« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月31日 (金)

植物に学ぶ生存戦略3

植物に学ぶ生存戦略3

2を見そびれたことが悔やんでなりません。

いつやったんだ!

この番組は誰が脚本を書いたのだろう?

きっと話したらお酒を楽しく飲める方とみた。

私との相性バッチリとみた。

目をキラキラしさせながら「好き好き」光線出してしまうよ、きっと。

今回はカラスウリが出てきたがカラスウリは雄と雌があると言うことを先々月に知った。

近所のカラスウリが花しか楽しめない理由が分かった。

番組ではジュディオングの魅せられての戦略という話になっていた。

私はてっきり好きな男の腕のなかで違う男の夢を見るを掘り下げるのかと思ってワクワクしたのに白い衣装の話であった。

カラスウリの花の怪しい魅力に取り憑かれている私にはどんな内容であれ楽しくて仕方が無い。

いんや、好きな男の腕に抱かれて違う男の夢を見る感覚が分からない私にはやはりこの魔性感を誰か解説してもらいたく、

それはあれだよ、完璧な男なんか居ない、

いい人だけどツマラナイ、

面白いけど不安定、

よく見たらもう爺さん、

性格の不一致ってやつだよ、かなぁ?

ともかく私にとってのカラスウリの花は魔性

そして魔性の色は白いのだった。

それだけは判明した。

魔性の色は白い。

花嫁の色も白い。

白は男の幻想を満足させる何かがあるのだ!

スクリーンに映すときに再現度が高いんだろう、

これは学ぶだけで無く実践しなければ勿体ない事なのだ。

しかし、残念なことに実践する機会など私に無いのであった…

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

ロマンスドールを観に行った

題名を覚えられなくて「えっと、ラブドール?」

「ロマンスドールですね?」「はい、それです」

昔はダッチワイフと呼ばれたあれです。

あれ、あのビニールのベティっちゃんです。

映画の中にも出てきます。

興味は無かったのですが、モヤっとしたものがあり、

それを確認しに行った訳です。

京成立石駅という懐かしい駅が出てきた上に立石の叔父さんのような名前も出てきてモヤはよりモヤっとしてしまった。

私は叔父さんの税理士事務所の手伝いをさせてもらっていたのだ。

朝に路地を歩いていると駄菓子屋のじいさんが孫の髪の毛を切るために道の真ん中で椅子に座らせて髪の毛を切っていた。

東京の話です。

昼にじいさんの駄菓子屋に食べに行ったのだが、先客の男子学生の背中が「ここはお前の来るところじゃ無い」と語っていた。

失敗の少ないと思われる焼きそばを頼んだらグルテンを抜いた後の滓を茶色く着色して固めた麺もどきと、その滓に白とピンクの着色をしたナルトを具にしてニンニクの入ってないソースで味付けしただけの物が出てきた。

これを一度食べたらこの世の中の殆どのものが美味しく、有り難くなってしまうくらい不味いんである。

顎が外れるくらい不味いんだから!びっくりした。

店は高度成長時代を思い出させるいい感じの店で、コークの栓抜き付きの販売機に入っているコークがその頃の物では無いかと疑わしかった。

丸とか四角とかマークの入った奴ね、あったよね?

立石は歩いていると狭い部屋の中でこたつに入って通りを眺めているちゃんちゃんこを着た幼女と目が合ったりする東京なんです。

部屋の中丸見えで

派出所のおまわりさんより近いんだから、幼女が。

そんな懐かしい立石が舞台でした。

高橋一生君がこんな生々しいラブシーン大丈夫なんだろうか?と心配しました。

お客さんの多くは女性だと思うんだ。

私が心配してどうするの?

宮本浩次は何処にも出てこないのだけど、

高橋一生君と蒼井優ちゃんがどちらもソロ活動に関わっている方なのです。

あ、ピエール瀧も出てました。

なかなか楽しい映画でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2020年1月29日 (水)

キャッツを観に新宿へ

あれ?これは死霊の盆踊りではないかい?

ぜひぜひ、キャッツを観る前に死霊の盆踊りを観てください。

桁違いのお金のかけ方に感動するから!

そして死霊の盆踊りかよ!って感動するから!

キャッツだけじゃダメなのよ!

死霊の盆踊りとセットで楽しめるんだから!

なので私は存分に楽しめました。

 

 

| コメント (0)

2020年1月24日 (金)

とりとめのない

子どもの頃自分の事をなぜかチッタンと言っていたのですが、

なぜ、チッタンだったのか分かりません。

気が付いたら自分をチッタンと言ってました。

しまちゃんとあやべーに「わたし」と言うように指導されてある日無事に「わたし」と言えるようになりました。

もしそのままチッタンのままだったら50過ぎた今も自分をチッタン言ってたのだろうか?

そういう事許す社会だったと思えないので思春期にはチッタンなんて恥ずかしくて言えなくなっていたのだろうか?

やー、50過ぎた老人の私が自分をチッタン…言いますか?

いえね、ちょっと、想像してほくそ笑んでしまいました。

太って歩くトンカツだった私がチッタン言いますか?

ああ、言った時の人の反応を見てみたいと秘かに思う私です。

で、ブログの中でだけ言ってみますよ、

チッタンね、ファイティングマンが最近大好きよ。

でもなぜか思い描くのが子供の頃ジャンボプールに行った日の事よ。

チッタンいとこの男の子が泳げないからバタ足の練習をさせてあげてたの。

そのいとこの男の子が小犬の様に可愛かったのよ。

必死に溺れそうになりながらチッタンに向かって泳いでくるのよ。

可愛かったなぁ、

リトルファイティングマン…

でチッタン、今は泳げないの…

驚いちゃったぁ…

いつの間に泳げないんだから…

年取るってこういう事なのね…

びっくらこ、

 

 

 

| コメント (0)

2020年1月21日 (火)

石神井川を歩いてみた

知らない間に引っ越していてもう何処だったかも覚えてない上石神井の親戚の家を探してみました。

住所も表記が変わったのか分からない。

お正月に一度抹茶の羊羹を手作りして持っていた行ったことがあります。

玄関前で西城秀樹の「やめろといわれても」のポーズで写真を撮った記憶があります。

結局分からないまま氷川神社に出てそこから三宝池をめぐり、石神井公園を歩きました。

公園にはたくさんのバズーカ砲みたいなカメラを持ったおっさんを見かけました。

都内公園巡りをしてた頃はもっと居たなぁ…

バズーカーおじさん、お互いマウント取り合う会話が怖かったですぅ。

人の話に聞き耳たててんじゃねぇ!

「おや、あそこにいるのはエレカシの宮本浩次さんじゃないですかぁ?」

「ちょっと聞き耳たててみましょう」

「ジェイク、スリーフィンガーロックで」

今もやっているのかしらん?

我が家はラジオが入らないから聞けないのよね。

ラジコ?面倒だから入れてない…

それから王子に出て石神井川沿いを歩いてみました。

時間があったら石神井公園から隅田川まで川沿いを歩いてみたい…

更に荒川へと歩いてみたい。

そう思いました。

 

 

 

 

| コメント (0)

2020年1月17日 (金)

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時の主題歌を宮本浩次が歌ってます

ハレルヤ

私はミスブランニューデーよりグロテスクの方が好きなんだけど、

ハレルヤ、歌いやすそうに聴こえたよ。

昔の宮本浩次の金持ち尻もち力持ち的な宮本節は最近鳴りを潜めているね。

腫れるや

どこが?

張れるや

何を?

貼れるや

どこに?

晴れるや

惚れたか?

的な宮本節を期待した私と宮本さんの考える宮本節は違うようだ。

早く全体を聴いてみたいのだけど、

最近は優しい、優しい、柔らかな宮本浩次を開発しているのだろうか?

昨日から「自宅にて」ばかりYouTubeで聴いているのだけど、

ガイアの夜明けは「自宅にて」の方が良かったのじゃないかと思ったりして、

この歌、失恋なのかな?

凄まじい慟哭のラブソングになってます。

このまま嗚咽で終わりそうなのに、

彼が凄いのは

絶望で終わらせない、

ささやかな幸せ

そいつをつかみ取ろう

つつましく生きよう

と歌ってしまう。

尊敬してしまう。

この人諦めない、

信じる勇気を求める心を

否定しない、

エレカシのファンって

この重たい歌の中に肯定を感じるのだと思う。

私の考える宮本節って多分この肯定感だと思う。

あまりに素晴らしくて…

もし宮本浩次を知らないのならYOUTUBEで「自宅にて」を一度でいいから観てください。

格好いいんですから!

 

 

 

| コメント (0)

2020年1月12日 (日)

ファイティングマンが最近は大好きです。

もうさ、好きすぎてダメ。

マイクぶつけるところが好きすぎ♡

全然怖くないどころか痺れるし…

荒ぶる浩次が好きなんだと思う。

だって、なんか昔の私そっくりでさ、

だから人のまねしてんじゃねーよ、って笑いながら見てます…

私に比べると…柔らかね…

 

 

| コメント (0)

2020年1月11日 (土)

ガイアの夜明けのエンディングを宮本浩次が歌っています

インタビューによると食事も喉に通らぬほど歌詞が思い浮かばずに不安になった夜明けのうた

とても優しい優しい浩次さんを感じるのだけど、そっと抱きしめられたように感じるのだけど、

正直言って番組のエンディングとしてはどうなのだろうと思います。

なぜって、

宮本さんの言葉って強いじゃないですか?

番組の最後は出演者の人の言葉が一番強く出る瞬間でもあると思うのです。

その人たちの言葉と歌がぶつかってしまうのじゃないか?

ファンである私は宮本さんの声を追うと思う。

一方出演者の最後の、番組最後の締めの言葉も追うと思う。

どちらを優先させるのか悩むと思う。

結果宮本さんの歌が邪魔に感じてしまう気がする。

よほど夜明けのスキャットの様にルルルラララの方が邪魔じゃないと思う。

宮本さんが物凄く精力的に活動していて、凄いなと尊敬している。

してるから、こういうぶつかり方が気になってしまう。

夜明け前が一番暗いという

その暗さと静寂の中の心模様は夜の雲の様にモヤモヤしているのかもしれない。

そのもやもやは言葉になる前の裸の方が心を打つのじゃないかと、

私は思いました。

 

 

| コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

母の歯が欠けました。

年末に入歯を治した途端に奥歯が欠けました。

本当は神経を掃除したり、5回?通わないといけないらしいのですが、

とても現在の母を歯医者に連れて行くのが難しく、

欠けたところを削って仮の?詰め物?でも問題はないだろうということで済ませました。

でもそれも欠けたらやらなきゃいけないんだよね?

 

 

| コメント (0)

2020年1月 4日 (土)

正月の話

元旦は毎年検見川神社にお参りに行くのだけど、

今年は母が駄々をこねて母は置いていきました。

私より穏やかな娘の手を噛もうとしたり、オラウータンみたいに叫ぶし、立たそうとしたらずり落ちて娘を人殺し呼ばわりするし、

笑いながら見てました。

娘は樽酒を2杯も頼んでました。

帰りにみよしのたこ焼きを食べて午後は映画を見に行きました。

決算!忠臣蔵

何でもお金に換算してしまうという身も蓋もなさが笑うしかなく、

かなり可笑しい映画です。

笑った、笑った、笑える、が笑えない映画でした。

娘が勉強不足を実感しているのが偉いと思いました。

今年は朝にお雑煮、夜にお節をお酒と飲むことにしました。

母も小食だし、娘も私もダイエット、夜は酒のツマミとしてのお節ですね、肴の盛り合わせ的な?

二日は娘と極楽の湯に出かけました。

三日は娘と築地に出かけました。

本願寺から波除け神社によって築地場外を歩いたのですが、

目的の店は休みで残念でした。

マグロのあら汁と串焼きはおいしかったです。

寿司を食べた後に皇居に行ったら大手門がしまっていたんですよ…

え…一般参賀ってあるじゃん、三日も開いてるんじゃないの?

仕方ないので九段下に出て靖国参拝しました。

日本刀の刀士というの?格好いいね、憧れちゃう、私も刃物を研ぐの好きで教えてもらえば得意だと思う。

真っ直ぐ光が一本走るか走らないか?

見るの楽しそう。

それから居合いでスパっと竹なんか切ったら快感♡

展示されていた大砲に弾の後があり、ずだだだだ、ずだだだだ、と擬音化出来るほどリアルでした。

あそこもずだだだ、あそこもずだだだ、ずだだだの痕。

私は心がずだだだだ

正月早々ずだだだだ

ずんだ餅でも食べ妖怪?

最後に東京大神宮による予定でしたが、あまりの行列に断念、そのまま帰りました。

 

| コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

明けましておめでとうございます

夕べは風が強くて風車が飛ばされてしまいました。

娘に「ほら、あの邦題第2候補なんだっけ?」と聞いたら

ディスコハカバカーナ

よく覚えているね!又バカウケしてしまいました。

私はコパカバーナを思い出したけど、娘は墓場かな?にかけていると思ったらしい。

江戸木純は面白い、私のお笑いの師匠と勝手に決定…

正月早々墓場カーナ、墓場カーナ繰り返してます。

宮本さんがインスタストーリーズアップしたらしいのですが、私は見ることが出来ないのです。

残念。

残念と言えば林先生と依田さんの検定で今回120ポイントを上まり防水スピーカーに応募出来たのにしなかった事ですな…

 

 

 

 

| コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »