« 親愛なる患者様 | トップページ | 杉木立の中ヒグラシが夏の暑さを洗い流すように鳴いていた »

2020年8月 2日 (日)

宮本浩次のファンのファンです

椎名林檎が愛は知性の中に宿ると言った言葉が理解出来なかった私が悔しく、ちきしょーそこにたどり着けてないや、意味わかんねー

敗北という死が生活になろうとしていた私。

宮本浩次のファンの方のツイートに感じる事がありました。

ともかく凄まじい日本語力が無ければ褒めたたえ続ける事などできないのです。

私なんか無意識に思った事を口にして宮本浩次をガッカリさせてやる気を無くさせてヘロヘロの紙切れの様に漂うくずにしか出来ないかもしれないのに。

素晴らしいなといつも感心して読ませていただいております。

知らない情報まで教えていただき、いつも勉強させていただいております。

そうか、それを愛と呼びたい。

何のために勉強するのか?

好きな人を褒めたたえ続けるために勉強しておいた方が良いのだなと思いました。

語彙を知っていればいいというものではない。

愛が無ければ

愛が無くちゃ

言葉は息をしないのです。

自分の発する言葉に息を吹き込みたい

そんな気持ちが少しでもあるのなら

勉強した方がいいのだな

と54にして思うようになりました。

そんなわけでツイートが無い日は心配して仕事が忙しいのかな?

病気かな?

何かあったのかな?

なんて心配するようになりました。

 

 

 

 

« 親愛なる患者様 | トップページ | 杉木立の中ヒグラシが夏の暑さを洗い流すように鳴いていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 親愛なる患者様 | トップページ | 杉木立の中ヒグラシが夏の暑さを洗い流すように鳴いていた »