ファッション・アクセサリ

2013年6月 5日 (水)

合皮と本革の区別がつきません

合皮と本革の区別位出来るでしょ?

と思いたいのですが

出来ません、私は。

最近の合皮は良く出来ていて私のような素人には値段で判断するしかないです。

しかし先日実に美しく艶やかで斑の綺麗なバッグを斜め掛けしているご婦人を見かけました。

あれは間違いなくヌメ革のバッグではないかと思います。

あーゆう味のある表情は合皮だとペタっとしてますよね。

やはり深みがありました。

とても素敵でした。

また別の日に赤のトートーのご婦人がいらしたのですが

もう10年以上使っているらしいのですが

半年か1年くらい使い込んだようにしか見えません。

「無名のバッグでプレゼントされたものだから」

との事ですがおそらく使用者が丁寧に使用しているのだと思います。

プロがクリーニングしたら新品として売れるのではないか?

という位綺麗でした。

多分あれはクロムなめし革だと思うのですが

本物のクロムなめしのバッグは丁寧に扱えばいつまでも新品のままですね。

中サイズのトートーは程よく上品でいいですね。

娘にもこういう上品さを身に着けて貰いたいと思いました。

しかし親の私が…(p´□`q)゜o。。上品さの欠片もない…願望だけ一流(*ノv`)

新品はともかく使い込むことで両者は明らかに差が出ますね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

勝てる気がしない

クレオのセールがあったので夜中起きてがんばったのですが…

どれを選ぼうか悩んでいるうちに売り切れました…

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

数日後、数点追加されたのでまた参加したのですが…

20時ちょうどにポチったのですよ

入力が遅いのでしょうか?

売り切れていました…

勝てる気がしません…

レビューコメントにちらほら「これで3つ目」とか「5つ目」とか

クレオファンはリピートしますね。

あーどのバッグも素敵で妄想が広がるわ…

悔しいです。゜゜(´□`。)°゜。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

安心の日本製鞄のコーナーに…発見Σ(゚□゚(゚□゚*)

鞄の手入れをした事のないσ(ノ∀`)です。

手入れと考えずにおとなしい革のペットを飼う、と考える事にしました。

世話が楽ですわ(*^ワ^*)この革

水に怖がりなだけで、

餌なんか1、2カ月に一度保湿クリームを塗るだけでいいのよ。

のの字を書くようにぐるぐる@@@マッサージしてあげるのよ。

「ほら、気持ちええやろ、どや、どや、どやぁぁぁぁぁ」

バッグを購入の時に一緒にデリケートクリームも購入すればよかったと後悔しました。

お手入れというのは会社により違うようで、これさえ知っていればオールマイティはないようです。

染の技法からすべて違うので購入した会社のお勧めを使うのが一番のようです。

そもそも同じ革、同じクリームでも相性があるらしく、

相性が悪いと駄目なようです。

ですから目立たないところで必ず試してからお手入れが良いそうです。

まだ時間があるので近所で手に入るところは無いか探してみます。

オイルは皮を柔らかくし日に焼けると飴色に変色するのでそのような革に変化させたい場合はオイルが良いようです。

でも色を極力残し型崩れを防ぎたい場合は

保湿クリームでお手入れが良いそうです。

ワックスとオイルと蝋の区別がついていないので…質問もまともに出来ません…

湿度の高い時期は乾拭きし2カ月に一度の手入れ、乾燥した時期には毎月、湿った布で拭いてからクリームで保湿しようと思っています。

*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・

C-ONEのかばん屋さんの奥に安心の日本製のコーナーがありました。

近寄ると…

(*〇o〇*)ライムのカバンが沢山置かれていました。

オイルアップもありました。

オイルアップの方が革の表情が艶やかで素敵です。

でも色は私のバッグのが素敵です。

色は光源で変化するので印象は場所により変化します。

*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・

エイジングの美しい革を発見しました。

イタリアのタンナーを使用した日本の会社の財布がもの凄く美しく、

思わず見入ってしましました。

でも求めているタイプじゃない…

正直あの革のバッグが欲しい…

リンクとか言っていたような…

*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・

クレオの良い所

日本製バッグは縫製が良く、ファスナーがYKKで良いらしいです。

つまり日本製のバッグは高品質なのです。

クレオの良い所は永久修理保証

壊れたら直して貰えます。

だから金具が壊れた、ファスナーが開かない、糸が解れた等は直して貰えます。

長く付き合えるバッグなのです。

そう考えると安いでしょ?良心的でしょ?

半額位の中国製や韓国製のバッグで数カ月で金具が壊れる事を考えたら激安でしょ?

クレオの革はカナダ産の牛革を姫路のタンナーから購入しているそうです。

我が家の小林さんもカナダ産です。

カナダに対し急に親近感が湧いた。

更に素敵なのがラッピング、必要もないのに無料なので頼んでしまいました。

(;´艸`)ぁぁぁ素敵すぎるぅぅぅぅ

私を慰め、ねぎらう人はσ(ノ∀`)だけ…

の孤独な旅人なのでこれは癒し効果があります。

これでライムの札の裏に自分の名前入れのサービスでもあればサイコーなのに。

ま、個人情報ですし要らないか…

*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

革を柔らかくすると書いて鞣し    (」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

1番 

私がクレオのバックの中でデザインが一番気に入ったのがクロムなめし。

2番

サイズが良いと思ったのがシュリンク。

3番

艶などトータルがよさそうなのがマキシマム。

4番

好きな色が残ったいたのがタンニンなめし。

最後がオイルアップだったのです。

ところがクレオ担当さんのお勧めの丈夫なバッグはタンニンなめしとオイルアップ、

特にお勧めがオイルアップだったのです。

(._. )( ・_・)(・_・ )( ・_・)゛?

あ”-庶民の振りしたけど文面から貧乏人とバレたよぉ~

一番安いの勧められてるよ~

m(__)m

この時点でシュリンクも、クロムも、シボも、コバも、タンニンも

何語?(?_?)状態のド素人ですm(__)m

何故タンニンなめしとオイルアップ(どちらもタンニンなめし100%です)を勧めるのか?

調べました。

動物の(スキン)を剥いだままだと硬くなるそうです。

そこで昔人は植物から抽出した渋を使い皮を鞣したそうです。

これにより柔らかく丈夫なになるそうです。

これを通常タンニン(渋)なめしというのだそうです。

タンニンなめしは傷がつきやすく色が変色します。水にも弱く、扱いはデリケートです。

非常に手間が掛かるので市場に殆ど出回っていないそうです。

ドイツで軍事目的で開発されたのがクロム加工のクロムなめし。

日本でも問題になった六価クロム公害等クロムは人体に有害な物質ですが、

丈夫で傷に強く水も弾きやすく、変色もしないうえ柔らかく加工が容易、短期間で作れるので現代の革製品の殆どがクロム加工の革です。

加工が容易なので中国や韓国等の東南アジアで製造すると安価に作れるそうです。

丁寧に鞣されたクロム加工の革は何とも言えない柔らかな手触りだそうです。

m(__)m

ここまで読むと絶対クロムなめしのバックの方が丈夫で手入れも楽でお洒落でサイコーじゃん(b'3`*)と思うんですよ。

なのにタンニンなめし、それもオイルアップ?

しかも一番安いの…(-_- )ノ彡☆ばんばん!

もう貧乏人だからこれなんでしょ?ってバレバレみたいな…

(*ノω<*) アチャー

そこで今度はタンニンなめしをこよなく愛する人のブログを探しました。

タンニンなめしとクロムなめしの違い

タンニンなめしは漆の様なものだそうです。

手入れすることで経年変化を楽しめます。

使い手の環境に合わせて味が出るのがタンニンなめし。

お手入れを心がければ10年、20年、いえ、30年使えるそうです。

クロムなめしはプラスチックの様なものだそうです。

新品の状態が一番良く、経年劣化します。

燃やすと有毒なので人体に良くありません。

使い込むほど残念になります。

(◞≼◎≽◟◞౪◟◞≼◎≽◟)これは…

クレオの担当者さんが何故クロム加工の高いバックではなく安いオイルアップを勧めてくれたのか?

判明しました。

凄い良心的(´;д;`)ブワッ

私の様なガサツな女にはクロムのが良い気がするのですが(。・o・。)ノ ぁぃ

長く長く付き合えるタンニンなめし、それもオイルアップを勧めてくれたのです。

いい人やん(TωT)

*。:.(○σ´・ω・)

タンニンなめしにオイルをぬってもオイルアップにならない

でもタンニンなめしにオイルを塗ればオイルアップになるのかというとならないそうです。

そもそも革の艶はオイルではなく、磨きの艶だそうです。

学生服のお尻や膝の生地がツヤツヤなのと同じだそうです。

オイルを足し過ぎると革が柔らかくなりクタクタになるので型崩れの原因になるそうです。

∑(´■`;)マジカヨ

タンニンなめしのバッグが使い込むほど色が変化するのに対し、

オイルアップのバッグは使い込むほど柔らかくクタクタになるそうです。

オイルアップの方が若干油分のおかげで汚れと水、傷に強いそうです。

又よりエレガントな方がオイルアップだそうです。

因みに一番丈夫なのがヌメ革だそうです。

良く肌色の革製品が売られているでしょ?

あの肌色は渋の色らしいです。

使い込むとチョコ色に変化します。

もう凄く、凄く凄く、悩んで購入を止めたくなりました

(;´ρ`) グッタリ思考が停止

それに色、(o'ω`σ)σ色がPC画面と違うそうです。

やはりこういうのは実物を見て決めるべきだろう、

と強く思う(。-`ω´-)

それにシボが…

シボが嫌いな私、

シボというのは皺の事らしいです。

亀裂の様な皺はいいのですがざらざらのボコボコの鱗のようなシボが大嫌い。

やはりオイルアップか?素材選びから辛い…

色はもっと辛い、

もう繰り返し担当さんに質問しました。

今はもっと社長気分を味わうため呼びつければ良かった…

人( ̄ω ̄;) スマヌ

と…

KOKIKUの担当さんもそうですけど高級な商品を扱う店の対応は丁寧ですね。

今回は最初から多分この色が好き、という思い込みが動かず色で( ´д`)ぇ~ 決めてしまいました。

PC画面と違うらしいのに…思い込みの色で…

決めた後も「┛)"[]"(┗やっぱりオイルアップ最強」

「┛)"[]"(┗ネイビーとかブルーだよ」

「やっぱ┛)"[]"(┗パープルがいいし」

アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

忙しい人ね❤

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

タンニンなめしのバッグを購入しました。

普通の目立たない本革の安いバッグを購入しようと思って調べたらタンニン鞣しに出会いまして

別にナイロンでも、デパートのセール品でも、イオンの規格品でも、ワゴンの1000円商品でもいいんですけど…

自分が一番便利と確信しているのがスーパーのポリ?袋(-_- )ノ彡☆ばんばん!

軽いし、たくさん入るし、濡れても平気だし、汁物こぼしても平気だし、処分が簡単。

デメリットは高級感が全くなく、肩から斜め掛けが出来ない。

ビックAだと10円必要ですし、破れる事がある。

重いと指に喰いこむ(>_<)

そんな私ですのでブランドバックは高級すぎて恥ずかしくて持てません。

つか買えません。

つかお呼びじゃない(-ノ-)/Ωチーン

ブランド、ブランドしていないのに本革の良いバックを探して決めたのが

バック工房クレオのLIME

日本製です。゜゜(´□`。)°゜中国製じゃありません。

ナチュラル素材のタオルとか衣料の殆どが中国製だったりするんですよ。

麻とか絹とか綿100%の商品の多くが中国製(-ノ-)/Ωチーン

多分日本製は私のような庶民が買えません((((((((((((*ノノ) ヒドイワーッ

で、革のバックも安いのは中国製と韓国製です。

半額位で購入できます。

でも、でも、でも、コメントを読むと本革だけど

(-_- )ノ彡☆ばんばん!金具が数カ月で壊れたりするそうです。

韓国製はバックルのデザイン性が高すぎてダサイです。

又色がやたら品が無くピンクがどキツイです。

PCだからかもしれないけど、

品が無い。

日本人企画の中国製が見た目はシンプルで良いです。

本革であれば良いのなら日本人企画の中国製が一番安く打倒だと思います。

プチマノンなんか安くて大人気ですよね。

肩掛けしない私としては使わないので残念です。

アリエルゴートなんか理想的で使えるので良いです。

ノートルファボリは安くて可愛いのですが…おばさんが持つのに若すぎる…という…

デザインが若いのは今回外しました。

エーン!!-=三ヾ(ヾ(ヾ(ヾ(ヾ(ヾ(*T□T)ツ

それと素材が問題なのですよ。

本革も色々ありますから。

自分豚革好きなんですけど…

(σ-"-)σ安いから

柔らかい革はやはり弱いんですよね。

ラムなんかクタクタですけど弱いです。

白いラムとか最悪です。

悪夢がщ(゚Д゚щ)カモォォォン悪夢が蘇る…

ゴートはラムより丈夫なようです。

カチカチに硬い革は重いですし、

子供の頃履いたリーガルの靴なんか重いわ、痛いわ、

以後二度と買いませんでした。靴の話じゃないけど…

で本革について調べました。

| コメント (0) | トラックバック (0)