« 石神井川を歩いてみた | トップページ | キャッツを観に新宿へ »

2020年1月24日 (金)

とりとめのない

子どもの頃自分の事をなぜかチッタンと言っていたのですが、

なぜ、チッタンだったのか分かりません。

気が付いたら自分をチッタンと言ってました。

しまちゃんとあやべーに「わたし」と言うように指導されてある日無事に「わたし」と言えるようになりました。

もしそのままチッタンのままだったら50過ぎた今も自分をチッタン言ってたのだろうか?

そういう事許す社会だったと思えないので思春期にはチッタンなんて恥ずかしくて言えなくなっていたのだろうか?

やー、50過ぎた老人の私が自分をチッタン…言いますか?

いえね、ちょっと、想像してほくそ笑んでしまいました。

太って歩くトンカツだった私がチッタン言いますか?

ああ、言った時の人の反応を見てみたいと秘かに思う私です。

で、ブログの中でだけ言ってみますよ、

チッタンね、ファイティングマンが最近大好きよ。

でもなぜか思い描くのが子供の頃ジャンボプールに行った日の事よ。

チッタンいとこの男の子が泳げないからバタ足の練習をさせてあげてたの。

そのいとこの男の子が小犬の様に可愛かったのよ。

必死に溺れそうになりながらチッタンに向かって泳いでくるのよ。

可愛かったなぁ、

リトルファイティングマン…

でチッタン、今は泳げないの…

驚いちゃったぁ…

いつの間に泳げないんだから…

年取るってこういう事なのね…

びっくらこ、

 

 

 

« 石神井川を歩いてみた | トップページ | キャッツを観に新宿へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石神井川を歩いてみた | トップページ | キャッツを観に新宿へ »