナル」が始まったのかと思ったよ、私は。

中学時代からの友人に恵まれ、何がそんなに孤独なんだい?

親兄弟までいて、何が辛いんだい?

一体何をそんなに苦しんで悩んで、繰り返しているんだい?

自称♥宮本浩次研究家♥(なお殆どの曲は聴いてない…正確な誕生日と血液型は今年知った…)として今度ゆっくり私なりの解釈をしてみようと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 昭和記念公園に行ってみた | トップページ | 恋ヶ窪 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昭和記念公園に行ってみた | トップページ | 恋ヶ窪 »