« ロマンスドールを観に行った | トップページ | 藤井聡の週刊クライテリオンでエレカシの今宵の月のようにが紹介されました。 »

2020年1月31日 (金)

植物に学ぶ生存戦略3

植物に学ぶ生存戦略3

2を見そびれたことが悔やんでなりません。

いつやったんだ!

この番組は誰が脚本を書いたのだろう?

きっと話したらお酒を楽しく飲める方とみた。

私との相性バッチリとみた。

目をキラキラしさせながら「好き好き」光線出してしまうよ、きっと。

今回はカラスウリが出てきたがカラスウリは雄と雌があると言うことを先々月に知った。

近所のカラスウリが花しか楽しめない理由が分かった。

番組ではジュディオングの魅せられての戦略という話になっていた。

私はてっきり好きな男の腕のなかで違う男の夢を見るを掘り下げるのかと思ってワクワクしたのに白い衣装の話であった。

カラスウリの花の怪しい魅力に取り憑かれている私にはどんな内容であれ楽しくて仕方が無い。

いんや、好きな男の腕に抱かれて違う男の夢を見る感覚が分からない私にはやはりこの魔性感を誰か解説してもらいたく、

それはあれだよ、完璧な男なんか居ない、

いい人だけどツマラナイ、

面白いけど不安定、

よく見たらもう爺さん、

性格の不一致ってやつだよ、かなぁ?

ともかく私にとってのカラスウリの花は魔性

そして魔性の色は白いのだった。

それだけは判明した。

魔性の色は白い。

花嫁の色も白い。

白は男の幻想を満足させる何かがあるのだ!

スクリーンに映すときに再現度が高いんだろう、

これは学ぶだけで無く実践しなければ勿体ない事なのだ。

しかし、残念なことに実践する機会など私に無いのであった…

 

 

 

 

 

 

 

« ロマンスドールを観に行った | トップページ | 藤井聡の週刊クライテリオンでエレカシの今宵の月のようにが紹介されました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロマンスドールを観に行った | トップページ | 藤井聡の週刊クライテリオンでエレカシの今宵の月のようにが紹介されました。 »