音楽

2019年6月30日 (日)

乾いたドラム音が脳天かち割る♡

君に会いたいダンスウィズユー、ドラムが格好良くて毎日聴いてます。

┣¨キ(〃゚3゚〃)┣¨キ

出だしのドラムがドラム缶を思いっきり蹴飛ばしているようで爽快なんですよね、o(。・ヘ・θキーック!!☆

私が子供の頃ランナウェイズという外国人女性グループがガーターベルトにハイヒールでチェリーボンブと歌っていたのですけど、

私、ワカメちゃんのようなスカートにシャツだったと思うのだけど、真似しました、

チェリーボンブ、チェリーボンブ、チェリーボンブ、ズダダダダダダ、ズダダダダダダ、足蹴りしました、o(。・ヘ・θキーック!!☆

ガーターベルトにハイヒールのつもりで、ズダダダダダダ、o(。・ヘ・θキーック!!☆・;'

やりましたよね?

君に会いたいのドラムは女性の気持ちを代弁しているように思え…

バシバシ蹴飛ばしているんですよ、この女性

…εε=====≡゙ヽ(#`Д´)っ┌┛))ウラァァァ

私の妄想ですからね、好き放題書いてますけど、

恐らく…

「何が君に会いたい、今すぐ会いつぁいだよ!」って蹴飛ばしてんですよ…

ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛・;' ザケンナ

で最後にあーすっきりした、って顔してバシっと終わる音の所で「ヨシ!」と納得するんですよ(*´。_。)ゥミュ♪

ただ、最後の決めのバシっが弱い気がするんですよ…

多分、多分なんですけどね…

この女性…

よし!(◞≼◎≽◟◞౪◟◞≼◎≽◟)

許して・あげない❤

そんな風に聴いてますm(__)m

一生君ごめんなさい

 

| コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

月光に踊らされた話

今日は血液検査の日なのに朝食を食べてしまい…

しかも私の尿検査のコップを母に渡してしまい…

抜け作二重奏…

帰ってから時間が間に合いそうだったので化粧もせずに家を飛び出し新宿に向かいました。

日傘を忘れてしまった…

私にしてはイケイケドンドンなモードな大人の女ファッションで決めたつもりであった…

んが、電車の中で気がついてしまった…

縫い目が表に出ている…

これは…裏表が逆…

どうせ誰も見てないし、

NYかRな最新ファッションはこれじゃぁ!と開き直ったよ私ゃ…

もしかして10年くらい前のモードかもしれないけど…

とりあえず13時からのユニカビジョンに間に合ったのである。

何しに行ったかというとエレカシの6月12日発売のDVDの宣伝の映像を見るだけのために行ったのであった…

宮本浩次にもし会えたらすれ違いざまに人工呼吸をしてもらうつもりで慣れないハイヒールまで履いてしまったのであるよ…

しかし…現実というのは厳しいのぉ…

すれ違いもしなかったのである…

そんでもって慣れないハイヒールが痛くて死ぬかと思った…

これ頑張ったら60万、と耳元でささやかれたり、一千万とささやかれたり、国の存続に係わるとでも言われない限りもう二度と履きたくない…

もし大好きな方が支えてくれるというなら頑張ってみようとは思う……

ユニカビジョンで12日まで一日5回6曲放映。

来週は宮本さんのお誕生日で初ソロライブの日ではあるけど、私は行けない。

恐らく宮本浩次のお嫁さんにでもならない限り一生宮本浩次のライブにもエレカシのライブにも行くことはないであろう。

帰りにCDショップで高橋一生君のアルバムを買おうとしたら売ってなかったのでマリンピアで購入した。

レジのおねーさんが嬉しそうに「これ全部売れちゃって、さっき最新のが届いたばかりなんですよ、彼、恰好いいですよね」と満面の笑顔でいうのである。

彼って恐らく一生君の事だと思うんだ。

大変申し訳ないが、インストを聴くためだけに買ってしまったのだ…

もちろん…その…セクシーな浩次さんとやらを聴くためだけに…

苦笑いしか出来ない私よ、もう少し器用に笑顔で返せ。

蔦谷さんの赤い薔薇は本当に力強く、弾むような色気に満ちていて、暖かいね。

蜂が蜜を吸う為に震わせたような後半が特に好きです。

 

| コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

君にばらばらという感じさ

多分バラバラ、きっとバラバラ、

娘がようやく帰宅したので高橋一生君の分もダウンロードしてもらいました。

赤い薔薇が実は宮本さんプロデュースではなく、蔦谷好位置さんというのがどうしても気になり、

まず聴いてみたかった。

私は蔦谷さんを全然知らないのだけど、宮本さんとどちらが好みかと問われたら迷う事なく蔦谷さんを選ぶ。

高橋一生さんと宮本さんのどちらを選ぶか聞かれても、高橋一生さんを選ぶ。

全然迷わない。

私すっきり短髪の男が好きだもん。

生理的に長髪嫌いだもん。

長髪と髭なんてゴキブリを前にしたようなもんですよ。

嫌い。

そして私の中の高橋一生さんのイメージは10代の頃は 

キスの味はレモンパイ 肌の香りラベンダー その気にさせて肩透かし ぼくをじらすよ

20代はマイケルフランクスの素敵なシャンプーですよ。

もうエレガントな都会の大人の男性のイメージなんですよ。

所が私には村営の銭湯でタオルを頭に乗せて気持ちよさそうに歌う一生君に「今日も一生君ご機嫌だね」って首に巻いたタオルで汗を拭いながらたわしでタイルをこする私が見えたんですよ…

私かよ、って話はまぁ、いいじゃないですか。

私の中の赤い薔薇は硬質で尖った鋼の端を走る光の先に映り込んだ薔薇だったので随分違く感じました。

それから蔦谷さんのアレンジが更に謎過ぎて私には理解できませんでした。

これはどんなメッセージなのか、気になり、気になり、気になりました。

まずあのジューという音が私大好きなのだけど、何かの曲のラストがあのジューだった気がするのだけど、ジューが何か思い出せなくてイラっとするんですよ。ジュー。

次にピアノのメロディーがどこかで聞いたことある気がして思い出せずイラっとするんですよ。

最後がドラム、なぜか勝手にドラムの音を入れてしまっている私が居たんですよ。

なんでドラムの音が聞こえないのだろう…

なんで?

どうして?

蔦谷さんの思う赤い薔薇は優美なバラで、随分上品というか育ちの良い女性が好きなんですね…と感じました。

それから軽快で明るくスカートの裾ひるがえしながら笑っている、生きる自信のある女性ですよ。結構強い女性ですよ。

私がいくら蔦谷さんの方が好みで好きでも蔦谷さんの好みは私ではないな…と確信しました。

もう宮本浩次の赤い薔薇と高橋一生の赤い薔薇と蔦谷好位置の赤い薔薇が全部違う薔薇に感じて、

本当にバラバラじゃね?

これ、君にばらばらという感じさ、

じゃね?

という結論をとっとと出したという…

違うんですか?そうですか?

ともかく蔦谷さんのアレンジに何かメッセージが隠されていて、それを読み解ける人には分かるのだと思います。

高橋一生さんには本当は化け物青年のような曲の方が合っているのではないか?と私なんか思いました。

俳優さんならではの表現が生きてくるのではないかと思ったのです。

エレカシの魅力をもっと引き出して貰いたい。

高橋一生さんはとても素直で真っ直ぐな方なんだな、と認識を新たにしました。

 

 

 

| コメント (0)

桔梗が膨らみだしました

Mステで見た駆け落ち者が素晴らしく、椎名さん、宮本浩次を引き立てるために、引き立て役になって歌っていたのではないか?

という気がし、

三毒史にはそんな宮本愛が溢れている。

これはお金を出して購入しなければならない、

そうしなければ椎名林檎様に失礼である、と勝手に思い込んでマリンピアで購入していしまいました。

やはり天才なのだ、彼女は、そして恐ろしい女である。

宮本浩次を一番理解し、魅力を引き出せるのは林檎様しかいない。

林檎様は何故宮本浩次と結婚してくれなかったのだろう。

今からでもいいから結婚してくれ。

宮本浩次を上から下まで理解出来るのは林檎様しかいない。

旦那様の児玉様なら心配しないで欲しい。

私がここにいる。

どんな人か知らないけど…

林檎様に勝てる気はしないけど…

児玉様が私に惚れれば大した問題じゃない、多分。

その時は

私の中で木霊する。させる男であるだろうよ。

え…

それでも林檎がいいと…

(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年5月22日 (水)

チキンハートな蛇年の豚

私の事じゃないか…

愚かゆえ怒り、貪り喰らう

それが人生の醍醐味ではないかと思うのですが、

煩悩万歳!

やー蜜は甘くて美味しいね♡

やはり毒なのか?

あいつは毒なのか?

しかし、毒は薬になるのだ。

結論、毒は薬になるから問題ないね。

甘いの大好き♡

トンネルの225は5月22日だったのか…

ただでさえ野獣行く細道で思う存分に暴れる宮本さんのやり切った表情に衝撃を受けたのに…

どう取り戻せば良いのだろう…

敗北しかなく、

というか椎名林檎…まさかのいて座、同じいて座…

で宮本さんと同じ午年…

それで半人半馬なんだね…

子供の頃、夏祭りでは毎年ヤマタノオロチを見たものです。

当時は道路が閉鎖されて櫓を組んで消防車が散水披露したりして、ヤマタノオロチの演武を見て、そのあとに盆踊りだったなぁ。

いつごろか屋内に代わって、当時ビーナスというグループがキッスは目にしてというヒット曲を披露したの覚えてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年1月25日 (金)

エンドオブザワールド、金輪際、悲しみの果て、

バレンタインのチョコが売り出されてます。

あれだけ好きな浩次に買わないのか?
買わないよ、付き合っているわけでも、くださいとお願いされたわけでもない。
宮本浩次、お前が私に贈るべき、素直な気持ちを。
「やっぱり東京の人は違うね」思わずキュンとしちゃう奴をくれよ!
「あの、こだわりの無農薬の国産のレモンは確かに酸っぱくてキュっとするかもしれないけど、私レモン使う習慣がないから」(・_・ )ノ" ゜ ポイッ
「ベッタラ漬けは確かに東京だよ、だけど黄色い田舎漬け、甘じょっぱいあれだよ、私は!沢庵と言ったらあれだろ?第一ご飯がすすんで太るじゃないか」(・_・ )ノ" ゜ ポイッ
「これ昨日ベルクスで158円で売ってた」
(・_・ )ノ" ゜ ポイッ
「トップバリュはバリュウじゃないから、価値無いから」(・_・ )ノ" ゜ ポイッ
「花言葉は固い友情、 いきなり友達宣言かよ!」(・_・ )ノ" ゜ ポイッ
もっとあつくて蕩ける奴をくれよ!
「大間のマグロ、クール宅急便でかよ!厚切りにして食べるけどさ、なんだよ!蕩けたじゃねーかよ!」m(__)m
これ以上求めると介護疲れで幻覚を見るといけないのでしばらく宮本さんから離れようと思う。
瀬をはやみ岩にせかるる滝川のわれても末に逢はむんとぞ思ふ
その時は幻覚ではなく本物の宮本浩次であって欲しいものだ。
悲しみの果て
https://youtu.be/n29V5uCJ668

| コメント (0) | トラックバック (0)

冬の花

静かなる絶唱

冬の花というと私は冬桜とか十月桜を想像しますね。
この季節は皆、春に備えて蕾ですから、
その蕾さえ全部咲くのではなく、
丸々太った蕾は大輪の花を咲かせるのだけど、
細いのは咲かずに終わるのだそうです。
そして冬の桜は弱弱しく、薄く、地味に咲きます。
皺くちゃで老人のような花です。
梅のような芳香もなく、咲いていることを気がつかれないような花なのです。
しかし、寒さの中咲いてやろうという気概、
心意気が素敵じゃないか。
皆が寒さに震えている中、曇天の下で咲いてみせる冬の桜に私は静かなる絶唱を感じます。
もし手が届くなら包み込んで愛の言葉で満たしたく思います。
エレファントカシマシ 風に吹かれて
https://youtu.be/VwEuHRDy8ss
冬の花
ドラマの曲らしいんですけど見てません…
宮本さんが自分ではない女性の歌を歌うのは初めてじゃないのですか?
他の人のカバーはあったかもしれないけど、
私が知らないだけかもしれないけど…
冬の花かぁ
私は未だ地面の下で空を知らない女であった。
糸が会わないと咲かない女であるから。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

私はエレカシの他のメンバーは寛容な大人だと思っているのである。

宮本浩次を宮本浩次足らしめているのは宮本浩次を捨てない、エレカシという場所を一緒に作り上げた3人がいたからだと思うから3人のおかげで今あるのではないかと思うのです。
宮本浩次はそういう点でエレカシと結婚し、偕老同穴なのだと思う。
エレカシは宮本浩次を裏切らない、
しかし、女に関しては…
傷口に塩を塗るようではあるが宮本浩次は本当は自由なんか求めてなかったのではないだろうか?
本当は女性と結婚して、相手のために尽くし、父として尽くし、家族を守りたかったのではないだろうか?
残念な事にいつも彼は解放されてしまうのである。
もうあなたの自由に束縛してもらいたい、好きにして、縛って引きずり回して欲しかったのに、解放されてしまうのですから、
あなた、父を越えたくても、父にすらなれないのですから。
あーあ
そんなときも自由じゃないかと前向きなところが成功の秘訣
φ(..)メモメモ 浩次から学ぶ成功の秘訣より抜粋 m(__)m
しかし、宮本浩次よ案ずることなかれ
私と結婚した暁には
毎朝、無知の雨を吹っ掛けられ、反論すれば足蹴にされ、しまいには尻に敷かれるのである。
君、僕は妻にそんな失礼なことはさせない、自ら跪き、「お乗りください」と手を差し伸べるのだよ。
愛情とはそういうもの、
世界中の日本男児の心を持った男たちが頷きながらむせび泣いている、ね。
宮本浩次はメモして参考にしなさい。
縛られない男なんて
エロチックじゃないね、
シネマの君のプリズナーでも歌って女どもを痺れさせなさいよ、この123457男

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

渡り鳥の様に飛んで行っちゃうのかな?

出来るならば晩節は汚してもらいたくなく、

いつまでも素敵な方でいてもらいたいと思っております。

宮本さん自体は右も左も何もないのでしょうが、
50を過ぎたら男としてモテる事より尊敬される道を歩んでいただきたい。
仕事もそのような選択をしていただきたい。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
人によっては鏡を見る宮本浩次はナルシストだろうと言われるでしょうが、私の解釈は違います。
神社の格子戸の向こうに鏡があります。
鏡は魂を映す装置なのだと思います。
だから人は鏡を見る時は対話しているのだと思います。
私は能面と対話できるから能面が好きです。
能面も鏡のように魂を映す装置なのかもしれません。
鏡を通して魂と心を通わせ対話しようと必死なのかもしれません。
一生懸命不器用に鏡を通して自問自答を繰り返す男
それが宮本浩次
常に己と対峙する男
それが宮本浩次
でもあまり覗き込むと魂を吸い取られてしまうかもよ?
吸い取られた人をナルシストというのです。
(σ´□`)σ あなた暴力男を本当は優しい人なのという女と同じ…
…(^-^;…
そもそも私は宮本さんのいう自由というものについて考えたことがない。
耳にしても全く自分の中に入り込まない。
宮本さんのいう自由が何か知らないが、自由を求めた結果は因果応報、必ず報いを受けると思うのです。
それが良い報いなら良い。
人は老い、孤独からは逃れられないのです。
それに本当に自由な人は自由、自由なんて言わない。
別に自由を欲しがらない。
むしろ不自由を楽しみたいはず。
なので私の解釈は「宮本浩次は常に不自由を感じてもがいている」です。
しかし、宮本さんが自ら由として来たなら、常に自由であったはずなのです。
自ら考え、行動し、決定してきた。
常に自由であった。
なのに自由を求める、
こういうところが分からない部分ですね。
孤独な太陽 エレファントカシマシ
https://youtu.be/Kuf_nfEGqqE

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 4日 (金)

ヴァイオレットブルーそしてソウルキッス

正月に娘がチャラのCDを持ち帰ったのですが、

娘にとってのチャラはジュニアスイートであり、誰に好きと言っても「まだ早いわよ、おませさん」とは言われず肯定的に受け入れてもらえるアルバムであり、私の母の愛もきっとこういうものに違いないという幻想を育ててくれるCDであったと思うのです。
m(__)mすまんのぉ幻想を壊して…
私にとってのチャラはヴァイオレットブルーとソウルキッスであり、衝撃的出会いであった恋をした、そして優柔不断が通り過ぎて行った、向こうで待っているのは魂の抜けた鳥かごの中、やだ涙が…のヴァイオレットブルー、そして募る思いからあふれ出る涙と性が湖から海となって「あなたしか泳げない」というプライベートビーチ、陰獣が取り憑いたように腰をくねらせ求め続ける淫らなチャラが好きだったのです。
m(__)m本当にすまんのぅ
なのでジュニアスイート以後は興味を失ってしまったのだが、今でも勝手に来たが好きで良く聴くと言ったら娘が意外な解釈をしてきた。
私にとっての勝手に来たは涙の原因となる怒りとか悲しみのような感情だけではなく、霊感、山勘、第六感のような神秘的な啓示のようなものが突然自分の中に起こる自然現象を歌ったものなのですが、
娘によるとこれは「別れた男が女を連れて目の前を通り過ぎた、今、当たり前に、ばーか」という歌なのだそうです。
なるほど…
さすが、私より男性経験が豊富な娘は言うことが違う…
そういう歌だったのかぁ…
そんな事は想像もしなかったよ、私。
無人島に私をもっていって チャラ
https://youtu.be/TJxjvNgkAdY
あの時計の下で チャラ
https://youtu.be/cPV1aSZV6Q8
相変わらずねその態度は何?
啖呵を切るチャラが格好良かった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧